ラストダンス

October 27 [Mon], 2008, 19:54
「最後に踊ろうか」
「それもいいね」
 
禁忌の愛
許されない愛
悲しげな哀

鏡にキスをする
鏡と笑いあう
鏡と抱きしめあう

クルクルくるくる
真っ赤で大きな薔薇が咲く部屋で踊り合う
鏡と鏡は身体を真っ赤に染め笑いあう

「静かだね」
「誰もいないね」
「なんでだろう」
「さっき僕らが    」
「ああ、それもそうだね」

足元には小さな黒
危険な黒
引き金がついた黒

「そろそろいこうか」
「そうだねいこう」
「好きだよ」
「愛してる」
「狂ってるね」
「生まれた時からさ」
「それもそうだね」
「そうだよ」


鏡は笑いあう
引き金を引く
真っ赤な薔薇が咲く
手は離さない
笑顔は幸せだから
これでもう離れない







「双子でよかった」
「双子でよかった」
「いつも一緒だし」
「仲良しこよし。」
「異常だって?」
「そんなの知ってるよ」

傷付くのはいつも君の方だった

October 25 [Sat], 2008, 16:36
ごめん
 
「っ……ひ、くっ…」
 
君が何時も泣いてるのを知っていた
君が何時も目を真っ赤にしているのに気づいてた
君が何時も縋るような悲しいような目で見てるのに気づいてた
 
俺が浮気をする度に君が傷ついているのに気づいてた
 
(それを見る度まだ愛されてるんだとゾクゾクしたんだ。)
 
けどある日静かな家とあるはずの君の荷物がないのと、机の上の鍵を見て目の前が真っ暗になった
 
俺は自分で幸せをぶち壊したんだ
 
 
(それでもお前を見つけ出してこの腕に抱こうとする俺は狂ってる)

闇の中朱だけはやけにハッキリと。

October 25 [Sat], 2008, 1:30
「あ…あ゛、あっ……」


降り注ぐ雨が耳障りで冷たいの筈に
僕( わ た し … ? )の耳には何も届かない

静寂、だ


真っ暗闇
ぬるりと光る鈍い朱色


これはなに?


こ れ は 、 な ん な の


私( ぼ く … ? )は
なんなの


「あぁあああ゛あああ゛あ゛あっ!!!」



眠い…
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:胡帷黒猫
  • アイコン画像 血液型:AB型
読者になる
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像Kou
» 傷付くのはいつも君の方だった (2008年10月25日)
アイコン画像
» 傷付くのはいつも君の方だった (2008年10月25日)
Yapme!一覧
読者になる