とりあえず… 

February 09 [Sat], 2008, 20:50
「考えてても何も始まらん!」と思い、携帯から。

本当は携帯で文字を打つのあんまり好きじゃないけど
二歳児を抱えるワーキングマザー(働いてるのは週三日だけど夫が忙し過ぎて平日は完全に母子家庭状態、しかも頼みの身内は新幹線で会いにいく距離にしかいないから多少大袈裟に名乗ってもいいよね☆)の身、
通勤電車の中くらいでしかチマチマやるタイミングがないので…


さて、主題に。

最近髪型を変えたのだけど
「量の少ないのが目立たない、手間のかからない髪型にして!」
と横着なオーダーをしたところ、2時間半後
「こんな感じでよろしかったですか…?」
の声で見上げた鏡の中に映っていたのは、まさかの実写版サザエさん。

そ…そうだったのか。
あのサザエの特異なヘアスタイルは産後の抜け毛に悩まされ、同居家族六人&タマの世話に追われる忙しさから生まれたものだったんだ。
そうかそうか納得ナルホドねぇ…

そんな閃きとは裏腹に
ずんずん沈んでいくこの気持ち、一体どうしてくれよう。
もう髪型ひとつで気分の決まるお年頃〜なんて歳でもないんだけど
年齢に関係なく、コレは、ヒドイ…

母にムスメを預けていたその日は修正する時間もなく
(修正など不可能な気さえしたよ。その時は)
チャラっとした若い美容師に恨み節を言う気力もなくて、泣く泣く帰宅したものの、
どうしても耐えられず限界を超えた私は
後日、自らジョキジョキとうなじ周辺の髪を切り落とした!!!!

すると…


なんとコレがとっても良い具合に(ワタシ的に)。完全にミラクル。一周まわって大成功?みたいな。「こんな髪型に一度してみたかったんだった!」「過去30年でいちばん自分に似合ってるかも」と思えるほどの納得の出来。かなりショートにはなったんだけどね。こんなに襟元がスースーなの、中学生以来かしら。

時には衝動に任せてみるのも手だなぁと、しっかり腰の重くなった最近を反省しました。


ちなみに今回、夫のリアクションは
「え、ソレで?」
(父が「若返ったんじゃないか」と励ましてくれたと聞いて)

「慣れたら普通に見えてきた」(3時間くらい経って)

「あ、リトルブッダじゃん」(セルフカット後)
という推移。

この”リトルブッダ(ドラリオンに出てくるキャラクター)”は私には相当嬉しいキーワードなので
髪型への満足度も、テンションも、そして私の中でこのところ厳しくならざるを得なかった夫の評価もアップしたのでした。めでたしめでたし。
(あ、ラストのは夫の計算だったりして)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fummy
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる