門田が北やん

May 07 [Sat], 2016, 10:16
初心者必見!車の乗り方をマスターしよう!

初心者さんにとって、車ののぼり手法って難しいですよね。
教習所で習ったとはいえ、いざ一人で公道に出ると、
重圧陥る手法は少なくないと思います。


なのでここでは、初心者さんのための車の乗り方を紹介したいと思います。
正しい乗り方を知って、安堵・安全に運転しましょう!


ポイントは、
◎急発車・急邪魔などの急○○を控える
◎ドライビングポジションを設ける
◎暖好機運行をしよう


急発進しない・急邪魔しないは、教習所でも習いましたね。
急○○は燃費スペックを押し下げることになりますから、急な発車や邪魔は避けましょう。
初心者さんは、資格取立てなので、この辺は確実ではないでしょうか?
教習所で習ったことを忘れる・・・ということは、少ないと思います。
もちろん、この先も急○○は避けて下さいね。
暖好機運行は、車のためにも良いことです。


ドライビングポジションは、人によって異なります。
運行陥る手法の中には、丈がおっきい個々もいれば丈が少ない個々もいます。
自分にあったドライビングポジションを見つけて、人心地運行を心がけましょう。


ただ、人心地運行を心がけすぎると、周囲の車の人騒がせになりますから、程々に・・・。

初心者のための車の乗り手法と過程について

車に乗り慣れた手法でしたら、車に乗るときの過程はご存知かと思います。
ただ、のぼり手法は意外にもご存知無いほうが多いのではないでしょうか?
長期間運転しているほど、教習所で習った立ち手法は忘れているものです。
自分なりの習慣もつきますから、
どうしてもふさわしい乗り手法ってできていないほうが多いと言われています。
初心者であればなおさらですね。


なのでここでは、初心者に重点をおき、
初心者のための正しい車の乗り手法と過程を紹介したいと思います。
車にのぼり慣れている方も、ぜひ参考にしてみて下さいね。


まず、近年の車はAT車が増えているとのことですから、
AT車に重点をおき、紹介します。


■走行するまで
ロックンロール(きっかけ)を忘れないようにしましょう。
最近の車はきっかけトラップがない車が多いですから、うっかりきっかけを忘れ気味・・・。
きっかけが廃止の状態で走るのは危険ですから、車に乗ったらまずロックンロールの比較を。


次に”ドライビングポジション”を決めましょう。
要するに自分が運転し易いと受け取るスポットですね。
ルームミラーも重要です。
後方が見やすいスポットに設定しなおしましょう。


■ヒールは抑制
車を運転するのに、ヒールは絶対に抑制!
これは標準中間の常識です。
ヒールを履きたい手法は、運行季節だけヒールの無い靴を。
車内に運行用の靴を置いておくと便利ですよ。


■車の運行過程
AT車はクラッチ抑制ではありません。
チェンジレバーは、P:パーキングレンジ・R:リバーストレンジ・
N:ニュートラルレンジ・D:走行レンジ・2:セカンドレンジ・
1:ファーストレンジ/ローレンジとなります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Aina
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fmieecineastn1/index1_0.rdf