テニアン旅行記3〜2007年のクリスマス〜 

January 18 [Fri], 2008, 8:47
爆発した酸素ボンベや空砲が転がるジャングルを掻き分け進んでいくと、まずでてきたのは戦時中に掘られたトンネルでした

さらに道なき道を切り開き 急な斜面を滑り落ちるように下り こんな狭〜い隙間も通っちゃいます

旦那曰く、ラッソー台地には戦時中、野戦病院だった洞窟があったらしいと、うちのオーナーさんも言っていたそうですが、とにかくびっくりするほど多くの洞窟がありました残念ながら正確にはどの洞窟が野戦病院だったのかはわかりませんでした。。 ここは2階建てのようになった洞窟


2階部分から 左からスティシー・michiさん・コール先生


こちらは石を積んで作られた見張り台


この見張り台の先にも大きな洞窟がありました

古い靴底や『DAINIPPON BREWER』と書かれた瓶が写っています
この『DAINIPPON BREWER』と書かれた酒瓶は、飲み水を溜めておくのに使われていたそうで、洞窟やジャングルのいたるところで見かけました

それから、この洞窟には何に使ったのか、長いパイプがゴロゴロ…

牛の骨もーっ

コール先生曰く、この牛は近くの牧場で飼われていた牛が、戦後野良になってこの洞窟に迷い込み、出られなくなってしまったようで、戦時中に捕まえて食べたものではなさそうだとのこと 確かに奥には胴体の骨が綺麗に揃って残っていたし、ハイクの道中、当時牧場を仕切っていたのであろう朽ちたバラ線をあちこちで見かけました
たくさんの洞窟を見て周り、神社へと引き返す途中、先生が連れて行ってくれたところには、大きな大きなクレーンがありました

先生も日本軍のものか米軍の物かはわからないそう もう少し先には、日本軍のラジオタワーの残骸なんかもありました

ジャングルを抜けて神社へと辿り着いたときには、12時をまわっていました
8時にサンホセ村で集合してラッソー神社へやってきたので、約3時間半、ジャングルを歩き回っていたようです
神社に戻ってきたときの晴れ晴れとした達成感といったらもうっ(笑)
テニアンに住んでいても、何度テニアンを訪れても、こんな貴重な経験はなかなかできるものではありません。地形や土地をよく知っている人と一緒でなければ、絶対に来れるところではなく、今回のテニアン旅行は、このハイクに参加できて、本当に衝撃的で貴重な思い出になりました
コール先生には、心から感謝感謝です そして誘ってくれたmichiさん、ありがとうございました バナナもありがとう 生き返りました michiさんのHPから拝借したジャングルで3人並んでバナナを食べるの図


こちらも必見
ほぼ毎週参加しているmichiさんのHPPAPA COCONUTS TINIAN
コール先生のブログHikes on Tinian

テニアン旅行記2〜2007年のクリスマス〜 

January 17 [Thu], 2008, 13:08
テニアン6日目の土曜日は、michiさんからお誘いをいただき、北マリアナ大学で講師をしているコール先生のテニアンハイクに参加しました この日は旦那の兄夫婦が合流する日 みんなでサイパンにお出迎えに行って1泊してくるという予定だったため、間に合わなかったらいけないので、とっても行きたがっていた旦那は、私が道を覚えてきて後日案内するという約束で、しぶしぶ母上様とお留守番することに… しかしこの約束は守られませんでしたとさ、残念。。 だって2度と行けないような道なき道なんだものーっ
コール先生は遺跡や洞窟などの調査に加わって何度もテニアンのジャングルに入っていて、洞窟の場所や落ちている戦時中の物のこと、生えている植物の名前から毒の有無まで、本当にいろんなことを知っています そんなコール先生でもGPSの機械を使って、目的地と自分のいる位置をちょくちょく確認しつつ慎重に進むのです 一度行っただけの私が(しかも方向音痴なのに…)覚えて案内するなんて、できるわけなかったのでした

この日はラッソー台地のハイク コール先生のピックアップトラックに乗ってラッソー神社を目指します どうやら長い事ブッシュを刈っていなかったようで、辺りは草が鬱そうと生い茂っていました
コール先生のブログからお写真拝借しちゃいました 左からスティシー、私、michiさん、今回の参加者はこの3人+コール先生です

まずは神社の祠の横から、レーダーの台だった所へ登っていくと、素晴らしい景色が一望できるのですが…とにかく草ボウボウでよくわかりません
この写真は、60周年式典をやった時の写真

左手奥に見えるレーダーの台…近づいてみると、しっかりした石積みの台が綺麗に残っています

右のなだらかな傾斜の所から登ってみると、サイパンが一望できます

ここからは今回の写真 ジャングルツアーはこれからです 続く…


こちらも必見
ほぼ毎週参加しているmichiさんのHPPAPA COCONUTS TINIAN
コール先生のブログHikes on Tinian

テニアン旅行記1〜2007年のクリスマス〜 

January 15 [Tue], 2008, 11:16
テニアンからアップした時にも書きましたが、テニアン初日は休む間もなくの大掃除にとりかかりました
常夏のテニアン こもった熱気と湿気で、長期間家を締め切っていると、なんでもすぐにカビてしまうし、木の家具は膨張して引き出しは開かなくなるし、部屋の扉は閉まらなくなってしまいます 換気をしようにも網戸はホコリまみれだし、水道の水は茶色いし、ついでにゲッコーのも満載 なのでいつも、まずは旦那が外からホースで網戸に水をかけ、水圧でホコリや汚れを落とします これでタンクに溜まっていた古い水は全て出し切るので、水道の水も使えるようになります その間に、私は家の中の大掃除をして、なんとか生活できる状態まで達した時には日が暮れて、みんなグッタリ…
出かける元気もないけれど、をレンタルしなかったので、水も夕飯も注文できません まずはminako'sでディナーをテイクアウトでオーダーして、その隙にTinian Ice&Waterにお水を買いに行って、テニアンに来るとどうしても飲みたくなるペプシやピニャコラーダ、おつまみetc…お買い物をして、を受け取って帰宅しました
夕飯を食べてちょっと元気が復活したところで、今回初めて設置してみたハンモックに横になってみたらこれが快適

風通しがよいので、日陰になる昼過ぎからはとっても涼しく、お昼寝に最適 この奥にある洗濯ルームでお洗濯や乾燥機をかけている時は、待っている間によくハンモックに横になって、音楽を聞いたり、ゲームをしたり、居眠りしたりして過ごしました それから我が家の変化といえば、うちの庭の木がメチャンコ成長していたこと

私が初めてテニアンで台風を経験した時、窓枠から浸水してきた雨水を拭いていたら、この木の枝が折れて、バサッと窓に向かって倒れてきて、あと30cmくらいで窓ガラスが割れるとこだったということがありました その頃と比べると、倍以上の高さに成長していました それから庭のココナッツ

いつかここにハンモックを吊るそうと考えて植えられたという2本のココナッツ…でもなかなか背が高くならない。。 そんなココナッツが初めて実をつけていました 実は採りやすくていいかも… それから新顔『すず』

ママちゃんの子でしょう…どっからどうみてもそっくりです 最初は見慣れない住人達に、興味がありつつも警戒して近寄ってこなかったのですが、最後にはすっかり仲良しに 首に鈴が付いていて、毎朝チリンチリンと鈴を鳴らしてやってきます だからうちでは『すず(♂)』と命名 単純明快 ちゃんと飼い主さんに大事にしてもらって、幸せに育ってもらいたいと願います

テニアンの青い海と心地よい風と澄んだ空気は、いつ来ても変わりません

BLUE MAN 

January 05 [Sat], 2008, 23:12

本日、旦那と明治神宮へ初詣に行ってきました 5日ですが、まだまだ人は盛りだくさん いっぱいお願いすることがあるので、大盤振る舞いして¥500ずつお賽銭を入れてきました(←いつも¥5) あれもこれもそれもどうかよろしくお願いします…

それから新宿へ出て、遅ればせながらクリスマスプレゼントを買ってもらっちゃいました それは後日おうちに届いたらアップしましょ

さてさて今日のメインイベントはBLUE MAN GROUPのSHOW
チケットは旦那のお兄さん夫婦からプレゼントしていただきましたthankyou
BLUE MANの公演のためだけに六本木に作られた世界初の専用劇場、インボイス劇場へと向かいます
劇場前のイルミネーションと夕焼けがとっても綺麗でした

BLUE MANは様々なテクノロジーを駆使し『MUSIC×ART×COMEDY』が融合したエンターテイメント 観客参加型のこのSHOWは、観客みんながBLUE MAN達と一緒に舞台を作り上げている一体感があり、また観客同士にもなんだか不思議と一体感が湧き上がってきて、とっても楽しいSHOWでした 人の心理をついた絶妙な笑い、色彩と光の美しさ、BLUE MAN自身の技術の高さはもちろん、マジックショーを見ているかのような驚きのテクノロジーの数々…次は何が起こるかと、一時たりとも目を離せない素晴らしいSHOWでした


BLUE MAN激写(真ん中の人?)一緒に記念撮影(右か左の人
BLUE MAN一見の価値あり また見たいです

BLUE MAN GROUPのHP、是非ご覧あれ
http://blueman.jp/index.html

謹賀新年☆ 

January 03 [Thu], 2008, 16:20

遅ればせながら、あけましておめでとうございます
毎年毎年ですが、昨年も本当にいろんなことがありました
今年はどんな1年になるのかな…
今年も旦那諸共、フレームツリー☆をどうぞよろしくお願いします
皆様にとってHappyがいっぱいの1年になりますように

テニアンから☆ 

December 20 [Thu], 2007, 13:04
今年最後のお楽しみ怒涛の旅行ラッシュも最後…
第4弾はおなじみテニアンです
実は17日に日本を出発し、もう4日が経ちました
今回は旦那の母上様も一緒です

そしてもうすぐ旦那のお兄さん夫婦も合流して、一家勢ぞろい
前回は3泊4日でドタバタだったけど、今回は29日までと2週間弱あるので、の〜んびりと過ごしています
初日は家中の大掃除でグッタリだったけど、片付いてしまえば勝手知ったる我が家 やっぱりいいもんですね…
今テニアン宅にはテレビもPCもラジオも音楽プレーヤーもなく、携帯もないので、完全に世間から隔離されています 不便はあるけど、いつもよりも1日の時間がたくさんあって、自然とふれあう時間もあって、あー…こんな感じだったなぁー っとしみじみテニアン生活を懐かしんでいます
今日は旦那のオフィスから 次はまた帰国後に…

フィジー/マナ島旅行記6 

December 14 [Fri], 2007, 9:51
マナ島5日目の朝、チェックインを先に済ませ、マナ島最後の朝食です

帰りは船です 桟橋に向かうとスタッフが魚に餌をあげていました
覗いてみると、魚の大群がっ うーん…ちとキモい。。

遠くから船が近づいてくるのが見え、いよいよマナ島を出発です
スタッフの人達が歌と演奏でお見送りしてくれました

マロロ島とかトレジャー島とか、それからえ〜っと…いろんな島に立ち寄りつつ ビチレブ島に向かいます どの島もとっても素敵なリゾートアイランドで、2・3泊くらいずつ泊まって行きたい感じでした

キャストアウェイ島 映画『キャストアウェイ』のロケ地じゃない方の、本当のキャストアウェイ島です

ビチレブ島はフィジーのメインの島、この島には川がいくつも流れていて、川から流れ出る赤茶色の土色の水で、海はかなり汚めです フィジーという名前に騙されて、キレイな海を求めてビチレブ島に来てしまったら、かなりショックをうけると思います
私達は明日の朝の便でフィジーを発つため、ビチレブ島ナンディータウンにあるメルキュールホテルに1泊 安めのホテルなので、どぅかな〜…っと思っていましたが、とってもキレイで快適なホテルでした
ただベッドのサイズにかなりの差が…(笑) ジャンケンの結果勝利

