嫌なことがあったら、ありがとう! 

October 25 [Thu], 2007, 22:25
「ありがとう」「感謝します」「ツイてる!」

この3つの言葉はとても大切な言葉。

嫌なことがあったら、「ありがとう」と言い、「不幸の連鎖」を断ち切り、逆にいいことが起こるのだそう。

今日は仕事で泣いてしまった。

いい年して、恥ずかしいのだか、つい涙がポロリと出てしまった。

30分の研修で、私のお客様に対する対応の反省点を指摘され、それは素直にそう思い、

なんとか直して、感じの良い対応を心掛けようと思っていたところに、

直後に来た電話が、やっかいなおばさんで、かなり怒られた。

普通に考えても、そこまで怒ることはないし、怒るような問題でもない。

普通だったら、私も泣くことなんかなかったと思う。

でも、自分を否定されたようで、仕事も頑張っているのに、それが空回りしているような気がして、

悲しかった。

SVに伝えて、折り返し電話してもらい、なんとかなったのだが、なんでそこまで言われなくちゃ

ならないの!というより、自分がダメなんだと思うと、辛かった。


後から、FSVが優しく慰めてくれた。

MSVも、優しかった。

SVたちは、普段から私が仕事に対して誠実にやっていることを認めてくれているのだと思い、

救われた。

人の優しさが嬉しかった。

後から、考えてみた。

おばさんが追い打ちをかけるように怒ったことは、私がもっとよい対応をするために

必要な出来事だったのかもしれない。

Tさんに指摘され、自分でも理解出来、さらにおばさんに言われて、本当に心に響いた。

これは、私がこれからよい対応をするようになるための、試練だったのかもしれない。

そう思うと、おばさんに感謝しなくちゃね。

仕事だけではなく、私はもっと人の気持ちのわかる人にならなくては!

そして心から人の気持ちに共感できる、優しい人にならなくては。

おばさん、ありがとう!!!



怒りメール2 

September 24 [Mon], 2007, 8:48
あれから、メールの内容や、Nちゃんの気持ち、私の気持ちなどを考え続けている。

Nちゃんはあの日、飲み過ぎでしまい、酒癖が悪いから、私の言葉を悪いほうに増長して考えて

しまったのかもしれない。

又は、最近、ついNちゃんに厳しい意見を言ってしまっていたので、そのことが心にたまっていて、

それが爆発して今回の怒りのメールのなったのかもしれない。

とにかく、Nちゃんの気持ちを傷つけてしまった私が一番いけないのだろう。

もっと、気持ちを考えて話しをすれば良かったね。

いい方に考えれば、Nちゃんに感謝しなくては・・・と思う。

私は自分で気が付かずに、人に嫌な思いをさせてしまっていることもあるということに、気づかせて

くれたのだから。

なかなかそれを気づかせてくれる人はいないと思う。

やはりNちゃんはソウルメイトで、私に大切なことを気づかせてくれたのかもしれない。

メールの中に、「立派な仕事をしているようなこと言わないで」とか「えらそうに」とか「あまい」とか

あったけれど、それは私の心には入ってこなかった。

まったくそんな気持ちはなかったから。

それはNちゃんの取り方であって、私は、今の仕事がそれほど立派な仕事だとは思っていないし、

えらそうにしたこともないし、あまいと言われても、私がしている仕事が楽しいのだから、

それでいいのだと思っている。

Nちゃんは、コールセンターの仕事歴もあるし、先輩という気持ちでいろいろアドバイスしてくれた

けれど、それがほとんどネガティブなものだった。

コールセンターの仕事って、こんなに大変な仕事なのよって、教えてくれたのに、

私が仕事を楽しんでいたのが、Nちゃんの気持ちを傷つけたってことなのかも。

私が今の仕事に決まったことを電話で言った時も「フリーダイアルの電話って、へんな電話が

多いのよね。」とかNちゃんの仕事の有るコールセンターの仕事は、お金にからむことなので、

大変ってことを言っていたのに「floraも、ここに来ればいいのに。」って。

私の仕事が決まったことを喜んでくれず、大変な仕事を一緒にやろうって・・・。

そのとき、私の中で「???」がいっぱいだった。


私が仕事にも人間関係にも家族にも恵まれているには理由がある。

私がそれを望んだから、そして、行動したからそれを手に入れることが出来た。

今の仕事は直感で、「この仕事がしたい!この会社で働きたい!」と強く思って行動した結果だし、

人間関係でうまくいっているのは、私は周りと調和したいという思いが常にあり、

人には親切にしたいと思うし、人のいい面を見て付き合っていきたいと思っている。

そう思うことで、周りにもそれが伝わって、いい人間関係が築かれていくと思っている。

Nちゃんにも、それに気づいて欲しいという気持ちが、私の中にあって、私の仕事のことを

言ってしまったと思う。

Nちゃんには、大切なことに気づかせてくれたことに感謝するけれど、今後は距離を置くしかないと

思っている。

あれほどまで言われてしまったので、普通の付き合いは難しい。

でも、決してNちゃんを嫌いになったわけではない。

少し距離を置いて、遠くでNちゃんの幸せを祈り続けたいと思う。

ここ1年くらいは、Nちゃんとの違和感を感じていたし、それは、Nちゃんも同じだと思う。

ずっと人間関係で悩んでいて、一時「人を許してみたら?」とアドバイスしたときに、

Nちゃんは「難しいと思っていたけど、やってみたら、簡単だった。人間関係が良くなった。」と

喜んでくれたので、私も本当に良かったと思ったことがあった。

でも、事態は元通りになってしまい、またNちゃんは、人間関係に悩み続けることになる。

もう、自分で気づくしかない。

私も自分でいろいろなことに、気づいてきた。

それで、今はとても幸せに過ごしている。

それぞれの課題がある。

私には、今回の事件は一つの試練だったと思う。

人にこんなキツイことを言われたのは、本当に久しぶりで、ショックだったけれど、

この事件を通して、いろいろと考えることが出来た。

Nちゃんに感謝します。

いつかNちゃんが、本当に自分の人生は幸せと思える時が来て、また以前のように

楽しく笑いながら会話が出来る日が必ず来ると信じて、今は少し遠くでNちゃんを見守ろうと思う。







怒りメール 

September 23 [Sun], 2007, 9:39
昨日、Nちゃんと久しぶりに飲んだ。

本当は、しばらくNちゃんとは距離を置こうと思っていた。

ずっと、職場の人間関係などの愚痴を聞かされ続けていたし、話もかみ合わなくなってきたので、

話をするのが苦痛になってきたから。

こちらからは、電話やメールをしないと思って、半年くらいそうしていた。

でも、先日メールが来て、逢うことになった。

また愚痴ばかりだったら、いやだな・・・と思いつつ行って話しをしてみると、

楽しい話題ばかりで、私も嬉しくなり、また以前の二人のように、会話を楽しんだ。

Nちゃんの新しい職場は、時給はいいけれど、仕事がなく、人間関係もあまり良くないような

話もしていたけれど、その職場に一人、よくしてくれる人がいるなどのいい話も聞けたし、

私も楽しい話しの流れで、私の仕事のことを話した。

私は今の仕事がとても気に入っていて、楽しく仕事をしていて、職場や人間関係に恵まれたと

いう話をし、Nちゃんも楽しそうに聞いてくれた。

その時Nちゃんはビールをジョッキ3杯飲んでいた。

その後、隣のイタリアンへ行き、楽しい話をして、白ワインを二人で1本開け、さらにNちゃんは

グラスワインも飲んだ。

「もう1件行こう!美味しい物が少し食べたいな」というNちゃんの希望もあり、

歩いていると、感じの良さそうなお寿司やがあったので、入り、日本酒を飲んだ。

Nちゃんはすごく飲んで、私はセーブしながら飲んでいた。

結局、日本酒を5本くらい飲んだかな?

お店も閉まるので、帰ることにした。

Nちゃんはかなり酔っていたけれど、まだ歩けたので、私はそのまま帰った。

Nちゃんと楽しく話しが出来て、良かったと思っていたら、朝、怒りのメールが入っていた。

私は見て、驚いた。

あんなに楽しく話しをしていたのに、Nちゃんがそんなことを思っていたなんて。

Nちゃんが仕事があまりうまくいっていないのに、私が仕事に恵まれた話しをしてしまったのが

いけなかったようだ。

私も気を付けていたつもり。

Nちゃんが愚痴が多かったり、悩んでいるようなら、私の話はしないようにしゆと心のどこかに

あった。

でも、楽しい話ばかりで、私もついつい、話してしまった。

それがいけなかったようだ。

「私のことバカにして。知らないで人のこと傷つけている。」

「立派な仕事しているようなこと言わないでよ!えらそうにしないで。あまいよ。」だって。

そこまで言われて、私もカチンと来てしまい、メールの返事は出さないかなと思った。

私はたしかに、仕事にも恵まれ、人間関係もとてもうまくいっていて、充実している。

Nちゃんはいつもいつも人間関係で、問題が起き、仕事にも恵まれない。

それなのに、私が話したことが「私はこんなに恵まれているの!それに引き替えNちゃんは?」と

感じてしまったのか?

そんなつもりは一切なかったのに。

一応、あやまりのメールを出した。

この先、Nちゃんとはもうつき合えないだろう。

気持ちがわかる 

September 21 [Fri], 2007, 12:15
先日、1冊の本を読んだ。

その中に、缶コーヒーを飲む人の心理が書いてあった。

仕事のストレスなどを癒す為、ホッと一息入れたい為、などの理由で、缶コーヒーを1日に

何本も飲む人がいると・・・。

それを読んで、元夫のことを思いだした。

元夫が、仕事中に1日5本も缶コーヒーを飲むと言っていた。

その時は、新婚でしかも子供が産まれたばかりで、お金がなく、月に17万円で、親子3人

生活をしなければならない状況だったので、1日に5本も飲むと聞き、元夫に言った。

「1日5本?それを毎日飲んでいたら、いくらになると思うの?

一月に1万円にもなるんだよ。それに、缶コーヒーには砂糖が沢山入っているから、糖分を

取りすぎになるでしょ?そんなこともわからないの!?」

当時の私は、少ないお給料に中で、どうやって生活していくかをかんがえるので精いっぱいで

元夫の気持ちなど、考える余裕もなかった。

でも、元夫は、家族の為に仕事を頑張って、その中でホッとしたくて缶コーヒーを飲んでいたんだ、

彼なりに、頑張っていたんだろうな・・・と思うと、泣けてきた。

当時は彼のことを「本当に頼りにならない人」としか思わなかった。

でも、この本の一節を読んで、気が付いた。

最近、人の気持ちをありありと感じることがある。

息子の部活の東京都の大会の開会式のこと。

朝鮮高校が入場するときに、日本式ではなく、北朝鮮の軍が行進するような行進の仕方で

生徒が入場していた。

それを見た時「この人たちは、日本にいながら、差別を受けてきたんだろうな。

いろいろな苦労があったのだろうな。」

少し、胸が痛み、目が潤んできた。

人はそれぞれの環境にありながら、いろいろなことを人生で学んでいるのだと思う。

辛い経験、悲しい経験をしながら、学ぶこともあるだろう。

でも、自分の人生は、自分の思うとおりになるということも信じている。

だから、息子が希望の大学へ合格することも信じている。

本当にそこへ入りたいという心からの気持ち、そして行動があれば、必ず夢は叶うでしょう。









ちょっと疲れた〜 

July 28 [Sat], 2007, 9:45
昨日は少し疲れた。

仕事でも、いろいろあった。

世の中には、いろんな人がいるな〜としみじみ思った。

いつも夫が、仕事で接する人の愚痴を言うのを、嫌な気持ちで聞いていたが、本当に、理解出来ない

人も世の中にはたくさんいるのだと、わかった。

今までは、それほど変な人には出会ったことがなかったから、わからなかったのかもしれない。

でも、この先、もっといろんな人と接することになるので、覚悟しておこう。

それから、私ベテランのTさんに失礼なことをしてしまったかも。

後で考えて、失敗したと思った。気をつけなくちゃ!

人間関係はいい会社だと信じよう。Kさんも言っていたし、自分が周りと調和しよう、人には親切にし

て、悪口や愚痴、不満などを言わないように、いい言葉を選んで使うようにしよう。

今までも、人間関係はそれで乗り切ってきたし、きっと大丈夫!!

嫌な事ばかりではないから、きっと、いいこともたくさんあるよ!

と、前向きに頑張ろう!

初お給料も入ったし、いい会社だし、頑張るぞ!!

