様々な投資がありますがFXでも他の投資でも

May 09 [Mon], 2016, 2:03
様々な投資がありますがFXでも他の投資でも、大変重要になってくるのが損切りという手法です。







投資をしていれば否応なしにわかることですが、利益のみ受けられるわけはなく、損は必ず被ることになります。







損が出てしまうのは仕方がないとして、それをどれくらいに抑えられるかというのは先々、FX投資で利益を出し続けていけるのかという部分で大変重要なポイントとなることは間違いありません。被る損失を大きくしないように、どこで損切りするのか決めておき、作ったそれはとても大切な命綱ですから一貫して守るべきです。





FX取引におけるシステムのひとつには強制ロスカットというものが存在します。







増えすぎた含み損が、それが許容されている基準を超えてしまうと、FX業者による強制的な決済が行われるのです。一方的に決済されてしまうのは怖いと思ってしまいますが、強制ロスカットが行われる前にはマージンコールというものが発せられて教えてくれるので強制ロスカットを避けたいと思った場合は追加証拠金を入金することで強制的な決済を回避することも可能です。







そして、その強制ロスカットが行われるかどうかの基準になるのが証拠金維持率なのですが、FX業者が違えば証拠金維持率も異なるので覚えておく必要があります。







一日中それこそ24時間取引ができる強みを持つFX投資ですが、ただそれでも為替相場が活発に動く時間も存在します。世界的規模で取引が活発なロンドン市場とニューヨーク市場が開いている時間、大まかですが日本時間にして21時〜午前2時頃は為替相場が活発に動いており、取引がやりやすくなるようです。これとはまた別に相場が動く要因ですが、アメリカの雇用統計、各国GDP、政策金利など経済指標の発表の影響で大きな為替相場の変動があったりするので、これは要注意です。





ですから経済指標の発表がされるのはいつなのか知っておくのがセオリーです。







さてFX投資の世界に足を踏み入れたいと思い立った場合、どのくらいの金額があればいいかといいますと、FX業者に口座開設の折、または取引をしようとする時に最低証拠金が必要となってくるため、ですからどのFX業者を利用するかにより金額は違ってくるわけです。



必要とされる最低証拠金を100円と設定しているところもありますし予算に合わせて、5千円、1万円、5万円の所もあり様々です。



そして最小取引単位についてですが、これも業者で違っており、1000通貨だったり高額の取引になる10000通貨の業者もあり、FX投資が初めての方は1000通貨単位での取引可能なところにしておくとそう大きく間違うことはないでしょうからおすすめです。



比較的気軽に始めやすいFX投資ですが、まずたくさんあるFX業者を注意深く比べて、投資可能額、投資法、それらによく適した業者を選んだ方がよいです。



どの業者を選ぶかは利益の大小に関わってきます。なので、熟考を重ねましょう。取引手数料に関しては無料の業者が殆どですが、その上でスプレッドが低く抑えられ、最低取引単位が小さいことが使い勝手の良い業者です。





加えて、取引に実際に使うツールも機能などに違いがあるのでどんな具合かを確かめるためにデモ取引など一通り試してみるのがおすすめです。FX投資をスマホやタブレット端末で行う人が相当多くなってきて、業者によるFX用アプリの提供も同じ様に増えてきています。そういう業者のうちいくつかは、自社のFXアプリを使用してFX取引を行なうようにすると、いくらかのキャッシュバックがあるなどの恩恵つきキャンペーンを打っている所も珍しくなくなってきました。案外当てにできるネット上の口コミを参考にしたり、自分でも使ってみるなどしてじっくり比べて、見やすい、スムーズに使用できるなど感覚の合うアプリを選び出してみるのが良いでしょう。



FX投資にはいろいろな方法がありますが、その中でもその中でもサヤ取りという手段があります。サヤ取りとは相関性の高い二つの銘柄の通貨の値段に差が開いた際、片方を売却し、片方を購入することで売り上げを出すというものです。