部屋からの眺めも、オーシャンはありませんがリゾート感があってよしです

1日しかないので、とにかく最終日はお土産の買い物に走り回りました
なんせフィジーのお店はどこも夕方5時か6時で閉まってしまうというのです
6時までのお店でも、5時半くらいになると電気を消して閉店準備…フィジータイムは自由奔放です なんとかひと段落して、夕飯です
人口の4割以上をインド人が占めているというフィジー
ナンディーに行ったら絶対本格インドカレーを食べよう と決めていたので、HISのガイドさんにお勧めのカレー屋さんを聞き、事前に予約をしておいてもらいました
ナンディータウンにあるインド料理レストラン『Saffron(サフロン)』
アジアンテイストのおしゃれなレストランで、べっぴんしゃんなインド人の女の子達がいっぱいでした

やわらかく煮込んだお肉が贅沢に入っていて、激ウマ これは忘れられない味になりそうです 自家製焼きたてのナンもモチモチで美味しかったです
ナンディーへ行かれる機会があったら、是非お試しあれ

翌朝は5時起きで空港へ

本当にあっという間の5泊7日でした
大好きな友達と一緒なら、楽しいことは何倍も楽しく、雨が降ってガックリしても、船に乗り遅れてもアタフタしても、結局笑顔で楽しめてしまうのでした
今度はいつになるかわからないけど、きっと2人がおばあちゃんになっても同じように一緒に旅行してるんだろうなぁ〜…
さてさて、可愛い子(?)に旅をさせてくれた旦那さまに感謝して、家族孝行しなくっちゃ 長い間、読んでくださったみなさま ありがとうございました

フィジー/マナ島旅行記5 

December 13 [Thu], 2007, 11:03
マナ島4日目、快晴です

今日は朝からウェイクボードをしに行きました

私の初ウェイクはテニアンでした キレイな海でキレイな景色を眺めつつのウェイクボードは本当に爽快です

お昼の後は『シュノーケリングトリップ』というツアーに参加しました 一度は行ってみたいと思っていた”砂浜だけの島”に行きます
夢の島
マナ島のすぐ裏手に、真っ白な砂浜の島が見えてきました すると船がストップ ここからシュノーケルで行けとのこと 結構いい距離です…
お天気もよかったので透明度は抜群

サメ発見
ニモ発見
でもやっぱり泳ぎ着かれたので、ボートに拾ってもらって島まで連れてってもらっちゃいました
上陸
夢の砂浜でしばしまったり… 念願が叶いました
島に戻ると、ウェイクの時にもボートでお出かけの時にも見えていた、気になるスポットを目指してお散歩に行きました
くびれの所
結果、森でした 蚊盛りだくさんの森に入っていく勇気はありませんでした
手前のビーチは人が来ないので、さぞかしキレイなプライベートビーチ的なものを想像していましたが、潮溜まりになるのか波がなく、淀んだ感じ満載で、明らかに人がいるビーチの方がキレイだったので、浸からずに撤収…
でも多分これで島中ほとんど行きつくしたかと思われます 満喫
プールに浸かって帰り、シャワーを浴びたら、今日は予約したサウスビーチレストランでのディナーの日 ちょっぴしおめかししてお出かけです

私達の頼んだコースディナーのメニューは、ムール貝の香草焼き・野菜と魚のグラタン・柑橘系のシャーベット・そしてメインディッシュに私は牛を、Mちゃんは鴨のお肉をいただき、更にデザートでお腹いっぱい

美味しいディナーの後は、メインバーでカクテルを

ダンスフロアで踊る素敵カップルに見とれつつ、4日間のマナ島滞在が終了しました 明日はビチレブ島へ向かいます

フィジー/マナ島旅行記4 

December 10 [Mon], 2007, 16:05
マナ島3日目、今日は一番楽しみにしていた離島ツアー『シースプレイ号ツアー』の日 期待を胸に目覚めると、なんといまにも が降り出しそうな…ガックリです。。
とりあえず準備をして朝ご飯を食べ、パンフレットに書いてある出航時間10:30amに余裕を持って20分頃に集合場所のマリンスポーツショップへ行きました
するとなんとなんとなんと すでに船は出港したとゆうではありませんか
確かに私達の乗る予定だった船が海の向こうに小さく見えています
どうゆうことかと聞くと、集合はここに10:00amだったとゆうのです
なぜ私達がそれを知らなかったかというと、マリンスポーツショップでもこのツアーの予約はできたのですが、日本人がいるインフォメーションデスクでも予約を代行してくれるというので、私達は前日、日本人がいるインフォメーションデスクで予約をしたのですが…この日本人がクセ者でした
予約をしに行くと、すぐに電話をしてくれて「予約とれました」と
私達は満足満足で「ありがとうございましたーっ」とルンルン 遊びに出た後になって「あれ集合場所って…」とゆうことになり、何度かインフォメーションデスクを覗いたけれど、いつもお留守 その夜偶然レストランで遭遇したときに「集合場所ってどこですか」と聞いたら、マリンスポーツショップだと、それから行く島でショッピングができるからお金が少しあったほうがいいこと、タオルやマリングッツは出発前にマリンスポーツショップで借りておくことなどなど、説明が始まり「おいおい それって全部さっき言うべき事だったんじゃないの」と思いつつ説明を聞いたのですが、その時も集合時間のことは何も言っていませんでした 私達もちゃんと確認すればよかったんだけど、出航時間だけは英語のパンフレットでも読めたので、何も疑問に思わなかったんですねー…
マリンスポーツショップの人に「私達はインフォメーションデスクで予約したんだけど、集合時間の話は聞いてない」というと、すぐにどこかへ電話して、「オッケー すぐに準備して」と…すると遠くのシースプレイ号の方から、一艘の小船が引き返してくるではありませんか
「急いでアレに乗って」といわれ、その小船に乗り込むと、猛ダッシュでシースプレイ号を追いかけ始めたのです 待って〜〜〜〜〜〜〜〜

追い越したっ

このまま小船で行くのかと思い、ちょっとワクワクドキドキだったのもつかの間
湾を出た途端に激しい波に襲われ、いきなりジェットコースター状態に
ギャ〜〜〜これは絶対に無理だ〜〜〜っ と叫んでいたら、少し穏やかになった隙にシースプレイ号に近づき、急いで乗り換え
乗組員・お客さん一同に拍手で迎えられ、なんだか乗り遅れたダメな子達みたいで、「私達のせいじゃないのにさー…」っとブチブチ。。 でもホッと一安心
島と島の間を抜けて、小さな島をいくつも越えて、一つ目の目的地、ヤヌヤ島に到着です 

本当はここでカバの儀式というフィジーの伝統的な儀式を体験できたり、この島の民芸品を出店的なお土産屋さんでショッピングできたりするそうですが、残念ながら日曜日はどちらもお休みだそうで、島の小学校や村の様子をサクッと見学して終了 船に戻るとランチが並べられ、BBQの準備ができていました
みんなでランチを食べて 次の島へと向かいます
向かうは、トム・ハンクス主演の『キャスト・アウェイ』とゆう映画のロケ地になった無人島 モンドリキ島です
キャストアウェイ島という名前の島が別にあるのでちと紛らわしい

ビーチにココナッツの実で『CAST AWAY』と書いてあります

島に着いたら早速シュノーケリング開始 これが今回のメインイベントです
珊瑚いっぱい 透明度もかなり高いです
ただただ曇り空がうらめしぃ…

島を少し探検して、もう一度シュノーケリング…と思ったら出航の合図 帰り道、船の先端でタイタニックしようと思ったら、怖すぎて手が離せませんでした

帰りはかなりの船酔いモードで帰島…
着いた頃になって青空が… せっかくなのでプールでもうひと泳ぎ
プールと海が繋がってるみたいに見える素敵プールなのです

夜は唯一ドレスコードがある(ディナーのみ)予約制のレストラン、サウスビーチレストランに行こうと予約をしに行ったら、満席 明日の予約をして、今夜は昨日と同じノースビーチレストランのバッフェエリアで、本日のバッフェ『ヨーロピアンバッフェ』を食べる事にしました
これまたウマウマ パスタと具・ソースを好きにチョイスしてその場で作ってくれるパスタが激ウマでした

