Bakerの金岡

February 23 [Thu], 2017, 15:09
インフルエンザは風邪とは異なるものという説があります。

大体、1日から5日くらいの潜伏期間を経て、短時間で高熱に達し、3日から7日ほどその状態が続きます。

型によって、筋肉や関節の痛み、腹部の痛みや下痢など症状が微妙に違います。

場合によっては、肺炎を併発したり、更には脳炎や心不全を起こす事もあるため、怖くもある感染症です。

わたしの母は重度のアトピー患者です。

どうやら遺伝していたようで、アトピーになりました。

いつも肌がカサカサになって、日々の保湿ケアが欠かせません。

ケアを欠かしてしまうと、外出も厳しいのです。

母を責めるわけではないのですが、いつか、私の子供にも遺伝してしまうのかと思うと、絶望的な気持ちになります。

運動量が足りていないと筋肉が衰えていくだけではなく、体調にも影響を及ぼします。

中でも女性に多い症状としては便秘症状です。

これを解消を試みようと、通勤時にエスカレーターの代わりに階段を使ったり、三度の食事で食物繊維が多い食品を増やしたりするのが提案します。

可能ならば、便秘にならないためにも、週に1、2回はジョギングを試みたり、自分好みの運動をして体を動かした方がいいです。

以前、私は便秘がとてもひどかったのですが、今ではだんだん改善されてきています。

改善できたポイントは、とにかく、ヨーグルトを食べるという対策でした。

友人がこの方法で成功したという話を聞いて、私もやってみようと思ってヨーグルトを買いこんで毎日実行したのです。

ヨーグルトを毎日食べているうちに、だんだん治ってきて、今では、便秘で困ることもなくなりました。

ずっと先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、幼い頃は、「虐待でもされてる?」と心配される程、痛々しい姿でした。

様々な治療法をやっても、効果を全く感じなかったのに、住む場所を変えたところ、あっという間に肌がきれいになり、酷い痒みもおさまりました。

思い切って住環境を変えるのも、アトピーの治療に一役買うかもしれません。

便秘を改善するのに効果的なものは、乳酸菌が入ったサプリです。

自分自身腸内環境を整えることの大切さはわかっていても、ヨーグルトや乳酸菌飲料などに苦手意識がある人も多いです。

しかも、連日乳酸菌が含まれた食物を食べ続けるのは大変です。

サプリメントなら、お手軽かつ確実にとることが可能ですから、便秘が改善することになります。

夜中に熱が上がって、40℃を超えるほど上がって体調が悪かったので、次の日に病院に行きました。

先生はインフルエンザの検査が可能ですよとおっしゃいました。

私も、もし、インフルエンザにかかっていたら、それに効能のあるお薬を処方してもらえるので、確認したいと希望しました。

私が便秘になったのはなぜかというと、多分、運動不足のせいだと思います。

毎日の通勤は車なので、歩く事もほとんどないのです。

ペットを飼っているわけもでないので、散歩に行くこともありません。

そういう生活習慣のせいで、私は便秘なのだろうと思うのです。

便秘の改善にもなるはずなので、今日からウォーキングを始めることにします。

ちょっと前に、インフルエンザにかかってしまってクリニックに受診しに行ってきました。

どれくらい潜伏期間があるのか分かっているわけではないのですが、どこかインフルエンザの人と同じ場所にいて感染してしまったのかなと思っています。

高い熱が3日わたって出て大変な思いをしました。

高い熱が続くインフルエンザは、いつもひく風邪より大変な思いをしますね。

最近、乳酸菌がアトピーの皮膚炎によいことが明らかになってきました。

実はアトピーの原因はいろいろありますが、日々蓄積されたストレスや偏食などによって誘因されることもあります。

アトピー患者の大部分は腸の状態がよくないため、乳酸菌の力で腸内環境を整備することがアトピーを完治する手段となります。

うんちがでなくなると、体の中にあってはいけないものが体外に出ないため、口が臭います。

どのように毎食後歯ブラシをして、歯間ブラシ、マウスウォッシュを使用して口内のケアをしても、お口の臭いは腸から胃をたどって必要でないものを出そうとし、口臭として現れるのです。

このような状態の時、便秘が改善されると、口の臭いも自然と亡くなると言われています。

アトピーだと大変に我慢できない症状になります。

暑い寒いを問わず1年中痒みとの根くらべになります。

夏場の汗はかゆみを増大し、空気の乾燥する冬場も痒みが増します。

そして、食べ物にアレルギーがあることも多く、知らずに摂取してしまうと、かゆみだけの問題で収まらず腫れたり、呼吸が困難になってしまうこともあります。

私には乳酸菌サプリと言えば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。

子供の頃からあったサプリメントであり、便秘や下痢や腹痛の時でも、決まって私のお腹を守り続けてくれていました。

「人には人の乳酸菌」とCMで言われていますが、私にとっては効果がある乳酸菌サプリとはやはりビオフェルミンなのです。

元々、アトピーに有効な化粧水を日頃から使っています。

友達からすすめられた化粧水は、ひどかった私のアトピーを見違えるほどきれいに整えてくれたのです。

今まで見たくなかったはずの鏡を見ることが、今では楽しみになりました。

手が触れる度に素肌がサラサラになったことをしっかり実感できます。

便秘になってしまったとしても、薬に頼れば簡単に、解決できると思いますが、薬にばかり頼るのはよくないので、食生活を見直してみてください。

食物繊維を多く含んでいる食事を摂取することがよくって、不溶性と水溶性といった2つの食物繊維をバランスよく摂ることが重要です。

他にも野菜、海草類をすすんで食べましょう。

1歳から5歳くらいの幼児がインフルエンザというものに感染し、熱が出た後、急にけいれんや意識障害、または異常行動等の症状が出るのがインフルエンザ脳症といったものです。

インフルエンザ脳症というのは、命の危機に関わることもある重篤な疾患であり、治癒した後に後遺症が残ってしまうこともございます。

アトピー性皮膚炎の治療に使われる医薬品は、年々高い効き目を得られるようになっています。

もちろん、必ず医師の指示の下できちんと使用するということが必須です。

もし、違う治療や薬剤を試したい時には、お医者さんに話を聞くか、主治医以外の医師に意見を求めるといいでしょう。

自分だけで判断することは好ましくありません。

一般的に便秘に効く食物は、水分や食物繊維、乳酸菌を有する、発酵食品といわれています。

苦しい便秘の方は、うんちが固く腸内に溜まった状態に至っています。

この状態を消えさせて、軟らかくするため、まず水分と水溶性の食物繊維を摂り入れながら、腸内環境を改善するのが良いでしょう。

花粉症になって以来、乳酸菌飲料を摂取するようにしました。

一昨年から花粉症を発症してしまって、ずっと鼻水がやまなくなりました。

薬を服用するのはしたくなかったので、テレビで取り上げられていた乳酸菌ドリンクを試用しました。

現在の段階では、これにより花粉症の症状を抑えられています。

結構、ヨーグルトは便秘解消効果があるといわれますが、私が体験してみると、かなり大量にたべないと、効果があまり感じられません。

毎日1パックぐらいは食べて、やっと便通があるという感じです。

ヨーグルト好きはいいですが、嫌な人もジャムを入れたりして、なるべく食べるようにするといいかもしれません。

私は便秘にきく食べ物を毎日食べています。

どういうものかといえば、バナナとヨーグルトでなんですね。

ほんと毎朝摂っています。

食しているうちに、便秘がましになってきました。

ひどかった便秘が解放されて、便秘薬を飲むことも なくなっちゃいました。

差し当たって ポッコリしていたお腹も、へっこんできていて続けてよかったと思います実はインフルエンザの予防ために乳酸菌が効果的だといわれています。

約1年前に、テレビで子供に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったというコンテンツを見ました。

うちの娘が受験を控えておりましたので、それから、ずっとヨーグルトを食べさせています。

乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが格別にいいそうです。

ベストな乳酸菌の摂取時間ですが、これと言った決まりはあるわけではありません。

商品パッケージには適量と回数が、まずはそこから始めて下さい。

1日分を一度に全部摂取するのと比較した時、何回かに分けた方が身体に行き渡るということから近年の研究でインフルエンザの予防のためには乳酸菌は効果が高いということが分かり始めてきたのでした。

というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで完全に防いでいくことは出来ません。

乳酸菌を日頃からしっかり摂取することで免疫力が高くなって、インフルエンザの予防となったり、症状を軽減する効果が高まります。



乳酸菌は多くの健康効果があるといいますが、中でも腸を整える効果が高いとのことです。

腸内善玉菌を増殖させることで腸内が活性化し体の中で蓄積した便が排泄されやすくなります。

それにより、便秘や下痢が改善されるのではいかと考えられています。

乳酸菌を毎日取り入れることにより腸を整える効果が強まります。

乳酸菌と言って思い浮かぶのはカルピスですよね。

子供時代から、毎日楽しんでいました。

なぜなら、乳酸菌が入っているからです。

母親が毎朝、私に飲ませてくれました。

ですので、私は便秘になった事がありません。

きっと、カルピスを飲み続けていたのでとても身体が丈夫になりました。

普段より屁の臭気に悩んでいる方は乳酸菌が効果があります。

屁による臭いの元は悪玉菌にあるとのことです。

なので、お腹の中の善玉菌を増加させ、悪玉菌が増えるの、を防止する働きのある乳酸菌を継続して摂取ことにより臭気をだいぶ抑えることが出来ます。

乳酸菌シロタ株と言ったら、ヤクルト。

過去に白血病に罹患し、病気と闘った経験をお持ちの渡辺謙さんのCMをよく目にします。

みごとに白血病を治し、ハリウッドでめまぐるしい活躍をみせているCMでの渡辺謙さんのお薦めをみていると、大きな効果が期待できそうな気分です。

乳酸菌が腸や身体に良い働きをするというのはみんな理解しています。

ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、せっかく摂取しても胃でなくなって効果が発揮できないのではというふうに思っている人もいます。

でも実際は乳酸菌が生きて腸に達するかが重要ではなく食べるだけで腸の免疫機能をアップさせて、それが身体の健康づくりに大変役立つのです。

便が溜まった事って生きていれば必ず一度は誰もが体験することの一つだと思います。

私もその一人で、最悪の場合は一週間便が出ないこともあります。

便秘薬も売られていますが、私はアレが身体に合わないみたいなので、ごく自然に排便を促してくれるオリゴ糖を飲んでいます。

お腹に優しく作用してくれるのがいいですよね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayu
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる