シートカバー 

February 05 [Fri], 2010, 19:19

車の室内で、快適なドライビングを保ち、居住性を支える重要なパーツがシートだろう。また、シートは室内のインテリアの中で室内のイメージを決める部分でもある。その為、インテリアのイメージを一新するには、シート生地の張替えや、シートの交換など大掛かりなカスタムが必要であるが、比較的簡単に行う事ができるのが、シートカバーの利用だ。

シートカバーは、車種別に専用設計されたものを利用すると、シートを交換したような仕上がりにすることが可能。標準的なファブリックではなく、本革シートのような風合いになる。また、本革やファブリックでは無い、合成皮革なので汚れやシミにも強くなる。

こんなシートカバー製品が、フレーダーマウスのシートカバーだ。フレーダーマウスシートカバーは、全製品車種専用設計、国産車300車種以上に対応。シートカバーの生地も、低価格で提供されるスタンダード・ブラック、スタンダード・ベージュを始めとして、ワイルドな魅力が特徴のクロコダイル。イタリアの高級ブランド品を思わせるイントレチャートなどのレパートリーがある。また、オーダーメイドで自分だけのデザインのシートカバーにカスタムする事も可能。シートカバーのデザインパターンやステッチカラーの変更で、シートが全く違うものに生まれ変わります。

こんな魅力あるシートカバー製品が、軽自動車1台分で9800円より。アームレストや小物入れなどにも対応。前席背もたれ部の背面には、ポケットが付きます。自動車のシートカバーは、フレーダーマウスへ。

シートカバー

オーダーメイド フロアマット 

January 23 [Sat], 2010, 13:06




車内インテリアパーツの中で、人目にふれにくいフロアマットであるが、常に乗車者と触れ合っているもの、それがフロアマットだ。現在、カスタムやドレスアップを志す人達に人気のフロアマットは、絨毯タイプのフロアマット。フレーダーマウスのフロアマットは、車種・グレード・シート形状別専用設計で、全てオーダーメイド。全24種のフロアマット生地から素材を選択し、運転席のフロアマットには、2種/3形状のヒールパッドを選択可能。更に、フチを糸でかがるステッチカラーも19色から。フロアマットの仕上げに、オプションのエンブレムを取り付ければ、粋なワンポイントになる仕上がりに。新デザインのフロアマット、モノグラムは特に人気。フロアマットのオーダーは、フレーダーマウスへ。

ヘッドレストモニター 最安値宣言 

January 13 [Wed], 2010, 15:42


車載液晶モニターで、最も人気があるのはヘッドレストモニター。元々車内の装備として存在するヘッドレストに組み込まれるヘッドレストモニターは、フリップダウンモニターの様に新設するパーツではない為、車内での圧迫感が無い。また、ドライビング中に映像を楽しむ同乗者は、ナビゲーター役の助手席乗車者よりも後部座席に座る同乗者であることが多い。そういった意味でもヘッドレストモニターは、後部座席の同乗者にとって都合の良い位置に設定されているともいえるのだ。
このヘッドレストモニターが、7インチ2台セットで税・送料込みで¥20,000。9.2インチでも2台セットで\25,000円とお得な価格設定。この価格で、消費税と全国送料が含まれているのは驚きだ。ヘッドレストの枕の色はベージュとブラック。更にクロコダイル調レザーやイントレチャート柄などもある。液晶モニターは高級感溢れる木目調の枠にセットされ、茶木目と黒木目が選択可能だ。
お得なヘッドレストモニターは、フレーダーマウスにお任せだ。