この日は夜の無料アクティビティーとしてサウスビーチでキャンプファイアーがあるはずだったのですが、天候やらなんやらの理由(←英語の説明でいまいち不明)で中止になってしまいガックリ。。 今日は1日 はたま〜にパラパラ程度だったけど に泣かされた1日でした
明日のお天気を祈りつつ、3日目の夜が過ぎていきました

フィジー/マナ島旅行記3 

December 09 [Sun], 2007, 10:50
マナアイランドリゾートでは、毎日違った無料アクティビティーが、朝から晩まで楽しめます
1週間のアクティビティー内容が掲示板に張り出されていて、自分の参加したいアクティビティーに自由に参加することができます
マナ島2日目は、遅めの朝食の後まずこの無料アクティビティー『サンセットビーチ送迎』でサンセットビーチに行くことにしました
集合場所に行くと私達2人っきり… カートに乗ってプライベートツアーに出発です
少し走ると教会を発見 ちょっと止まってもらって覗きに行くと、普段は開いていないそうなのですが、その日ちょうど結婚式がある関係で、運良く侵入できちゃいました ガラス張り一面の青い海夢のような教会…

教会前のビーチは誰もいなくて、まさに新郎新婦のプライベートビーチ状態

そこからカートでサンセットビーチに行ったのですが、なぜか止まらずそのままグルッと周って帰路に…
『サンセットビーチ送迎』ってゆうか、『サンセットビーチ周遊』
まぁ道はわかったし、歩いていけることもわかったので、今後は地図を片手に展望台までお散歩に繰り出しました

山道に入ると大きな木がいっぱい マナの力を吸収〜

頂上までにもいくつかの展望スポットがあって、休憩できるポイントもあったのですが、すでに大量の蚊の餌食になっていたので ゆっくり止まってはいられません

20分ほどで登頂

あっちもこっちも…

360℃海・海・海

下りは違う道を通っていくと、大きなガジュマルの木(多分?)がありました
登りやすい木を見ると登りたくなってしまうフレームツリー☆なのです
タウタウモナに心をとられちゃう

それから滑走路に遊びに行きました
こっそり侵入したわけではありません 自由に滑走路に入れちゃうのです
ちゃんと飛行機来ないか見てから入ってね だそうです

部屋に戻って水着に着替えると、今度は無料アクティビティー『魚の餌付け』に参加 数少ない海系のアクティビティーはやっぱり大人気のようで、参加者は20〜30人くらいいました
ビーチエントリーで、スタッフお勧めシュノーケルポイントへ行くと、パンをもらって魚の餌付け
透明度はご覧の通りいまいちでした マリンスポーツショップなどがあるメイン的なビーチなので、こんなもんでしょう

マリンスポーツショップではライフジャケット・シュノーケル・マリンブーツ・フィン・ビーチタオル・カヌー・小型ヨット・ウィンドサーフィンなどが全て無料で借りることができます
餌付けの後、私達はカヌーを借りることにしました
私は結構お上手 Mちゃんは乗るのに一苦労 進むのに一苦労 なぜかクルクル回ってました(笑)

それから夕日を見に不完全燃焼だったサンセットビーチへ歩いていきました
周遊した時チラ見した感じでは、とっても穏やかだったのに、波も高く、流れもかなり速そうだったので泳ぐのは断念 しかも肝心なお空も雲多め…
残念ながら夕日は拝めませんでした

部屋に戻ってシャワーをあびて、ディナーはバッフェスタイルのノースビーチレストランへ行きました
このレストランでは1週間日替わりでいろんなバッフェが楽しめます
この日はロボ料理のバッフェ ロボ料理とはフィジーの郷土料理です
きっとタロイモとかよくある南国料理だろうけど、せっかくだから食べてみようよと、実はあまり期待していなかったのですが、これがビックリ とっても美味しかったのです
確かにタロイモとかもあるんだけど、豚の丸焼きやチキンの丸焼き、スープや煮物系の物まで、どれをとっても美味しかったです感動

それからメインバーで夜の無料アクティビティー『メケショー』がありました
メケはフィジーの伝統的な歌と踊り なんと全員ホテルのスタッフさんだそう
この人はさっきお肉を切り分けてくれた方なのでした

あらビックリ

3日目はさらに離島へ行っちゃいま〜す
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フレームツリー☆
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる