明けちゃいましたね、おめでとうございました\(^ρ^)/すみません。 

January 03 [Mon], 2011, 16:48


・・・というわけで、明けちゃいましたね、新年。
とか言いつつ、もぅ1月3日っていうね、ホント今年もこんな調子ですが、どうぞ ぽな を宜しくお願いします\(^ρ^)/

前回の記事が「October 06 」って日付に自分を嫌悪した、しかも1月から2期始まる【みつどもえ】の絵。

・・・2期おめでとぅございます\(^ρ^)/

いやー、去年は9月後半から12月第一週まで実習でそれはそれで死線を何度か彷徨ったのですが、実習終了後も自動車学校(今更な年でサーセン\(^o^)/)とバイトの時間刻み(比喩とかではなく事実。)のスケジュールに追われて全く自由な時間が取れずにいたんですよ・・・というか全部予定たてなの自分なので自業自得\(^o^)/

クリスマス商戦で24〜25日にかけてあまりの忙しさに軽く抑うつ状態になりましたよ、実習以外で死線を彷徨うことになろうとは誰が予想したか・・・
バイト中ぶっ倒れなかった自分にちょっと見直したっ★

なにはともあれ、冬の祭典は29日だけ行ってきましたっ
なんと今回はお友達のお友達(そのつながりから私もお友達になりました)がスペースとれたのでお邪魔させて頂きました、ほんっっっっっっっとうに感謝しています、静かなビッグサイトに感動した・・・というか、あんなに広かったんだぁ・・・
前回の夏までは【へた○あ】だったそのお友達ともう一人のお友達が冬直前に急激に【忍○ま】にハマってくれて前夜祭の時にはただひたすら忍たまトークで盛り上がりモノ凄く楽しかったです、NHKさまありがとー!!!
もうすぐ19期もスタートしますしね・・・まだまだ忍たま人気が続くことを祈っていますwww

と、同時に【イナイレ】人気が凄いなぁ、と会場で実感しました・・・シャッター前のサークルさんのほとんどが長蛇の列で「・・・イナイレハンパねぇ・・・」と並びながら感じていました、でもアニメも徐々に終わりに近づいていますしねぇ・・・終わったら何を糧に生きて行こう・・・; 【忍たま】だけだと・・・!?あ、【スタドラ】もか!!

映画まだ観てないんですよ、観るなら3Dが良いと思っているんですけど時間がっ・・・;
シフト出してるの自分だから自業自得なんですけど・・・щ(゜д゜щ)



劇場版【だぶるお】のブルーレイ届きましたっ★★★
とりま、一言だけ言わせて頂きたいのが、

初回限定特典なんでBDしかフルで入っていないんですか??

昨今、いくらBDが普及してきたからってDVDの需要もまだまだあると思いますよ、むしろ新しいものに買い替えていく財力がない学生とかはBDよりもDVDしか視聴できない環境下にある人が結構いると思うんですけど・・・
なんて小言を呟いてみるものの、特典欲しさにBDの初回限定版を購入、踊らされている・・・サンライズ様の手の上で自分が踊らされているのが分かってはいるが・・・;
と言ってもリビングにあるレコーダーではBD視聴可なので観ましたが、自分のパソコンで自分の部屋で観れないのがなぁ・・・って感じです。

特典の中で一番感動したのは1〜4巻にもなる絵コンテ集ですね、最初包装を開けた時なんで小説が4冊も入ってるんだ?って勘違いしたほど大量です。水島監督の演出や構図、セリフのタイミングなど全てを冊子と言う形で見ることができて、絵コンテ自体はものすごくラフなのに情景が浮かんできて感動できました、凄い・・・やっぱり買って良かった・・・
その次に感動したのは劇場上映生フィルム(全くのランダムらしいですね)でなんとグラハムのコマが・・・!!!光に当ててみてハムだと分かった瞬間  ぽーー・・・ん  って時間が止まった感じがしました、ありがとう神様・・・
あと、脚本の黒田さんが書いた劇場版のシナリオの第一稿・・・(悶)
キャラの名前(デカルトさんの名前とか)やセリフ回しが多少は異なるものの、結構完成した本編と類似していたので(当り前か;)台本集を読んでる気分になれました、ヤバイやっぱり買ってよかった・・・・・・
シナリオ読んでてものすごく気になったのがELSとトランザム・バースト内で刹那が対話を初めて試みようとした時に異性体の情報に翻弄される表現を「触手」であらわしていたのでぜひ本編で実現してほしかったなぁ・・・と悔やんでいます ←・・・ごめんなさいorz

と、まぁ他にも特典あるんですけど【だぶるお】再加熱させるには十分すぎるBDboxでしたって話。
だぶるおはやっぱり最高すぎる・・・そしてデカルトの声が好きすぎる・・・劇場版での新キャラのCVが俳優さんだって知った時は「・・・え、なんで、お金かけられないの?」とか大変失礼なこと思ってました、その頃に自分に土下座させたい、すみません。
そしてやっぱりグラハムと刹那が好きすぎて好きすぎて仕方ない、劇場版を初めて観た時のような焦燥感や悲壮感のような感情はそこまで湧き上がっては来ませんでしたが、やっぱりグラハムが死ぬ未来を切り開くシーンでは号泣しました。・・・グラハム愛してる。
デカルトさんがELSにやられた時、デカルトさんのインターフェースを使ってELSが戦って来るかなぁ、と思ったってどこかで描きましたが、イノベイターとELSの融合は刹那がELSの母星に行って初めて刹那とELSの融合が成り立ったっていう風にしたかったからデカルトさんの時には出来なかったんだと、今更ながら思いました。
でもイマイチ最後のメタル刹那での終わり方が腑に落ちない気がします、相互理解を行うために<融合>or<統一>するっていう選択肢が本当によかったのかなぁ、と。自分が盲目的に刹那を好いている所為もあるかも知れませんが、もし刹那というイノベイターが先駆者的に外宇宙にいる異性体と<融合>することによって、今後人類が外宇宙に進出するにあたり優位になるんでしょうね、それが<来るべき対話>の次の段階だと考えてますし。でも刹那が犠牲になったように自分はとらえました、外宇宙に向けて出発したイノベイターがみんな刹那みたいになるのかなぁ、とも思いましたが・・・挿入歌の石川さんいわく「もう何も怖くない、怖くはない」そうですから・・・

段々自分が何言ってるか分からなくなってきました、だぶるおの話になるとやたら長くなるこのブログ・・・

新年早々すみませんっ;;;

自転車のチェーンが切れてすっ転び、左膝を軽く擦りむきました、軽傷で済んだことに自分の幸運を感じると同時に久々の生傷がこんなにも痛いものかと心が折れそぅ・・・orz 

October 06 [Wed], 2010, 18:18


【みつどもえ】の次女かわいい。
ふたばの声をどこかで聞いたことがある・・・でも声優さんの名前見たことないなぁ・・・と不思議に感じていたら、2代目でじこ(オタクのショップ【げーまーず】やアニメ会社【ぶろっこりー】さんのキャラクター)でした、なぁる。

ぷに絵が難しいとは思っていたけどホントに難しい・・・

自分絵、萌えぬ。

*敗因研究*
 ・頭と体のバランスがおかしい←半強引に上からのアングルにしてみた ←おい
 ・胸が出すぎ、くびれありすぎ←女描く時はそこを描くのが楽しいんだけどなぁ・・・ぷにぷにした感じ出すためにはつるぺったんか・・・ ←・・・
 ・ぽてぽてしてるおなかが描けるようになりたい、ろりー・・・


【みつどもえ】って作品自体が独特の描き方だから模写する勢いで描かないとあのかわいさは出せない、というか自分にそんな画力はないorz

オンタイムで久々にアニメ観ました・・・と思ったら【イ/ナ/イ/レ】がオンタイムで観てた。【だ/ぶ/る/お】とか【ギ/ア/ス】は5時上がりのバイト後に急いで帰ってまでオンタイムで観ていたのが懐かしい・・・ 

October 03 [Sun], 2010, 20:41


新番組です、【ばさら】の後続番組っ
初めて描くのに全く初めて描くキャラだとは思えないのは主人公のパーツが【せつな・えふ・せいえい】さんとほぼ同じだからでしょうか、声も宮野のマモさんだし。
今回のキャラは≪素≫の宮野のマモさんでとても楽しそうでした、や、【だぶるお】の刹那としてのマモさんが自分の最初のイメージだったから今回のようなキャラの方が素に近くて・・・どちらも演じきれるという点で、やっぱりマモさんは凄いなぁ、と改めて実感しました、結婚して子供居ようがやっぱり自分は宮野のマモさんが好きだなぁ、と。



【Ster Driver 輝きのタクト】感想
 ・【はがれん】や【えうれかせぶん】などで有名な≪ボンズ≫さまの完全オリジナルアニメ・・・というのとやっぱり声優さんが豪華なことにつられて観たって言うのがホントの所、重要ですよね、話題性。
 ・凡人の率直な感想を何様だお前って感じで言わせて頂くと、とてもお金がかかったアニメだなぁ、と感じました、良い意味でですよ;
 ・ネタバレ以前に話の本筋自体を第1話で理解できなかったので、これから楽しみに展開を待とうと思います、ロボットアニメ好き。
 ・何と言ってもアニメ観ていて一番びっくりしたのが、キャラクターが小畑さん(【ヒカルの碁】や【ですのーと】の作者様)の絵にそっくり、女の子は特に【バクマン】ぽかった・・・キャラクター原案が小畑さんかと思いきや、全く違いました、何かの策略ですか・・・
 ・主人公:タクト(中の人:宮野のマモさん)がかわいかったです、青春ばかな子で近頃鬱々している自分には救世主のように明るくしてくれるキャラで救われました・・・←どれだけ病んでるんだって話。
 ・≪銀河美少年≫のレッテルに盛大に笑った、タクト、かわいいよタクト。
 ・青春バカだからこその決めポーズやセリフ回し、ケツがかわいかった←おい
 ・巫女さんの≪禊≫のシーンはこのアニメが夕方5時放送だってことをすっかり忘れてしまった、おいおいボンズさん・・・
 ・一人、【こーどぎあす】のオレンジくん(ジェレミア卿・・・だっけ?)みたいな役まわりのキャラが居ました、再来か・・・!?
 ・自分的に福山潤が福山潤っぽくないキャラクターだったなぁ、と思いました・・・多分何か大きな役割を持ってる役なんでしょうけど。
 ・謎の集団の決め言葉「綺羅星っ★」に盛大に吹いた。上の絵でどうしても「綺羅星」描きたくて思わずタクトに言わせたけど、タクトは言ってないです、初っ端捏造だと・・・!?;
 ・石田さん良い声・・・
 ・三木さん良い声・・・でもなんかもったいないキャラ・・・げふん、ごほんっ


10月の新アニメでもうひとつ気になるのは【咎狗の血】ですね、あの作品をついにアニメ化してしまうのか・・・日本ってホントに凄いけどいろんな意味で終わってるな、と思います。
作品自体を中傷しているのではなく、【びーえる】表現や【ふじょし】の寛大化が急激にこの数年で進んだな、という意味です。誤解を招くような言い方ですみません。
【ロマンチカ】アニメ化でも・・・凄いな。とは思いましたが・・・そうか、【ロマンチカ】が出来たなら【咎狗】も可能か・・・
【咎狗】の声優陣もめちゃくちゃ豪華ですし、確かに話の構成は【びーえる】ゲームでもスタイリッシュな方かとも思いますし。
エロ部分をどのように表現するのか想像がつきません、と言っても自分もゲーム自体をプレイしたことがないので大筋の話しか知りませんが。

アニメの力ってすごいなぁ、と自分の情緒不安定具合をみてて改めて感じました、今日この頃。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぽ な
読者になる
俗に言う【オタク】です。

《感銘を受けた漫画家様》
・大暮維人先生(エア・ギア/天上天下など)
・星野桂先生(D.Gray-man)
・CLAMP先生(知らない人・・・居るんですかね?)
・天野明先生
・空廼カイリ先生
・安西信行先生
・小畑健先生
・コゲどんぼ先生
・peach・pit先生
    あ、キリがないですね・・・
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる