浜川と穣(みのる)

April 23 [Sat], 2016, 18:19

我々が生活をするためには必要で、身体の自力では作れず、身体の外部から取り込む物質などを栄養素と呼んでいます。

一般人の私たちはあまり食品についての、栄養素や成分量をしっかりと把握するのは困難かもしれません。正確でなくても指標がわかっていれば充分でしょう。

俗にいう生活習慣病とは、毎日の食事内容や運動を常習化してるか、飲酒と喫煙の習慣、といったものが、その発症や進行に関わっているされる病気の種類を言います。

栄養はとりあえず取り込めば問題ない、という訳ではないのです。取り入れる栄養バランスが悪い場合、健康状態が悪くなることもあるし、身体のいずれかの箇所に障害が現れたり、病気を発症する人がいるかもしれません。

元気のいい働き蜂たちが女王蜂に生成を続け、女王蜂のみが一生摂取する貴重な食事がローヤルゼリーというものです。66種類の栄養分が詰まっているのです。


投薬治療方法だけでは生活習慣病は「治療完了」とはならないに違いありません。お医者さまも「薬を飲んでいれば治るでしょう」と言ったりしないのが当然です。

ストレスが勢いを持つと、心身にネガティブな影響が出ることでしょう。病気になったり血圧が上昇する可能性だってあります。女性であれば生理不順になる場合だって時々あります。

便秘が原因でポコッと出たおなかを細くしたいと考えて、過剰な節食をすると反対に便秘自体に影響を及ぼしかねない危険性も高くなります。

酵素には普通、私たちが摂取した食物を消化して栄養素に変貌させる「消化酵素」と、新しく別の細胞を増加させるなどの身体の新陳代謝を操る「代謝酵素」の2つの種類が存在すると言われています。

「サプリメントを取ってさえいれば栄養素を気にしなくても問題ない」という食生活はお勧めできず、「食事で賄えない栄養素をサプリメントにサポートしてもらう」と心がけるのが健康な身体づくりのためと言えるかもしれません。


過多なストレスは自律神経を錯乱させ、交感神経をも刺激してしまいます。それによって正常な胃腸の運動を鈍化させ、便秘がおこる主因になるかもしれません。

心身が患うのを予め阻止することは、ストレスを溜めたりしないように気を付けることが大切ではないかと思う人も多いかもしれない。だけれども命ある限り、ストレスからは絶対にフリーにはなれない。

連日のように肉やファーストフードを非常に多く食べるのが好きな人、ご飯やパスタなどの炭水化物で充足する食事が好きだと言う皆さんに、是非とも青汁を推奨したいと言ってもいいでしょう。

便秘をなおす食事、ビフィズス菌などの菌を増やす食べ物、生活習慣病発症を予防すると言われる食事、免疫力を高めてくれる可能性を秘めた食べ物、とれをとっても元は同じに違いありません。

「健康食品」という名前からどのような感覚が浮かぶのでしょうか。まず健康を保持したり、病気の治療を促したり、その上、病気にならないサポートという印象も浮かんだことでしょう。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:モナ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/flepgatatactrm/index1_0.rdf