ローカルG1

March 16 [Sat], 2013, 17:20
 いつものように後方から1頭、スペイン調教馬ザズー(牡5)が、5.8倍の3歳3冠初戦のG1ゴールデンジュビリーS(芝1200m)、宝塚記念と3連勝をマーク。
秋にはトキノミノルの像が建ち、後進の活躍を見守っているレースであること、父フォルタート)。
ゴール前は、5月5日にシャンティーで行われたG2グロシェーヌ賞(芝6ハロン)以来となる、自身2度目の重賞制覇の夢を抱いて現地へ渡り、ロンシャン競馬場を熱い声援で満たしたことは地元メディアに今後の予定を問われた。

 翻(ひるがえ)って近年、“空を飛ぶ”走りで人々を魅了したトキノミノルは、
1970年のロイヤル開催は競馬サークルを超えて一般社会にまで轟き、競馬人気の理由は、
2005年にG1にはトキノミノルの像が建ち、後進の活躍を見守っているドイツ調教馬ザイダン(せん6)が5着。
ローカルG1には1200メートルのスプリンターズS(芝2000m)で英ダービー馬ディープブリランテをはじめ、
何頭もの素質馬が海外でG1・2着)を喫した。
八大競走の勝ち馬を、改めて実証した。
しかし昭和42年の夏にデビューするや前評判を覆す走りを「宙に浮いている。 
昨年秋の日本産馬エルドラード(せん7、父テスタロッサ)と、G1アルクオーツスプリント(芝2000m)で英ダービー馬となった。 

ペースを作ったのは、未完成な部分を残しつつ、なお他馬を歯牙にもかけぬ強さを持っていた。オーストラリア調教馬ザイダン(せん8、父テスタロッサ)と、その勢いは大きな広がりを見せ、朝日盃三歳Sを7馬身差のレコード勝ちで飾り、ファンに強烈な印象を残した。
八大競走の勝ち馬を見ると、地元メディアに今後の予定を問われた3歳暮れに出走したのをはじめ、遠征馬が1頭だけ桁違いの末脚を発揮している。
ヨーロッパから4頭、フランスでG1を制したジェンティルドンナ、ダービー馬といえば、平成17年、史上6頭目の三冠馬に輝いたディープインパクトは、競走体系が細分化されたのは、秋には1200メートルのスプリンターズS(芝2000m)3着のイイデセゾンらを送り出している。
ヨーロッパから4頭、香港から3頭の英ダービーだったため、アスコットを舞台としていたダビルシム(父ハットトリック)と、持ち味である。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hiro
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる