memo 

2007年12月05日(水) 19時04分
登山

<北海道 9>
利尻岳 羅臼岳 斜里岳09年 阿寒岳09年 大雪山97年
トムラウシ 十勝岳 幌尻岳 後方羊蹄山

<東北 14>
岩木山08年 八甲田山08年
八幡平08年 岩手山08年 早池峰08年 鳥海山08年
月山08年 朝日岳08年 蔵王山08年 飯豊山08年 吾妻山08年
安達太良山08年 磐梯山07年 会津駒ケ岳07年

<上信越 12>
魚沼駒ケ岳 平ヶ岳 巻機山 谷川岳 雨飾山
苗場山 妙高山 火打山 高妻山
草津白根山08年 四阿山08年 浅間山95年

<関東 18>
那須岳06年 燧岳07年 至仏山08年 男体山08年 奥白根山07年
皇海山08年 武尊山08年 赤城山08年 筑波山 両神山10年 雲取山13年
甲武信山10年 金峰山11年 瑞牆山11年 大菩薩岳10年
丹沢山97年 富士山07年 天城山08年

<北アルプス 15>
白馬岳07年 五竜岳 鹿島槍岳 剣岳 立山 薬師岳
黒部五郎岳 黒岳 鷲羽岳 槍ヶ岳 穂高岳10年
常念岳98年 笠ヶ岳 焼岳 乗鞍岳

<中央アルプス 8>
御獄山 美ヶ原96年 霧ヶ峰96年 蓼科山
八ヶ岳 空木岳 恵那山 木曾駒ヶ岳

<南アルプス 10>
甲斐駒ヶ岳 仙丈岳 鳳凰山 北岳
間ノ岳 塩見岳 悪沢岳 赤石岳 聖岳 光岳

<西 5>
白山 荒島岳 大台ケ原山 大峰山 伊吹山

<中国>
大山08年

<四国>
剣山 石鎚山

<九州 6>
九重山 祖母山 阿蘇山98年 霧島山 開聞岳 宮之浦岳99年

珍体験 ネパール 

2007年07月11日(水) 23時24分
あるボランティアのツアーで、バイシャリホテルに泊まっていた時のこと。

ダブルブッキングがあって、
別の団体の約束を優先させたいから出て行ってくれと、連絡があった。
もちろんそんなことは無理と了承しない。

翌日部屋に荷物は置いたまま、部屋の鍵を返さずに外出。
帰ってくると部屋に置いてあった荷物がロビーの台車の上にひとまとめに置かれている。

荷物はぐちゃぐちゃ。
女性の部屋の荷物が男性のカバンに入っていたり、捨てたはずのゴミまで詰め込まれていたり。
参加者の一人はデジカメがなくなったと激怒。



攻撃開始。

宿泊料金を返せとか、
同等のホテルを手配しろとか、
責任者を連れてこいとか、
日本語、英語、何でも使ってどなりあい。

一人旅だったら絶対しないけど、団体で、しかもボランティアの受け入れ先の知り合いに警官がおり、協力もして頂いたので強気に出れる><

結局一ランクしたのホテルを手配させて追加料金無しで宿泊したけど
こんなことするホテル初めてでした。

珍体験 インド2 

2007年07月11日(水) 23時14分
またまたカジュラホでの出来事

遺跡が広範囲に散らばっているから自転車を借りようと思った。

朝レンタサイクル屋にいって値段交渉して一日借りた。

うろうろして夕方戻ってきて、料金を払う時に、
朝とは別の人がいて、朝言われた料金よりやや安い金額を請求された。
なんだ、その金額でいいんだ。と思って払って、行こうとすると、

お店の奥から別の使用人が登場。

「なんだ貴様、朝の約束と違うじゃねーか」
的な怒り具合。

そんなこと言われたってねぇ^^;

つじつまあってないのはそっちの方じゃんか^^;

罵声はさらに続き、
急ににたにた顔になって
「ここの店のボスと一緒に夕食を食べるならタダにしてやる」
とのたまう。

食事するだけ?
夜伽もしろってことなのかな?

いやいや。。。払いますってば。
そっちのコミュニケーションがとれてないだけでしょ^^;
全く困った人たちだ。

珍体験 ヨルダン2 

2007年07月11日(水) 22時39分
ペトラ遺跡をみて、夕方の高速バスでアンマンに向かった時のこと。

女ならではの体験ではないけれど。

高速バスの出発時間にぎりぎりで、あわててバスターミナルに到着。
切符きりのおじさんに空席とチケットの料金を聞いた。
で、一瞬ぼられているような気がして出発寸前のバスにすでに乗っていた日本人男性に
話しかけた。

そのとたん、切符きりのおじさんが怒り爆発!!!

しかし私にはなぜ突然怒り出したのかさっぱりわからない。

チケット一枚お願いします。と頼むが、
「おまえの乗る席はこのバスにはない!」
お前は今日はもうアンマンまで帰れないから早くホテルに戻れ!

と怒鳴り散らす。
なぜ怒っているのかまだよくわからない。
あっけにとられていると、バスドラーバーがやってきて
「ヨルダン人を信頼してほしい。」と意味のわからないことを言い出す。

その時点になってはじめて切符きりのおじさんは私に憤慨していることに気づいた。


珍体験 ヨルダン 

2007年07月11日(水) 22時13分
インドに続きまして第2弾

アンマンで、ネボ山目指してバスを乗り継いでいた時のこと。
お昼の二時頃で天気が良く、バスターミナルや通りには人や車があふれ活気があった。

ガイドに「ワヘダットのバス乗り場からマダバ行きのバスに乗る」
とあったので、ワヘダットでバスを探した。

英語しか話せなかったので、アラビア語しか話せない運転手とは意思の疎通がとれず四苦八苦。
彼らの指さす方向に右往左往するがバスは見つからない。

うろうろしていると、はとバスみたいな大型バスの運転手が何か言ってくる。
もちろんなんていってるかわからないけど、何となくわかった。

マダバ行きのバス乗り場はここからちょっと離れたところにあること。
これから彼の大型バスでつれてってくれるらしいこと。
出発するまで時間があるからバスに乗って待ってなさい。

以上が私が理解した内容なんですが・・・。

珍体験 インド 

2007年07月11日(水) 21時33分
女性の一人旅って、男性が体験できないことが体験できると思う(汗

旅行記とか日記は苦手だけど、おもしろかったことをピックアップして書いてみようと思います♪

インドに行った時。

旅の終盤、カジュラホから一路デリーへ向かって帰路についた。

カジュラホの遺跡群を出たのは昼過ぎだったけど、バスが思ったより時間がかかり、
鉄道駅近くのバス停に着いたのはに着いたのは日が落ちてから。

バス停から駅までトゥクーを使うのだが、何しろあたりが真っ暗なので
バスで同乗していたヨーロッパのツーリスト(夫婦)に声をかけて
シェアさせて頂くことにした。
もちろんすぐにOK!

夜行列車は程なくして到着し、指定された寝台を探すとヨーロッパの夫婦と同じ車両であった。
私の寝台は一番下の段。夫婦とはちょっと離れている。
私は全く気にしてなかったんだが、旦那さんの方が私のことを心配してくれて、
「インド人に気をつけた方がいいから」と、彼の上段の寝台と交換してくれた。

で、よじよじと上段によじ登って身を横たえた時
旦那さんが私の足をなでなで♪

・・・ぞぞ〜〜〜〜〜

なんだこのひと??


P R
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
categories
recent comment
アイコン画像どん
» memo (2008年08月10日)
アイコン画像どん
» memo (2007年12月09日)
アイコン画像jib
» 珍体験 ネパール (2007年07月14日)
アイコン画像aonuma
» 珍体験 ネパール (2007年07月14日)
伝言板
chat
大きい掲示板(新規
graphic board
cocoa game

ジオターゲティング
メールフォーム

TITLE


MESSAGE