先日Nちゃんから久しぶりに電話が来た。

前の会社では、辞めるまでの1,2ヶ月、人間関係が最悪になってしまったらしい。

そして、新しい会社でも、前日にいい感じだった人が、次の日にはそっけなかったと言っていた。

「私に問題があるのかな?」と言っていたけれど、私にはわからない。

いつもいつも、Nちゃんの愚痴を聞いてきた。

Nちゃんの味方をして、Nちゃんの話をよく聞いてきた。

でも、最近はもうそれに付き合うことが苦痛になってきた。

忙しいのはわかるけれど、夜の10時過ぎに電話をかけてくることも、少し非常識だと思うし、

それに付き合って、次の日の私の仕事に差し障ることは、勘弁してもらいたい、というのが

本音。

Nちゃんには本当にお世話になったし、感謝しているけれど、もういいかげんに、人間関係のゴタゴタか

ら抜け出してもらいたい。

自分で気が付くしかない。

こんなに人間関係でもめるということは、やはり、自分にも、問題があることに気が付いて、反省

することが大切だと思う。

そして、感じのいい人になれば、周りにもいい感じの人がたくさん寄ってくるのだと思う。

私も少し、反省しなくちゃ。

自分では気が付かないこともあるから、客観的に自分をみることや、周りを見ることも大事だと思う。

常に心を綺麗にして、人には親切に感じよく、思いやりを持って、接するようにしよう。

そして、人に対して「いい人」だという先入観を持って、接するようにすると、その人からも「いい人」だと

思われるのだと思う。

人間関係でうまくやるには、それがとても大切なことだと思う。

Nちゃんは、私がメールをしても自分にピンとこないメールには返事をくれない。

そんなところも、なんだか疲れてきた。

自分で気が付いて、いい人生を歩んでくれるといいな。

Nちゃんが幸せになってくれると、私も嬉しい。

周りのゴタゴタ 

July 23 [Mon], 2007, 8:56
私自身や、私の家庭や仕事はとてもうまくいっているのだが、周りがとてもゴタゴタしている。

どうして、私の周りでこんなにいろいろな面倒なことが起こっているのだろう?

なぜ、周りのゴタゴタを、私が見る必要があるのだろう???

義妹、せっかくマンションを維持出来た矢先に病気になって、働けなくなってしまったので、マンションを

売却するしかなくなってしまった。

私があの時あれだけ苦労して、マンションを維持するために頑張ったのに・・・。

病気になったのは、しかたがないこと?

でも、じぶんの健康管理が行き届いていなかったからでしょう。

お金の管理も出来なかった。

私は彼女を信じて、きっとこれから心を入れ替えて、しっかりとやってくれると思ったけれど、

その期待は裏切られた。

彼女はいつまでたっても、自分の母や子供を許していない。

そののエゴが有る限り、問題は解決しないでしょう。

なんてえらそうに言える私ではないけれどね。

私にだって、エゴはあるし、反省する部分はたくさんある。

でも、それに気が付いて、反省して、これからはそれを乗り越えていくことが大切なのだと思う。

今日も、夫に「金融業者に関しては、私が対応するけれど、マンションの売却に関しては、

あなたと子供たちが中心になってやってほしい。」と言ってしまった。

それは、夫が母と電話で話ているときに、「FLORAも、8月は旅行でいなかったりするから・・・」

と言っていたから、「なに?マンションの売却も私がやらなくちゃいけないの?」と思ってしまったのだ。

そこまで私がやるなんて・・・もう出来ないよ。

あの時だって、すべて私がやって、ものすごく大変だったんだから。

それほど大変な思いをして、維持できたのに、半年後にはこれだもの。

私だって、金融業者にこんな話しを持っていくのは辛いし、気が重いよ!

私も仕事を始めたし、マンションの売却に時間を取られることは、勘弁してもらいたい。

という気持ちだったと思う。

でも、そこまで言うと、絶対にこじれると思ったから、言わなかった。

現に、夫はイライラした口調で「マンションの事に関しては、自分がやるし、子供達にもやらせるけど、

自分なにもしないなんて・・・」

「私はなにもしないなんて言ってないよ。手伝うことが有ればもちろんやるよ。ただ、あなたと

子供たちが中心になって、やってほしいとおもったから言っただけ。」

「そんなことわかっているのに、わざわざ言われると面白くない。」みたいなことを言っていた。

もうこじれるのが嫌だったから、「この話はもうお終い!」と言って終わらせた。

なんでこんなことで、私たちまでもめなくちゃならないの!!

でも、あまり拒否反応を示すことはしないほうがいい。

だって、私の家族にもこれから問題が起こらないとは言えないし、その時に夫から冷たい反応が

きたら、私だって辛いから・・・。

お互い様だから、私もできるだけ協力はしなくては・・・と思っている。


でも、思いで現実は創られることを知っていたので、出来たことだと思う。

だから、今回の仕事でも毎日「きっと今日はいいことがある!。」という明るい気持ちで

仕事に臨んでいる。

そうしたら、とてもいいお客様からの電話を受けた。

「美味しい物を作ってくれて、ありがとう。」と言われた。ものすごく嬉しかった。

こんなこともあるのよね。現実に。

だから、気持ちの持ち方次第なんだと思う。

私はこの仕事がとても好きだし、自分に合っていると思う。会社もとても好きだ。

人間関係も良さそうだし、長く働くことができそうだ。

今度海外へ転勤になるまで、続けたいと思う。

とにかく、自分自身はいい状態にいるのだから、周りのゴタゴタに巻き込まれないようにしたほうが

いいと思っている。

もっと言うと、私の光で周りのゴタゴタを光に変えるくらいになれば、すごくいいことだと思う。

そうか、私が光りを照らす役割になればいいのだ。

でも、どうやって?

私自身が、つねに、光ならどう行動するかを考えて行動するといいんだね。

そうか。

今の世の中に必要なのは、光なんだ。

私が光を照らす役をするために、今周りのゴタゴタを見ているのか・・・。

そうだったね。

私は光を照らす為に、この地球に降りていたのだから。

今、世の中でいろいろなことが起きている。

でも、それに巻き込まれないで、自分の心の光を大切にして行動していけばいいんだね。

それを周りの人に伝えなくてはいけないのね。

それが私の仕事。使命。




鑑定の難しさ 

May 19 [Sat], 2007, 8:06
昨日の夜、占いの鑑定依頼がきたので、9時から鑑定をすることになった。

依頼人は、36歳の独身女性。

スカイプも家電も使えないとのことなので、信用して、自宅の電話番号を伝え、9時にかけてもらった。

話を聞いてみると、旅行には行くけれど、少し閉じこもり気味で、対人恐怖があるらしい。

不倫をしているが、相手から連絡がこなくなったとのこと。

でも親がうるさいので、結婚したい。

今回は、私の鑑定がうまくいかなかった。

彼女は不倫の詳しい状況を話してくれず、(ややこしいらしい)、私の鑑定では、彼の気持ちはうしろめ

たいことはしたくない、奥さんのしられたくない、と言うことを、カードに出ていた通り伝えると、

「そんなことはわかっているんです。」

「結婚したいなら、不倫を終わらせて、新しくスタートしたほうがいいですよ。」

と伝えても、不倫の彼のことが気に掛かっている様子。

全然聞く耳を持ちません。

しまいには、イライラした口調になって、返事もしなくなり、私はなんとか冷静に言葉を選んで

話をしたが、納得がいかない様子だった。

趣味もなく、仕事もしていなく、自分に自信のない子が、親の「結婚しろ攻撃」から逃れるために

結婚したいといいながら、結婚相手になかなか出会えないから、身近なところで不倫に走ったと

彼女が言っていたけれど、考え方が間違っているし、それではいつまでたっても、相手は

見つからないだろう。

そこのところを上手く、相手に不快な思いをさせないよう、言葉を選んで伝えようとしたけれど、

難しかった。

はっきり言った方が良かったのか?