ヘッドレストモニター

オーダーメイド フロアマット 

December 03 [Thu], 2009, 17:37


 自分だけのオリジナル カスタム パーツを求める人が増えている。自動車自体もディーラーで販売されるものだけで満足するのではなく、社外アフターパーツを使ったドレスアップを行うのだ。電装系や保安部品などとなると車検対応の事などを考え、作業を専門店に依頼しなくてはならなくなりかなり面倒だ。しかし、シートカバーフロアマットなど内装パーツは、自分で簡単に取り付けも出来お手軽なドレスアップといえるだろう。
 特に、フルオーダーで仕上げてもらえるフロアマットは、簡単で満足度も高い。絨毯タイプのフロアマットはペダル操作でかかとのあたる部分が擦り切れてしまいがちだが、フロアマットにヒールパッドが付いていれば、長く使える商品となる。多くの種類のカラーや模様から選択可能で、フチをかがるステッチの色を選択でき、エンブレムなどの取り付け加工を行えば、バリエーションは非常に多彩となり、自分だけのデザインフロアマットが出来上がる事になる。
 フレーダーマウスのオーダーメイド フロアマットなら、24種類の絨毯生地から選択でき、19色のステッチカラーと組み合わせが出来る。問題となるフロアマットのヒールパット部分も、3種のデザインパーターン、2種の材質を選択可能だ。
 フロアマットのオーダーはフレーダーマウスへ

フロアマット 

November 30 [Mon], 2009, 12:07


車内用のカー用品といえば、定番の商品はフロアマットだろう。自動車の車内をドライブに快適な空間とする為には、フロアマットは欠かせないパーツだ。メーカー製品は軽自動車用でも絨毯マットは2万円くらいしますが、社外品なら安く購入可能。フレーダーマウス製品なら9800円からフロアマットが購入可能だ。オーダーメイドのフロアマットは、絨毯の柄や質感の選択ができ、周りをかがってある糸(ステッチ)の色まで指定可能。各車種の型取りをした専用設計なので、メーカー純正品以上の仕上がりだ。勿論、運転席用のマットにはヒールパッドも付属する。さらに、フレーダーマウスのロゴをあしらったユニークなデザインの「モノグラム」といフロアマットは人気絶頂! オーダーは、電話、FAX、ネットから可能だ。

フロアマット

カーシートカバー 

November 17 [Tue], 2009, 19:36


自動車の車内で一番重要なパーツと言えば、カーシートカバーだろう。運転者や同乗者にとって肌に触れるものでもある上、長時間のドライビングではカーシートカバー自体の肌触りやクッション感が非常に重要となる。元々、自動車のシートは人間工学に基づいた綿密な設計のなされた内装品だが、自動車の価格に占める割合はそれほど高くない。ました、車輌価格を下げるときに一番に切り捨てられかねない存在でもある。しかし、シート自体のファブリックがコストダウンされても、カーシートカバーでしっかりと覆うことにより、シートは格段の違いを見せ付けてくれる。
カーシートカバーで車内をリフレッシュ!

ハイエース カスタム 

November 16 [Mon], 2009, 21:04


 仕事用のバンと言えばハイエース。しかし、最近のハイエース人気は、カスタムの方向性にも広がりが見られ、ミニバンやRV的な利用方法も多く見受けられる。
 その為ハイエースのパーツにも、方向性を考えたセレクトが必要となるだろう。フレーダーマウスでは、ハイエースのアルミホイールは、大きくタイプの違う2種類を用意している。一つはユーロ・ラグジュアリースタイルのクエルボ。美しいクロームメッキ仕上げが特徴のこのタイプは、RVやミニバン的な利用のユーザーが多いのかもしれない。リアのカーゴベイにベッドマットを入れたりするカスタムも多い。
 また、ディープリムタイプのデザイン、クエルボ8はワイルドなオフ・スタイルのオリジナル・アルミホイール。内装もワイルド&セクシーなクロコダイル調レザーで、小物アクセサリーも含めて統一感ある演出をして欲しい。
 エクステリア系のアイテムは種類が豊富だ。人気のイカリング付きプロジェクタヘッドライトや、LEDスタイルテールレンズなど最新の人気アイテムから、フォグやグリル、ウェザーストリップカバーなどのオーソドックスなメッキパーツ。コーナーカバーなどのスムージングパーツなど、ハイエースに関するカスタムパーツは、ほぼ全てが一気に勢揃いするのが魅力だ。標準車のみならず、ワイド対応パーツもある。

