ウェルシュ・スプリンガーとオカダンゴムシ

July 20 [Thu], 2017, 1:34
投資に詳しくない人が株を始めたいと決心したときは、なるべく安全な資産管理の方法を選ぶ必要があります。いきなり個別株の取引を始めるよりも、初めのうちは投資信託などから取引した方がよいかもしれません。それから、少し分かってきてから実際に株式投資を開始するとよいでしょう。私はアベノミクスという言葉をきっかけに、よく知らないまま、株を始めたばかりの素人です。


はじめは全然儲からず、含み損で苦しんでいたのですが、現在は景気が改善したのか、私の技能がよくなったのか利益が出るようになれました。株式を売ったことで、利益が出た際の税金は申告分離課税が原則となりますが、証券会社にて開設した特定口座での取引の場合は本人の代理で、その都度、20%の税金を源泉徴収してもらえます。確定申告による手間が省ける手軽な制度ですが、損失繰越などをする際には確定申告をすることとなります。株式投資に関する本を何冊も分かるまで読んだ上で、株式投資の初心者が投資を開始する場合、数日間で売買を終わらせる投資法を選ぶ人も大量に存在するでしょう。

スイングトレードは儲かる時には大きな利益を得られるので、とても人気がある株式の投資方法です。



当然、いつでも儲かるわけではありませんから、損してしまうケースもあります。株式投資には損失が出るおそれがあります。
なので、株式投資の初心者のときは、まず投資信託で資産の運用を考えるのも無難だと言えます。
投資信託は運用のプロが有望な投資先に大きくバランスよく分散してお金を投じるので、安全で初心者に最もおすすめの運用法のひとつになります。
株の初心者の弱点は、ずばり言うと、損切りです。

ついつい上がると思ってしまい、手放さない事が多いのです。

また、損したくないと思って、さらに損失を広げてしまうパターンがあるのです。絶対とか100%ということはないため、損失を最小限で済ませる事も株投資においてはすごく重大な事です。
株を保有している場合、資金に対しての利回りを意識してしまうのではと思います。銀行に預けたとしても利息が大してつくことのない今では、国債や投資信託、定期預金や債券といったものに比べ、利回りの良いものでなくては投資の意味がまったくありません。
ちゃんと利回りを意識しながら投資を行っていくのが重要です。
私は最近、株式を始めたばかりの初心者で、株式初心者用の本を購入し、学んでいます。
勉強になる本もあれば、「あれ?この本と書いてあることが違ってる?」と少々疑心を持ってしまうような本もありますが、良い部分も悪い部分も全部を勉強していきたいです。
株のことを知らなかった人にとっては理解が難しいことだらけと思われるのではないでしょうか。どのような証券会社を使って株の売買を行えばいいのかなど、尻込みしてしまうことが多いです。

誰しもが利益を得たいと思って株式投資を始めるわけですが、最終的に利益を出せる人はわずかしかいないでしょう。

株の空売りをする株式投資のビギナーは少ないだろうと思われています。



けれども、株式投資を資産運用のひとつとして長期間続けていこうと思っているのなら、使えるようにしていおいたほうが良い技術だといえます。その理由は、空売りについて理解するということは買う側の気持ちだけでなく、売る側の気持ちを同時に考えるようになり、行うことのできる取引の幅が広がってくれるからです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:凜
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる