子供の視力が低下する落とし穴

June 30 [Wed], 2010, 15:17
今、視力1.0未満のお子さまが、急激に増えています。

平成15年度の 学校保健 統計調査 で 公示された「 視力1.0未満 」の割合は、
小学生全体の25.6%、中学生49%、高校生では60%にものぼるそうです。

特に、テレビゲーム や パソコン、マンガ、携帯メール などがあふれる昨今、
視力の低下は 小学生、中学生から始まります。

これらの「 近くのものを凝視し続ける 」 生活習慣が
近視 や 視力低下 の 原因 になっていることが、たくさんあります。

つまり、近視は遺伝ではない ということです。

しかし なぜ、近くのものを 凝視し続けることが、近視につながるのか?

それは、眼は 近くのものにピントを合わせようとすると、
目の筋肉を収縮させる性質 を 持っているからです。

例えば、何時間も集中してゲームを続けたり、テレビやパソコンの画面を
長時間 見続けたりすると、筋肉が収縮して 固くなります。

そう。例えて言うのなら、
肩 周辺の筋肉に、余計な力が入ることで起こる「 肩コリ 」に似ています。

この状態に陥ると、遠くのものに対する 眼のピント調節が 困難になり、
さらに、慢性化して 視力が低下していくのです。

要するに、近視とは 遠くのものに ピントが合わせられなくなる症状のことです。

ですので、近視が進むとそのうちに 失明 になる、ということではありません。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

子供の視力回復 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fnress271
読者になる
2010年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fnress271/index1_0.rdf