宇宙飛行士の定義など

April 08 [Mon], 2013, 15:22
ロシアで宇宙飛行士訓練をした宇宙飛行士をコスモノート、アメリカで訓練をした者をアストロノート、中国で訓練をした者をタイコノートという。そのため、アメリカ人であっても、アストロノートとコスモノートがいる。ちなみに、アメリカ人初のコスモノートは、ソユーズTM-11に搭乗したノーマン・サガード宇宙飛行士である。 日本人初のコスモノートは秋山豊寛、日本人初のアストロノートは毛利衛である。

ロシアやアメリカではそれぞれ、宇宙飛行士の資格を設けているが、宇宙飛行士であるかどうか世界に共通するような厳密な規定や定義はない。今の所(2011年において)は「1度でも宇宙に行った人」が宇宙飛行士であるとしている様であるが、何が宇宙飛行であるかの判断には幅がある。たとえばロシアは衛星ミサイル、衛星爆弾は軌道を一周しなければ宇宙法に抵触しないとの立場を採っているが、有人飛行については弾道飛行も宇宙飛行であるとしている。

日本人に関しての報道では、宇宙開発事業団(現・宇宙航空研究開発機構)所属の飛行士を「宇宙飛行士」と主に指す。またロシアのソユーズロケットに搭乗し日本人初の宇宙飛行を果たしたTBSテレビの記者秋山豊寛、また、その補欠であった菊池涼子の両飛行士は旧ソ連宇宙飛行士資格を取得しているため、現在もソユーズ宇宙船に乗る資格がある。

国際航空連盟(FAI、航空に関する記録を行う団体)ではカーマン・ラインと呼ばれる海抜高度100km以上、アメリカ軍では50海里(50ノーチカルマイル、92.6km、ノート参照。)、FAAでは80km以上の高空を宇宙空間と定義する。アメリカ軍では定義以上の高度を飛行した機体の全搭乗員(機長・操縦士に限らず航法士などでもよい、全ての当該機乗組員)に宇宙飛行士徽章(“星条旗を背景に打ち上げられる宇宙船”の翼章)を授与している。

初期の宇宙飛行では、とにかく宇宙に行って無事に帰ってくる事が最優先され、過酷な打ち上げに耐える体力と不測の事態への対処能力が重視された事から、主に軍の戦闘機パイロットから選抜されていた。近年では科学研究が主体になり、スペースシャトルでは打ち上げ時の負担も軽い事から、科学研究者が訓練を受けて宇宙飛行士になるケースが多い。

参照:ウィキペディア「宇宙飛行士

[PR]デリケートラインのお手入れができるエステ

宇宙飛行士のスカウト・身分

April 08 [Mon], 2013, 15:22
米国の場合宇宙飛行士の初期において多くは空軍、海軍のテスト・パイロットから選抜された[3]。彼らは軍に籍を置いたまま出向の形でNASAに所属し、任務が終了したり、適性を失うと古巣に戻るのが一般である。彼らは宇宙飛行士としては元の軍の階級で呼称される。 ロシアの場合もこれに似ている。

2011年現在、NASAは不定期にアメリカ政府職員の求人サイト(USAjob.gov)を通じて、求人を行っている[4]。

参照:ウィキペディア「宇宙飛行士

宇宙線の影響

April 08 [Mon], 2013, 15:22
宇宙空間では、宇宙線により健康上極めて重大な障害を受ける可能性がある。また、その観点から各種防護対策が必要である。

参照:ウィキペディア「宇宙飛行士
P R
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fn8a6izk/index1_0.rdf
ヤプミー!一覧
読者になる