ハイエース カスタムと言えば、フレーダーマウス。

インサイト エアロ 

November 10 [Tue], 2009, 12:30


経常利益の予想が上方修正されたホンダは、その要因としてハイブリッド車のインサイトが堅調な事と、他車種も減税と補助金のおかげだと言われている。インサイトは、ハイブリッド車の2大雄として、とかくプリウスと比較されがちで、販売台数や人気の度合いでは、インサイトプリウスに劣ると言われる事も多いが、プリウスが3ナンバーのビッグカーなのに対して、インサイトは5ナンバーコンパクトカーなので、一概にこの両車を比較する事は出来ない。ユーザー層もターゲットもかなり違ってくるように感じるのは私だけだろうか?
では、インサイトのターゲットユーザーはと言うと、ホンダならではの車好きな20〜30代が中心となり、ドライブ自体を楽しむオーナーが多いのでないだろうか。そうすると、車のドレスアップやカスタムのニーズも、当然ながら大きくなってくる。インサイトのアフターパーツは、まだまだ少ない。フレーダーマウスは、インサイトユーザーをターゲットにしたカスタムパーツをフルラインナップ。インサイト エアロを始めとし、アルミホイールインテリアパネルシートカバーフロアマットヘッドレストモニターバイザーモニターなどドレスアップ アイテムがフルラインナップだ。
インサイトのカスタムパーツはフレーダーマウスへ。

インサイト エアロ

シートカバー オーダー 

November 09 [Mon], 2009, 19:46


シートカバーはシートを汚れから保護し、内装を一新する手軽なドレスアップ アイテムとして人気急上昇中だ。中でも、汎用品とは違い、車種別に設計されたシートカバーは、シートを取り替えるかシート生地を張り替えたように美しい仕上がりになる事が特徴。それだけに、シートカバー オーダーとして対応するメーカーも多い。フレーダーマウスのシートカバー オーダーは、国産300車種以上に対応し、ステッチのデザインパターン変更や、ステッチカラー自体の選択、パンチング処理の有無など多彩な演出が可能。更に、オリジナルエンブレムの取り付けにより個性をアピール。オーナー満足度も倍増です。
シートカバー オーダーも、フレーダーマウスをよろしく。

シートカバー オーダー

ヘッドレストモニター 

November 07 [Sat], 2009, 20:02


 ワゴン車やミニバンなど、多人数で乗り合わせるタイプの車が流行している現在、車内の後部座席に乗車している人にも、長いドライブを楽しんでもらえるよう、後部座席に対する車載液晶モニターが人気となっている。この車内モニターの代表と言えば、ルームランプやルーフに取り付けるフリップダウンモニターなのだろうが、大インチの液晶モニターを取り付けると、車内に圧迫感が生まれ、居住性自体が危ぶまれる。その為、既にある車内のシートに液晶モニターを取り付けるというのが、ヘッドレストモニターだ。
 ヘッドレストは、運的席、助手席に一つずつあり、ちょうどその後ろが後部座席となる事から、後部への映像サービスにはちょうど都合の良い位置にあるといえる。また、元々シートに座席した常態の頭の位置にある為、後部座席の乗車者にとっても、見やすい位置にある。小さなモニターを覗き込むように見たり、視線が安定しにくい場所にモニターがあると、車酔いの原因にもなり、リラクゼーションの為の映像サービスが逆効果にもなり兼ねない。ヘッドレストモニターの良さは、そんなマイナス要因が無い事だ。
 フレーダーマウスのヘッドレストモニターは、手頃な7インチとヘッドレストいっぱいの9.2インチが用意され、モニターの枠は高級感溢れる木目調仕上げ。フレーダーマウス製の全てのシートカバー製品と同じ素材で作られたヘッドレストモニターが用意されている為、フレーダーマウスのシートカバーと合わせて使えば、シートを新調したような仕上がりになる。ヘッドレストモニターの仕様は、シャフトが10mmと12mmのものが用意され、シャフトの間隔は150mm〜190mmまで動く設計になっている為、多くの車種に取り付けが可能だ。モニター部分のみの機能も、オートパワー機能やリモコン操作対応など、基本性能重視のしっかりとした機能設計が魅力。なによりも2台セットで¥23,100〜という価格設定は最大の魅力となるだろう。

フレーダーマウス 車載液晶モニター

ヘッドレストモニター

フリップダウンモニター

バイザーモニター