カープ観戦記20(1日目)

October 17 [Wed], 2012, 1:27
信濃町駅の改札を抜けて眺めた遂外苑は、心なしかすっかり秋めいているように見えました。
10月6日カープの今シーズンも、もう終わりです色んな意味で。
もしかしたらと思って確保したチケットですが、おかげさまであまり意味をなさない代物になってしまいました。
まあ、消化試合には消化試合の楽しみ方というのがあるのでそんな事を考えながら、とぼとぼ歩いて16番ゲートスコアボード下の入口に向かいます。
こんな試合でも開場1時間前にすでに並んでるファンは結構いるから驚きです。
しかし、5月のGWに観戦に行った時に比べてその列は半分以下。
私の並んでいる列からは球場向かいの室内練習場の入口も見えます。
5月だと、既にこの時唐ナさらに向こうの日本青年館の前まで行列が出来ていたんですけどねとはいえ、消化試合だと混雑がそれほどでもないというのは魅力な訳でそのうち友人も来ましたので入場前から缶ビールを開けます。
さあ、始めようもうね素面でこのチームの試合は見れないんでで、2本ぐらい飲んだ後、室内練習場からカープの選手を乗せたバスが出て来ました。
あまやというバスに手を振る男性ファンの野太い声が飛びますが、天谷は見向きもしません。
さすがは女性ファンしか相手にしない事に定評がある天谷選手ですね笑まあ、それは良いです。
むしろ、私が気になったのはどの選手も暗い表情でまるで浜辺に打ち上げられた死んだ魚の群れのようだった事です。
大丈夫なんでしょうかこのチームさて、入場が開始されたので入場します。
外野自由席に陣取った時に気付いたのですが、この時期は昼は六大学野球をやっているのでした。
カードは明大対東大ちょうど、試合終了後の応援団同士のエールの交換中でした。
割と厳粛な雰囲気です。
かたや、こちらはビール片手にワイワイガヤガヤなんというか、内野と外野が違う世界になってるようにすら見えますね。
今回はスコアボード脇の近くの中段の席を確保。
死角がないうえに、野球中継とアングルが同じなので大変見やすい良い位置です。
座席を確保した次はそう遂名物のウィンナー盛りの時間です。
友人もいるのでメガ盛りで注文します。
もう一本余っていたビールと共に頬張ると美味しいことこの味ともしばらくはお別れかと思うと何とも寂しい感じはします。
更にこの時期の遂球場にはもうレズ掲示板一つの楽しみがあります。
それは、秋になると売り出し始める白鶴の熱燗です。
秋空の下、消化試合を眺めがらチビチビと飲む熱燗は何とも趣があるように思えます。
と言いつつ、攻撃中はスクワット応援も忘れてはいません。
9回表に堂林が本塁打を放った辺りからぽつぽつ降り出していた雨が9回表終了後には驟雨となりました。
まるで、堂林の本塁打が雨奄激gび寄せたようです。
さすがに、雨が本降りになってくると客席から観客のほとんどが退避し始めました。
私は既に雨が降るかもしれないという情報をウェザーニュースで知っていましたので用意した合羽勿A赤いカープオフィシャルのやつに着ます。
これを使うのは、5月以来。
雨ざらしで応援何だか楽しくなってきました。
が、その矢先に主審が出てきてたいして時間も経過しておらず僅差なのに、早々にゲームセット。
まさに消化試合らしい現象ですねとは言うものの、実はコールド勝ちは私の観戦史上でも初めてなのです。
こういう時にこんな思いがけない物に出会えるチームにとっては意味のない試合でも観に行ってるファンにはそうでもない場合があるという事を改めて思い知らされた次第です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:flxf1qh9c1
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/flxf1qh9c1/index1_0.rdf