結局彼女は結婚したいから鑑定して欲しいと言いながら、本当は不倫の彼との関係を

聞きたかったのだと思う。

別にその彼と結婚する気はないと言いながら、「じゃあ、こちらから終わりにして、新しい気持ちで

結婚相手と出会えるように、行動してみたら?スタートのカードが出ていますよ。」

と言っても、働く気はない、やりたいことがない・・・では、なにも起こらないでしょう。

でも、占いで、「新たな出会いを探さなくても、知り合いの中に候補がいる」と出ていたので、それを伝え

ると、「いないです。」と。

私も矛盾したことを言ってしまって、後で後悔したのだけれど、その後、「家にいる生活から、

外に出て、いろいろな人と出会うようにすると、その中からいい出会いもあるんじゃないですか?」

「家にずっといて、人と接していなければ出会いはないですよね。」

と言ってしまった。これはカードに出ていたのではなく、私の考えだった。

「閉じこもり気味」と言っていたことを思い出し、まだ心にトラウマがあるのだと思い、(親に虐待されてい

た過去がある)「精神的なことは、私の領域ではないので、よかったら、カウンセラーとかに

相談してみたらどうですか?」

「まだ、親のことを許せない気持ちを持っているのでは?」と言うと、

「もう親のことは許しています。それに、以前はもっと辛い状況だったけど、自分自身で克服して、

今の状態にまでなったから、カウンセラーには相談する必要はないです。」

彼女は外見に対してもコンプレックスを持っているので、そのコンプレックスがある以上、

先には進めないでしょう。

コンプレックスよりも、自分のいいところを強調して、前向きに心を綺麗にしていくと、

素敵な出会いも待っていると思いましたが、彼女のふてくされた調子を聞いていると、

なかなかうまくアドバイスすることが出来なくなっていった。

「結婚相手との出会いはいつ頃ですか?」と聞かれたけれど、

「それはわかりません。」と言ってしまった。

「あなたが不倫を解決して、前向きに結婚相手と出会いたいと行動したときに、出会いのチャンスが

でてきますよ。」

と伝えるべきだったかも。

多分彼女は私の鑑定に不満を持っていると思う。

鑑定料ははいらないかもしれないけれど、しょうがないか?

彼女がこんな占いなら、お金払いたくないと思うなら、私はあきらめる。

でも、1時間以上も私の時間を提供しているのだから、鑑定料はもらっていいと思うけれど。




Nちゃんと久しぶりに逢う 

April 20 [Fri], 2007, 10:51
先週Nちゃんから久しぶりに電話が来た。

もうすっかり対人恐怖症は良くなったみたい。

本当に良かった。

水曜日に、大手町で逢うことになったので、本当に8ヶ月ぶりで逢ってきた。

以前と変わらない明るい笑顔で遅れてやって来たNちゃんを見て、嬉しかった。

私たちの関係も、以前と同じように戻った。

Nちゃんは私の誕生日を覚えていてくれて、その日、私への誕生日プレゼントを持ってきてくれた。

「イルカ」の絵がかいてある、アロマランプ。

私がイルカ好きなので、選んでくれた。

私の為に、探して選んでくれたことがすごく嬉しくて、泣けてしまった。

プレゼントもうれしかったけれど、Nちゃんと以前のように仲良く話してくることも

とても嬉しかった。

手帳に書いて置いた、私の望みの一つが叶った。

Nちゃんは、職場の人間関係も順調のようだ。

本当に良かった!

Nちゃんは仕事頑張っている。

私もYの為にしっかり働いて、お金を稼ごう。



誕生日も過ぎて・・・ 

April 14 [Sat], 2007, 17:14
4月8日の誕生日も過ぎ、43歳になりました♪

年をとりたくない・・・とは思わないけれど、最近は目の回りのシワが気になるお年頃です。

アイクリームくらいは使わないと、この先どうなってしまうのか。

最近お金にケチっていたけれど、仕事も決まったし、少しは自分に投資しよう!

やはり自分で稼ぐお金があるほうがいいね。

自分で好きなように使えるものね。

でも、私には目標があるのです。

Yの大学の入学金と1年分の授業料100万円を2月くらいまでに貯めるのです!!

必ずやります。その為に働き出したのだからね。

最近ジムに行き始めた。

区でやつているから、とても安いの。

1回350円。昨日は沢山運動してきた。エアロビはけっこうきつかったわ〜。

でも、久しぶりに汗をかいたので、さわやかな気分だった。

夫が「なんだか今日は綺麗だね。」だって♪運動して、爽やかな気分が内面から出てきたのかな?

今日は水着も買ったので、これから水泳も頑張ります。

やはり春はいいよね〜。

最近はまっていることは、ペンキを塗ること。

Yが昔図工の時間に作った本棚に、カビが生えて凄いことになっていて、Yは「これもういらない。」

といったので、カビをきれいにして、白いペンキで塗ってみたら、とても素敵になったの。

早速、寝室に置いて、コレクションしているテディエンジェルたちを飾った。

そして今日は私の自転車を白く塗った。

けっこう大変な作業になり、塗りむらもあるけれど、白くて素敵な自転車に生まれ変わった。

満足している。

春は楽しいな。

お掃除もはかどるし、外もぽかぽかして気持ちいい!

これから仕事もジムも、占いの仕事も、いろいろなことも頑張るぞ!!

仕事 

March 12 [Mon], 2007, 10:50
昨日の新聞の折り込みの求人広告で、すぐ近くで週3日で、電話のお仕事が出ていた。

近いのはとても魅力的だし、週2は9時から5時、土曜日だけは9時から1時のシフトで

やれば、月8万円の収入になる。

平日の空いている日に、占いの仕事も出来るし、ドロップシッピングも準備して、少しずつ

やっていきたい。

いずれはドロップのほうで、月に10万円くらい稼げるようになったら、近くの仕事は

やめてもいいと思っている。

とにかく、今は月8万円くらいの安定した収入が必要なので、どうかこの仕事が決まればいいな!

それにしても最近はメッセージがたくさん届いている。

先日も夢に「3」と「0」の数字が出てきた。

わたしの使命について、すべきことをしなさいというメッセージらしい。

でも、なにをしたらいいの?

今はブログなどで、多くの人にメッセージを送り続けているし、占いの仕事も、人のお役に立って

いると思っている。

できれば、私の本を出してもっと多くの人に、「願いは叶う」ということを伝えたいと思っている。

ブログに書いたことは、本にしたので、手元に届いたら出版社に問い合わせてみるつもり。

うまくいくかどうかはわからないけれど、とりあえずやってみたい。

本を出すのは私の夢だったから。

以前、フードコーディネーターの勉強をしていたときは、自分のお料理本を出すのが

夢だった。

今は私の願望を叶える方法を、多くの人に伝えたい。

そして、一人一人が自分の人生を自分の意志で歩めるようになり、周りの人を許し、

周りと協調していけたら、すばらしいと思っている。

だから、私もドロップを成功させたい。

ある程度、お金が入るようになれば、両親にも仕送りができるし、自分の好きなことが自由に

出来るようになる。

節約して、好きなことも出来ない人生はつまらない。

旅行にもいきたいし、楽しいことをたくさんしたい!

この間、大きなショッピングモールへ行ったら、気づいたことがあった。

そこには素敵なグッズがたくさん売られていて、私はワクワクしながら、ウィンドウショッピングを

楽しんだ。

世の中にこんなに素敵なものがたくさんあるのに、我慢ばかりしているのはどうなのだろう?

たしかに、物を持たない生活も、地球温暖化の防止の為には必要なのかもしれない。

でも、環境にも配慮されたたくさんのグッズもある。

そして、そのグッズ達は私を楽しませてくれる。

素敵なデザイン、素敵な機能。

別に高級品が欲しいとは思わないけれど、好きなものに囲まれて生活したいし、

旅行へ行って楽しみたいし、友達と語り合いたいし、映画を観て感動したいし、

美味しい物を食べて、幸せを感じたい。

だって、私たち人間は、楽しむためにこの世に生まれてきたんだもの。

自分の人生を楽しまなくてどうするの?

自分が幸せな気持ちになると、その幸せを周りにも伝わっていくのだと思っている。

だから、私はいつもHAPPYでいたい。

これからやりたいことも沢山ある。

週3日の仕事もしたいし、英会話も上達したいし、ジムにいって運動したいし、

旅行もしたい、温泉にも行きたい、ヨガもしたい、ドロップを開店させたい、本を出したい、

きれいになりたい、体重58Kgになりたい、ハワイ、沖縄、ペナン、マイアミにいきたい、

ボランティアもしたい、ドロップでの儲けの1割は寄付したい、占いのお客様を増やしたい、人が

前向きに人生を歩んでいけるお手伝いがしたい、パワーストーンを売って、幸せのお裾分けがした

い!!!!!

今日はお天気もよくて、春のような陽気だから、気持ちも晴れているのかな?

なんだか元気になってきたぞ。

今日はRちゃんが家に来て、相談にのることになっている。

なにがあったのかはわからないけど、いい方向へいけるよう、また天に祈って導いてもらいましょう。

今日はRちゃんのために、フルーツロールケーキを焼いた。

美味しいって言ってもらえるといいな♪

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:flora48
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる