『 ONE 』 

November 21 [Sun], 2004, 2:46

 その 壁 を  越えて みたかった

 その 殻 に  触れて みたかった


 なかは     こんなに   柔らかい

 そして     こんなに   あたたかい


 まだ まだ 平 気 …    何度も  登るよ
 
 まだ まだ 未 熟 ― 。  それも  解るよ


 だけど   あたしは    柔らかい

 今は…   此処では    諦めない



 嬉しい から      何度でも

 登って みるんだ   いつまでも


 この 光り は     何処までも

 届く はずだと     闇 までも …




 信じているから ――   どんなでも 。




 “ 最 初 は ひ と つ ” 

  そこから  産まれた …   見えない “ ONE ”


 “ 最 後 は ひ と つ ” 

  そこから  育 む …      消えない  “ ONE ”


『 with , wish... 』 

November 08 [Mon], 2004, 3:02

 大好きな   あなたを

 どうやって  連れていこう

 恋しげな   あなたを

 どうやって  包めるだろう


 同じ 想い を   宿す 指 に
 
 同じ 日々を   繰り返しても

 同じ 傷 に    泣ける ぬくもり


 こんなにも    あなたを・・・

 こんなにも    あたしは・・・
 
 どうしたら     救える?

 誰 に せがめば

 報われることが  許されるだろう


 with , wish...

 この 願い は   届くだろうか 。

 この 想い は   巡るだろうか 。


 その手に 落ちた   涙 を 超えて ──

 それでも 未来 は   願いと 共 に ・・・

 それでも あたしは   あなたと 伴 に ・・・



『 News 』 

November 04 [Thu], 2004, 7:19

 今日まで 走ってきた 日々が

 どうにか  報われたような 朝 ― 。


 光を 浴びるはずの 頬には

 何故か 涙が 溢れたんだ 。


 賞賛の 拍手も …   背中を 押す手も …

 その 同じ 手の中から  生まれる 言葉に

 どれだけ ここまで  歩けただろう 。


 その向こうに  あるものに

 触れることが  出来たから

 信じることを   知ったから


 きっと …   柔らかな 朝陽 の 中で

 また ひとつ  もらえたものは

 絆 を  繋 ぐ   消えない News...


 

『 お か え り 。 』 

October 27 [Wed], 2004, 4:14

 疲 れ た  羽 根 な ら
 
 こ こ で   癒 し て


 闘 う べ き  日 も 

 や さ し く  諭 し て


 小 さ な   そ の 手 を

 激 し く    守 っ て


 あ な た の  涙 は

 あ た し に  抱 か せ て 。



 「 お か え り 。 」



 た だ た だ  一 緒 に …

 眠 れ る    日 ま で 。


『 Lost Fate 』 

October 27 [Wed], 2004, 3:22

 運 命 を   削ぎ 落として

 見えてきた  骨 も 溶かして


 何 度 も  何 度 も   退けない 糸 で

 磨いて きたのは

 誰 の 運 命 ?    … それさえ 宿 命 ?


 受け入れたなら    味わい 尽くして

 堕ちても いい    一度は 変えて


 幾 度 も  幾 度 も   枯れない 糸 で

 引き 寄せるのは

 誰 の 運 命 ?     … どこまで 宿 命 ?



 堕とされてもいい    Lost Fate

 ただ 脱け出したい   My Life


 変えて くれるの ?   Your Fate

 変えて あげるよ …    Our End .


『 pocket 』 

October 26 [Tue], 2004, 16:16

 ふとした ところで 

 あなたに  逢 え た ―


 いつも 何か を   背負っているよな
 
 いつも 誰か を   待っているよな


 通り過ぎる だけの  言 葉 が

 今夜 は やけに   やさしく 凪がれる


 暗がり 続 く   その 果て  消えても
  
 後ろ姿 は    月 が  照らすよ …




 ふとした ことで

 あなた に   出 逢 え た ―


 長 い  道 の り …  歩いて 来たね

 今夜は  なぜか   それだけでいい



 ふたりは  そうか 。   これだけでいい ―



 互いの  pocket...    同じの  入れて

 ぬくもり  わずか    あるだけで いい ― 。


『 悲 鳴 。 』 

October 24 [Sun], 2004, 8:29

 いつだって  弱 い コ ぶってる

 そんなコ には  なりたく ないの


 誰よりも  可 哀 想 ぶってる

 そんなコ なら  ゴマンと いるもの


 とっても カンタン 。 すがって 生きれば 。

 … そんな 余裕 も   この手 に 無いから


 都合の いい   言 い 訳 よけて

 毎 日 産まれる   悲 鳴 を  呑み込み


 ホント の 独 り 。   見 せ て あげるよ

 ホント の 孤 独 。   眺 め て いてよ 。


『 プレゼント 』 

October 23 [Sat], 2004, 8:42

 私 が   抱えて いるもの

 そして   運び去ろうと するもの


 あなたは  ようやく    感じて いるはず

 なぜなら  それらを    愛して いたもの



 ここから   消えて いくもの

 そして    忘れ去られようと するもの


 あなたに  ようやく    返して いけるわ

 なぜなら  こんなに    愛して いるもの

 

 リボン の 端 を   スルスル  ひいて

 ココロ の 隅 に   クルクル  巻いて


 最 後 に  ひ とつ    届けたかった

 だ け ど  さよなら …   プレゼント 。


『 TOO LATE , TOO HATE 』 

October 23 [Sat], 2004, 7:52

… そ こ に  行 け ば

 あなたに  逢えるの?
 

… こ こ に  居れば

 あなたは  振り向く?
 

… 何 処 を  探 せ ば

 ふたりは   溶け合い


… 過 去 を  捨 て れ ば

 未 来 は   明 る い ?



 TOO LATE

 遅すぎた  現 在 を


 TOO HATE

 どうしても  愛せない ――


『 泡 葬 』 

October 21 [Thu], 2004, 6:22

大 丈 夫 だ よ ―

このまま …  このまま ……


どうか   おだやかに

どうぞ   やすらかに


差し延べられた  手 は

も う  何 処 に も ない


このまま …  このまま ……

静 か に   運ばれて

密 か に   葬 ら れ


このまま……  そ う 望むだけ

静 寂 と  戯 れ て


永 遠 に ― 。


た だ  永 遠 に と  望むだけ ……



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:堀井朋子
  • アイコン画像 趣味:
    ・アート
    ・写真
    ・ビューティ
読者になる
最新コメント
2004年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
http://yaplog.jp/floating-moon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる