インナーマッスルで腰痛予防その1

July 02 [Tue], 2013, 21:53
みなさんは、腰痛に悩まされたりしていませんか?
持病として、いつもヘルニアでお困りの方もいらっしゃるでしょうね。
また、無理な姿勢で仕事をしていると、腰痛が出てくる方もいらっしゃるでしょう。
私は実家のキッチンなど、ちょっと低い台所でお料理をすると、すぐに腰が痛くなります。
自分の背に合わない作業台の高さは、体にとって苦痛なのです。

そうならないために腹筋を鍛えていたころもありました。
「腰痛には腹筋、背筋を鍛えると良い」と聞きますから、腰痛予防のため、一生懸命、筋トレをしている方も多いと思います。
ですが、腹筋だけを鍛えすぎたり、背筋が弱かったりすると、筋肉のバランスを乱すことになり、体に良くありません。
最近、腰痛予防について、わかってきたことはインナーマッスルが腰痛に大切だと言うことです。

腰痛を予防するためには、腰を支えている深層筋と言う筋肉を鍛える必要があります。
普段から背骨を支えてくれる深層筋は、インナーマッスルとして代表的な筋肉であり、これを強化すると腰痛を予防出来るのです。
特に椎間板ヘルニアの方は、背骨周囲の筋肉、そして骨盤周囲の筋力を鍛えることで予防できるのです。
そして、その筋肉がインナーマッスルと言うことになります。
ヘルニアだけでなく、腰痛全般を予防するためにもインナーマッスルを強化しましょう。
では、どのようにしたら、それらの筋肉が強化できるのでしょうか?
インナーマッスルを強化するためには、一般にエクササイズが知られていますが、簡単なストレッチでも良いのです。



腎臓がんについて
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:float083
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/float083/index1_0.rdf