夏がやってくる 

2007年07月17日(火) 22時16分
昨日は大好きな娘に会ってきた。少し大人で可愛くなってた。
俺なんか手も届かないぐらい。それでもやっぱりまだ好きだった。
でも思ったことを素直に伝えられなかった。
どこまで不器用なんだろ。次は無いかもしれないのに、甘えてんじゃねーよな。もっと、話せばよかった。あんなに可愛いのに。
また夏がやってくる。
去年の俺と何が違う?後悔するなよ。

 

2007年07月15日(日) 20時06分
入社してはや3ヵ月が過ぎました。もう飽きました。私は今、高卒という壁にぶち当たっています。
仕事をする目的に。。
今の俺は遊ぶために仕事してる、生きてくために仕事をしてるわけじゃない。

三週間に一度は訪れる、会社を辞めたいという周期も。高卒ならではの甘さなのかもね。
まだ辞めるつもりはないけれど、この悩みはすぐに解決できるものじゃないから、時間が立つのを、歳が増えていくのを待つしかないよな。
貴重な重大を無心に過ごそうか?

男らしさ 

2007年06月10日(日) 0時18分
タケオキクチ、ビームス、ポールスミスで洋服を買いました。だいぶ金が飛んだけど、まぁーいいや。まだまだ若いですよね。お花を新しく欲しいかも、
最近だんだんと甘さが浮き彫りになってきた。やべーな、なんとかしないとなぁ。慣れてきて、ジョーダンも言うようになってきたからかな?引き締めていかないと、なかなかメリハリある行動と言動は難しいものだ。男らしさの意味を理解できてきた。男にならなければ。結局はそこでしょ。

疲れちゃう。 

2007年06月01日(金) 21時15分
今日は八時出勤。青果の朝は戦争です。恐くて聞きたいことも聞けず、でも吊ったってると殺されるので、忙しいという雰囲気は醸し出してます。だってチョ〜こえーんだもん。無理。ちなみに昨年の新入社員は、日に日に顔色がすぐれなくなり退職しました。秋入社の人は、重たい物ばかり運ばせられた挙げ句腰を壊され、いなくなりました。
正直、職場で泣きそうになることがあるぐらい。言い方がキツイ。それでも時間は公平に過ぎ去りますので、今日は奇跡の五時上がり。店を出るとおひさまが!明るい。やっぱエネルギー持ってるね。元気になれるよ。職場でもお前のような存在が欲しいな、明日も明後日も、今日のように晴れたらいい。その次の日もめまいがするほど、青いといい。

たらし 

2007年05月22日(火) 21時49分
しっかりしろよ。自分。
負けたくねー。明日もあるなら行くしかねー。
明るいあいさつ。元気を出して。アリナミン飲んで。力つけて、時間が解決してくれるんじゃなくて、自分を高めないと。挫けてもいいから、踏張れ。だろ?

モラトリアム 

2007年05月11日(金) 23時53分
明日は休み。

寝るだけ。

やる事はたくさんあるのに、ここ最近風邪で長引いてまして。

毎日仕事はだるいな。

先のことを考えると泣きそうになるから、やめようか。。

がむしゃらに生きた方が楽なんだけど、どうしても立ち止まっちゃう。

踏ん切りつかない、まだ18だし、いろんな事した方が

今楽しくねーし。

同期はたくさんやめてくし。

でも、正直のしあがった所で限界はあるし。

家族も欲しいし。庭が広い家に住みたいなぁ。

俺の子供は絶対可愛い。

そんな気がする。笑

いつになるか分からないけど、それが、一番楽しい時期なのかも。

人生設計なんか、させるから不安定になるんだよ。


後ろから迫ってくるこの感覚は、甘えを許してくれそうもないな。

今の岐路を絞ったら、ある程度は安定するのかな。

考えすぎは良くないな。

でも考えないと置いてかされる。

会社は待ってくれない。

とりあえずで、このままでいいのか?

貴重な10代を。

欠時数 

2006年12月13日(水) 23時55分
久しブリーフ      今日神代実習でした、  ニジマスのチャンチャン焼きが美味しかった。   あとはビミョウ     今日も遅刻せずに行きました、とりあえず今学期は 英語に国語に物理は1確定 グリーンライフと農経と体育が1の確率9割。    欠時数が国語あと遅刻一回でアウト、体育あと欠席3回、日本史3回、英語5回、農経5回、グリーンライフ6回、総実6回、選択美術がもうオーバーしてるけどおまけであと2回、という悲惨な数。致し方ない。ちなみに俺は今まで通知表に1をつけた事はありません。振り返ってみれば器用に生きてきたな、とつくづく思います。その事でつけが廻ってきたんだろうと、職員会議でも僕の名前は頻繁に出ていて、国語の山田、体育の伊藤耕一がこのまま卒業させるべきではない。とお怒りになっていらっしゃいます。長老二人相手は辛い。それでもテストの日に遅刻してしまい。しかも国語。ついにその日の夜。担任が家に電話を入れてきました。そのころ僕は神山君家で飲んでいました。12時頃に帰って来るなり母親にその事を告げられました。親父が電話に出たそうですが、俺はアイツには何も注意しないし、お越しはしない。これは男の約束だから、俺は何も言わないってアイツに昔言ったから、だから何も言わない。ほっとけ。早く家から出ていってもらいたい。って母親にそう言われた時はすげーショックで申し訳なくて、ただ必死に謝りたかった。

階段 

2006年10月26日(木) 0時52分
なんだろ、すげー死にたい。今死にに行くとこだった、、もうどうだってよくなってた。踏張りがきかねー。やべーよ。話せる人が近くにいてほしい。一方的な話を受けとめてくれる人が。今ホントに危なかったわ。切羽詰まって出てきた涙が、俺を思いとどまらせてくれた。虚しい。

初め 

2006年10月24日(火) 10時51分
つまらねー毎日で、一つ一つクリアしていかなきゃならない物があるなら、誠実に生きなきゃならねー。俺ね、花屋さんでバイトしてるのね。この前店長にそんな事を言われた。自分の限界を指摘されたと思う。始めからそんな事はわかってた、わかってたよ。ただこんな不条理な毎日で、真直ぐに生きていく事に恐れてたし、少なくともどっかで普通の人間になりたいとは思ってた。俺は皆と同じ。それ以上に格好ばかり気をつかってた。オーラなんてこれっぽっちもねーのに。もう疲れた。疲れたよ。ここは俺には重すぎる。一歩で替わる境界線をまたがって。皆と同じ場所に、俺と同じ人間の空間に戻らなくちゃ。
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:flowertoll
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1988年
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・ファッション
    ・自動車
読者になる
Yapme!一覧
読者になる