食料自給率39%のまま 農水相発表

November 28 [Mon], 2016, 1:24
消費増税法案の閣議決定に反対する民主党の小沢一郎元代表グループの牧義夫厚生労働副大臣が30日、辞任する意向を表明した. 同日午後にも副大臣の辞表を提出する. グループに所属する複数の政務三役と党役員も辞任を検討. 野田内閣への反発が広がっている. 小沢氏は30日午前、国会内で面会した政務三役の一人に対し、出処進退について「政治家が個人個人で判断することだ」と語った. 牧氏を含む政務三役と党の役職者は国会内で協議し、閣議決定への抗議として集団辞任も探ったが、最終的には「各議員が個々人で判断する」(中堅議員)ことを確認した. 牧氏はその後、「デフレ下での増税に私自身が納得できず、国民に説明ができない」と辞意を明らかにした. グループ幹部の鈴木克昌幹事長代理は30日、小沢氏らと断続的に協議. 昨年末に反対署名を集めて辞表を出した経緯から「責任者として現職に残れない」と辞意を漏らしたが、輿石東幹事長らが慰留している. 第6回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)でアマチュア代表の一人として出場した伊ケ崎(いけざき)博さん(42)=長崎市、会社員=が16日、2回戦で堀口一史座(かずしざ)七段(37)と戦い、107手で敗れた. 伊ケ崎さんは1回戦でプロに勝ち、この日に臨んだ. 初戦と同様に戦型は相矢倉になり、果敢に攻めたが、堀口七段に的確に受け止められてしまった. 「想定した局面になったが、少しずつ苦しくなった. プロはさすがだと思った」と振り返った. スパイク サッカー 出場したアマ10人のうち、勝ち残っているのは2人だけとなった. 郡司彰農林水産相は10日の閣議後記者会見で、2011年度の食料自給率(カロリーベース)が10年度と同じ39%だったと発表した. 2年続けての40%割れになった. コメの消費が減り、東日本大震災で被害を受けた三陸地方での漁獲も減った. 10年度は天候不順で小麦が不作だったが、11年度は小麦の生産量が増えた. 食料自給率は国民が1年間に消費する食べ物をカロリーに換算して、国産でどれだけ賄えるかを示す指標. 1960年度は79%あったが、年々減り、40%ほどまで落ちている.