知能心理学を学びたい

May 11 [Sun], 2014, 18:05
人間の行動について分析して潜在的意識を探求する行動心理学、感情や感性によって心の動きを見る認知心理学は、アプローチが最初から違うものとして扱われています。
知能心理学ではこうしたことも考慮して、対応しなければならないとされています。
サーストンは多くの知能検査にかかわる問題について分析することで、7種類の特殊因子を発見しています。
新しい知識を学んだときに、頭脳の中ではまず短期記憶として認識されます。
対象となっている年齢は3歳10ヶ月から7歳1ヶ月であり、検査は動作性下位検査と言語性下位検査に分けられます。
コンピュータや情報処理は人の心まで読むことのできないものですが、心理学として最近では意識や感情にも目が向けられています。
その結果として、二つの因子が存在するという説になったのです。
その結果、刺激に満ちた環境にあったラットの脳が、そうでないラットの脳よりも発達していたという結果が得られました。
動作性知能が低い人に努力を求めても無理があり、無理強いすることで二次障害までも引き起こされかねません。
ラットを二組に分けて一組は刺激のない環境、もう一組は刺激に満ちた環境に置きます。
最近は心理学を学ぶにあたり、行動心理学とともに認知心理学も学ばれるようになっています。
その後は田中寛一によって、田中・ビネー知能検査としても開発されています。
たとえば漢字を苦手にしている人は努力が足りていないととらえられがちですが、努力ではどうすることもできない場合があるのです。
知能心理学覚書
知能心理学まとめ
知能心理学教本
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fl8w58xv
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fl8w58xv/index1_0.rdf