サヤ取りを選ぶ方にはスワップ金利を使う人もいますが要領が分からないうちはどちらもなかなか利益はでないと思われます。





手始めに仕組みと注文のしかたを頭に入れておきましょう。

年間20万円超の利益をFX投資によって出すことができたなら、忘れずに確定申告するようにしましょう。

確定申告にあたり、外国為替証拠金取引で投資をする上で必要となる諸々の費用は経費として利益分からはマイナスしておけることになっています。

仮に、あまり利益を得ることができなかった時でも、とにかく確定申告はしておくことです。



そうすると、出てしまった損失分を翌3年にわたり繰り越すことが可能となっているので、損が出ていても先々利益を出すつもりなら、確定申告をしておくことはやはり大事なことだと言えるでしょう。



数多くあるFX業者ですが、ほぼすべての業者はそれぞれデモトレードという取引のシミュレーション環境を提供しているはずですので、必ず一度は試用してみるべきです。





シミュレーションですから仮に大きな失敗をしたとしても懐は痛みませんし、デモとはいえその業者での実際の取引と同じツールを使用するので扱い方や感覚を知ることが可能です。



手持ちの大事なお金をやみくもに投入してFX投資を始めてしまうのは少々無鉄砲な行為ですので、ツールを操作して売買のやり方を覚えられるようになるまでデモトレードを活用するのが良いでしょう。首尾よくFX投資で利益を得ることができましたらそれは当然課税の対象ですので、うっかり税金を払い忘れることのないよう細心の注意を払っておきましょう。





多額の利益をFX投資で得ることができたのにその申告を怠ってしまう人も少ながらずいてその中には、詳しく税務署に調査された挙句、税金を追加で支払うことになった人も存在するのです。

金額としては20万円、それより大きな利益を得た場合には、確実に確定申告をしておく必要があります。



FX投資により大金を手にした主婦もいますが、逆に大きな損失を出し、家庭を崩壊させてしまう主婦も少なくありません。特徴的にレバレッジが使えるFX投資では儲けが大きく出ることと同じように、逆に損失も大きなものとなってしまうのです。FX投資を、夫に内緒でしたり、なくしてしまっては困るお金までつぎ込まないように慎重にしてください。低めのレバレッジにして、慎重さを忘れずに、投資するのいいでしょう。最近、小型PCといってもいいタブレット端末やスマホを使い、空き時間にFX投資に勤しむ人が増えているようです。自宅に戻ってノートやデスクトップの電源を入れソフトを呼び出してやっと取引をスタートさせるよりずっと楽で、場所と時間を選ばないのが最大の長所でしょう。





投資を便利に行うためのアプリも続々登場してきましたし、FXは始めたばかり、という人でもすぐ取引を行えるようになります。

将来はより一層、スマートフォンやタブレット端末を使って自在にFXをする人はその数を増やしていくのではないでしょうか。近年では、FX業者は数多く存在しますから、そのうちのどの業者で口座を開くのかを丁寧に吟味してください。口座を設けるのは想像よりも手間のかかるものではありませんが、数多く口座開設すると維持する手間がかかります。いちから口座を設けるとキャッシュバックと謳うキャンペーンに惹かれないで、それぞれのスタイルに合ったFX業者を選び出しましょう。FX投資はゲームやギャンブルとは違ってただ勘に頼ると継続的に利益を上げるのは難しいので、最低限チャートの読み方は知っておくべきです。





機能が高く見やすいチャートソフトもいろいろ出てますしアプリも豊富ですので、それらをうまく利用することで、いつどのように売買を行うかを見極めるのがよいでしょう。

それに加え、チャートへの理解を深めるために分析方法のいろいろなテクニックやそれに関するレクチャーもありますので、あらましを知っておくのがおすすめです。投資の中でもFX投資をしているのならば、経済指標の発表日程は命運を分けるものですので、確認をしっかりしておいたほうがよいです。

経済指標の発表が行われた途端、感情を持っているかのように相場が変動することがあるため、油断は禁物です。

たくさんあるFXアプリの中には経済指標の発表前にうっかりしていても安心できる機能がついているものもありますし、アラートメールを発信してくれるものもありますので、ベストです。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:杏
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fnthtawsteenis/index1_0.rdf