真壁で中澤

July 10 [Sun], 2016, 9:18
熱によって失われやすい葉酸は、葉酸摂取を目的とした調理において、ちょっとしたコツがあります。葉酸摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。熱を通す必要があるならば、ぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、早めの加熱調理で終わらせた方が良いでしょう。しかし、毎日の食事で、こうした調理を続けるのはなかなか大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。そんな時はサプリによる葉酸摂取が良いでしょう。一般的に、妊娠してから病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、母親学級で指導された方も多いと思います。このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。こうした食品を食べることで葉酸を摂取しようとした場合、加熱すると分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、葉酸摂取の計画を立てましょう。葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが必須であると厚生省が推奨していますが、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が必要ないのでしょうか。実際にはそのような事はありません。赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠初期が重要な期間だという事です。ですから、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。友人は妊活中によく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かと聞くと漢方だと教えてくれました。その子によると、体質から変えたい、と考えているようでした。漢方だったら安心感があると思います。漢方を続けていた彼女は、赤ちゃんを授かりました。ずっと頑張っていたので、みんなでお祝いを計画しています。妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、葉酸だけを摂っても不十分です。葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリを選ぶ際のポイントとしては、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が25種類ほど配合したサプリを選べば、適切に栄養素を補給することが出来るでしょう。こうしたサプリは妊娠しやすい体作りのためにも役立ちます。ですから妊娠を計画している女性は摂取をオススメします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sumire
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fnb7ndo0psegie/index1_0.rdf