和風料理を習って今よりもっとクッキングが上手に!すぐに活かせるノウハウ

May 31 [Tue], 2016, 15:42
浸し物の作成手順というと好き好きでしょう。ですが、オーソドックスな作成手順を学んだ方が良いでしょう。みりん、だし、更に醤油と言った調味料と和えていただくスタイルが古典的な調理手順ですが、他にしょうゆを掛けるだけで仕上げるお浸しを作るのも馴染みがあります。胡瓜や大根を使用した浅漬けは、毎食でも食卓に加えたい小鉢です。浅づけを作る時に気をつける塩の分量については、食材に対しておよそ2ないし3%を心がけましょう。塩分のみで作っても良いですが、こんぶとしょうが、鷹の爪などを添えて寝かせると味わいとうまみも浸み出します。一流の料理のみならず家で出る料理まで、ありとあらゆるおいしい日本料理は決まって土台になるだしを用いているものです。何かと忙しい最近の人はともすればジャンクフードなどを食べがちなのですが、時折じっくり手間を惜しまず作った食事に舌鼓を打ちたいものです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タツノスケ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fmipo8ersd2eeb/index1_0.rdf