【 更新情報 】

スポンサードリンク

ニキビは皮膚科で専門治療

ニキビが悪化してしまった場合、皮膚科で専門的な治療を受けることもお勧めです。

最近は皮膚科でのニキビ治療にも色々な方法があり、ニキビの出来にくい体を作ったり、ニキビ跡をきれいに消すという技術もあるからです。

まず皮膚科治療のひとつには、外用薬や内服薬の処方があります。
外用薬には抗菌作用があるので健康な肌へ回復を促してくれますし、毛穴に詰まった汚れも排出しやすくしてくれます。
一方内服薬の方は、体の中から皮膚の回復を助けてくれます。

皮膚科の治療ではこのような薬による治療の他にも、食事指導や洗顔指導などで、ニキビを予防するためにはどうしたらいいかを学ぶこともできます。
ただできているニキビを治すだけでなく、ニキビのできにくい体にすることが大切なのです。

他に注目されている皮膚科の治療が、ニキビやニキビ跡をきれいに治すことができると話題の「ケミカルピーリング」です。
このケミカルピーリングという方法は、角質をはがすことでニキビを根絶し、皮膚の再生を行なうというものです。
これは普段のお手入れでは絶対にできないことなので、何度も同じ所にニキビができる人や、ニキビが悪化してしまった人にとてもお勧めの治療法です。

ニキビは初期であればあるほどケアしやすいので、自己流ケアで悪化させてしまう前に皮膚科を受診してみるのも良いのではないでしょうか。

肌荒れとニキビの関係

ニキビは肌が荒れている場合に起こりやすいと言われていますが、それは肌が荒れている時は敏感肌になっており、肌本来の機能が低下しているからです。

肌が健康な状態ならば、ニキビができるまでに至らないことでも、肌が弱っているとニキビができやすくなってしまうのです。

ニキビは脂性の人や、皮脂が過剰に分泌された場合にできると思われがちですが、実は乾燥した肌でもニキビはできます。
乾燥して新陳代謝が悪くなってしまうと、角栓が肌の毛穴に詰まってしまい、それがニキビになることも多いのです。
ですのでニキビを予防するためには、肌を十分に保湿し、健康な状態にしておくことが重要となります。

大人になってからのニキビを予防するためには、まずニキビの基礎知識を知ることが大切です。

10代の頃、ニキビや肌荒れの原因のほとんどは皮脂の過剰分泌でしたが、大人になってからのニキビの原因は実に様々です。

肌の乾燥や日焼けだけでなく、ストレスや無理なダイエットなどもニキビの原因として挙げられています。

このような複雑な原因からニキビができている可能性もあるので、体の内面からケアをし、ニキビのできにくい体作りをすることも大事なのです。

もちろん正しい洗顔や、自分に合った化粧水を選ぶなど、スキンケアを工夫してみることも必要です。

それらのことを行なっても改善されなかった時は、皮膚科などを受診するという選択もあることを頭に入れておきましょう。

背中のニキビの予防法

ニキビは皮脂腺の多い所にできますが、顔の次に皮脂腺が多いと言われているのが「背中」です。

背中に自分が気づかないうちにニキビができていたという経験がある人もいるのではないでしょうか。
背中のニキビを予防するために一番大切なことは、背中の汚れをしっかりと落とすことです。
しかし背中は手が届きにくいので汚れが残ってしまったり、そのことを確認することが難しい位置でもあります。

また洗い残しが原因だけでなく、石鹸が皮膚に合わないためにニキビができてしまう場合もあるようです。
何度も背中にニキビができてしまうことがあったら、一度使っている石鹸を変えてみるのもいいかもしれません。

背中のニキビは、乾燥が原因のこともあります。
乾燥することで毛穴が塞がり、それによりニキビができてしまうこともあるのです。
特に冬は要注意なので、背中にかゆみや痛みを感じ、乾燥していると思ったらすぐに保湿剤などで保湿してあげましょう。

背中は知らず知らずのうちにニキビのできやすい環境になってしまっていることがあるので、皮膚の変化に敏感になってあげることが大切です。
家族がいる人は、時々家族に背中を洗ってもらったり、背中の様子を見てもらうと良いでしょう。

背中は汗をかきやすく皮脂腺もつまりやすいので、日頃から意識して洗うこともニキビ予防になります。

頭皮のニキビの改善方法

ニキビは顔にできるものと思っている人もいるかもしれませんが、皮脂が多い場所ならばどこにでも出来る可能性はあります。

皮脂腺の多い背中や胸、そして脂漏部位とも言われる頭皮にニキビができて悩んでいる人も少なくありません。
顔と違い、なかなか頭皮の状態はチェックしにくいので、気づかないうちにニキビのできやすい環境になっている場合もあるので、気をつけましょう。

まず頭のニキビが気になる場合は、洗い方を変えてみるのがお勧めです。
脂っぽいからと言って力強く洗うのは避け、シャンプーはたっぷり泡立ててから指の腹で優しくマッサージするように洗いましょう。
またしっかりすすぐことも大切です。
トリートメントなどの洗い残しがあると、毛穴を詰まらせてしまい、炎症を引き起こすこともあります。
洗髪後は、8割程度ドライヤーで乾かし、2割は自然乾燥するのがお勧めです。

皮脂を排除するためとは言え、あまりにも洗浄力の強すぎるシャンプーを使うことは良くありません。
必要な皮脂まで取ってしまい、違う肌トラブルを引き起こす危険性があるからです。
もし今使っているシャンプーで改善が見られない場合は、シャンプーを変えてみるのもお勧めです。

頭皮のニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れや過剰なストレスが原因のこともあります。

もしシャンプーやリンスを変えても症状が良くならない場合は、他の皮膚炎の場合もあるので、専門医の診察を受けた方が良いでしょう。

大人ニキビの原因

大人のニキビとは肌質にも季節にも関係ないので、年間を通していつでもできる可能性があります。
特に20・30代の女性に多く見られるようです。

このような大人のニキビは無理に潰してしまうと、シミの原因になってしまったり、跡がいつまでも消えなかったりするので、思春期ニキビと同じように考えてはいけません。

大人のニキビができる原因には色々なことが挙げられています。
女性に多い便秘や冷え性、喫煙や運動不足、そして疲れやストレスまでも大人ニキビの原因になるのです。
ストレスが大人ニキビの原因となるのは、過度のストレスが男性ホルモンを増やすことにより、過剰に皮脂分泌を促してしまうからです。

また鼻の周りや頬、顎にできてしまうのは、肌の角質層が機能低下してしまったからだと考えられます。
このようにストレスや疲れから大人ニキビができてしまう場合は、肌の外側からではなく体の内側から改善する必要があります。

そのためには食生活や生活環境を見直すことが第一です。
なるべく早寝をするようにしたり、適度な運動をするなど、少し生活習慣を変えるだけで体の中から改善されていきます。

またバランスの良い食事を心がけるだけでも便秘は解消されるので、ニキビのできにくい体を作ることもできるのです。

大人ニキビは一度できてしまうとなかなか治りにくく、再発しやすいという特徴があるので、少しずつ原因をなくしていきましょう。