DS用“見習い魔女アドベンチャー”「魔女になる。」を09年春に発売です。

February 03 [Tue], 2009, 0:07
DS用“見習い魔女アドベンチャー”「魔女になる。」が,2009年春に発売される。価格は5040円(税込)。 本作は,魔女に憧れる主人公の少女「ビッテ」と個性豊かなクラスメイト達,そしてすべての魔法を封印しようとたくらむ謎の少女「ダーニャ」が繰り広げる。ハートフルでちょっぴり切ないアドベンチャーゲーム。人気イラストレーターの七尾奈留氏が,ニンテンドーDS用ゲームとしては初めて原画/キャラクターデザインを手がけている。主人公のビッテは,町の貧乏長屋におばあちゃんと二人暮らしをしている女の子。ある日ビッテは,魔法が広まることを恐れ,封印しようとしている謎の少女ダーニャと出会う。この出会いをきっかけに,ビッテは魔法を覚え,町の人々の困っていることを解決していく。本作で重要な要素の一つとなるのが魔法。魔法は,「マホイタ」と呼ばれる小型の黒板にシンボルを描くことで発動する。プレイヤーが魔法を選択すると下画面がマホイタとなり,タッチペンで直接魔法のシンボル(魔法陣)を描くのが特徴だ。制限時間内にうまく描ければ魔法発動,うまく描けなかったり制限時間をオーバーしたりすると魔法発動失敗となる。ゲームは全13章のシナリオで構成されており,章ごとにストーリーが進行していく。