羽山でオランウータン

June 22 [Thu], 2017, 21:51
心臓病などの生命にか代わるかもしれない重大な病気の引き金となるひとつの原因となるものは、動脈硬化と言われていますよね。それらの怖い病気を予防したいと思う方は、ご飯を改善することがまず大切ですが、コレステロールの多い食品を減らすことが必要なことです。

とてもよく耳にする言葉ですが、動脈硬化という病気の実際の定義について、ご存知ですか?動脈硬化というのは、血液の中の成分に、中性脂肪やコレステロールなどが増加することや老化していくことが原因となり、血管が硬くなるという症状です。
大人もコドモも好きな、甘いジュースやオヤツ。そういった食べ物をたくさん食べているとサラサラの血液ではなくなってしまいますよね。

中性脂肪も増えるため、血液の状態が老化するため、動脈硬化も進み、血管がもろくなる、要因になるのです。
健康診断の時などは、コレステロールや血圧、中性脂肪といったものを気にする人は非常に多いですが、血管の健康度にも、注意することが大切です。動脈硬化とは、自覚症状が少なく、進行していることがとても多いため定期的なチェックが大切です。

いわゆる健康的な血管と動脈硬化をふくむ病気が進んでしまった血管は、何かが違うのだろうか?動脈硬化など血管が硬くなってしまう病気の原因となるのは、さらさらではない血液が流れることにより、血管の中の壁が厚くなり、通り道が狭くなってしまうということです。


魚の卵や鶏卵、レバーなどは、沢山のコレステロールがふくまれる食べ物です。

それらを食べすぎると、血液の中の悪さをするコレステロールが増えて、血液がドロドロになってしまうんです。

そういった血液の状態は、危険な動脈硬化を引き起こしかねない。



ここ数年は、血液サラサラ成分をふくむサプリなどに、すごく人気があります。
ネバネバの納豆などは、その有名な食べ物なのですが、サプリメントを使っている方も、少なくないでしょう。
それらを使って、血液をサラサラに保ち、動脈硬化を予防することは大切です。

人間が老化するのと同じように、血管も老化していきます。血管が年を取っていくため、いずれは誰でも動脈硬化になりますが、加齢以外に予想される要因のひとつとして、血液の状態が良くないことがあります。血糖値や中性脂肪が高い方などは、注意が必要なんです。

若々しく健康な血管は、しなやかでいて柔らかく、弾力もあるんです。
しかし、動脈硬化などの病によって硬くなり初めた血管は、もろく、壊れやすいのです。

そうなり初めると、ポンプの役割がある心臓に、大きな負担がかかります。さらっとした血液は、健康で良いという印象がありますよね。それとは反対にドロドロとしている血は、動脈硬化などの原因となります。血液を健康に保つために、肉や脂の少ないご飯、適度な運動習慣がとても重要です。生活習慣病を防ぐには、食習慣や運動習慣を整えることが必要です。
お肉や魚が不足した食生活は、血液をドロドロにする要因のひとつです。偏った食習慣や慢性的な運動不足は、放っておけば動脈硬化の要因となります。血がドロドロだと、血管が年を取り、動脈硬化の原因になると言われているのですが、なぜだかご存知だろうか?そういう血液には、コレステロールなどの脂肪がたくさんふくまれており、これが血管の内壁に入り込んでいくからなのだ。わが国の死因の中で、まあまあの部分を占めているのは、脳梗塞や心臓病などです。


それらの要因となっている症状のひとつは、動脈硬化なんです。
これは、サイレントキラーともいわれていて、全く気付かないうちにドロドロの血液が血管を傷めているのだ。
悪玉のコレステロールなどが増えることは、血液の状態を悪くし、動脈硬化が進行する大きなひとつの要因です。
だが、それ以外にも高血圧や肥満、喫煙の習慣などは、動脈硬化をひどくするリスクを増強する原因になるんです。

中性脂肪やコレステロールなどがたくさんふくまれた血液は、ドロドロとしていて動脈硬化の原因となります。

それらを防ぐには、運動習慣やご飯の改善が重要ですが、実はたくさんの人が感じているストレスと血管の状態は、か代わりあっているようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuhei
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/flomtrcrofwueh/index1_0.rdf