葉酸を摂取する妊婦の方へ少し気を付け

March 22 [Wed], 2017, 14:36
葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。
葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーを、意識して摂るようにしている方も少なくないですよね。
しかし、実は葉酸は熱に弱いため熱を加えてしまいますよねと大切な葉酸が失われてしまうこともあるんです。



一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が足りないという事もあるので、注意が必要です。妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では「葉酸」のもつはたらきに注目が集まっていますよね。水溶性ビタミンの一つである葉酸は、適切な量をきちんと摂取する事により、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられ立というデータがあるのです。
1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、1日当たり0.4mgの摂取を推奨していますよね。


この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を願望されている方であっても、葉酸を摂った方が良いと思いますよね。


妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されていますよね。細胞分裂が行なわれる、妊娠初期に十分な葉酸を摂取できない場合は、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす危険性があります。


胎児の栄養は全て母体から賄われていますよね。



胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行なうと良いでしょう。
あなたがたご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。それはつまり、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。言うまでもありませんが、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。妊娠発覚後から葉酸を摂りはじめるよりも、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を意識しましょう。
ビタミンB群のひとつである葉酸は、たとえば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類にふくまる栄養素です。



葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われていますよね。なぜなら適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。また、流産といった危険性を減らす効果があります。

具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますよねが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。

そのような場合は葉酸サプリで摂取するのも問題ありません。妊婦にいろんな効果をもたらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。

副作用として体にあらわれる症状としては、不眠症や食欲不振や吐き気、むくみなどの症状です。妊娠初期というのは体もデリケートになりますし、神経質になりがちです。そのため良かれと思って葉酸をたくさん摂りすぎてしまう傾向があるので、注意するようにしましょう。


もちろん、葉酸は食事で摂取できるのが一番なのですが、葉酸サプリを活用すれば、摂取量もすぐに分かりますから、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には大変便利ではないでしょうかよね。なかなか妊娠できないという人は、基礎体温の管理からはじめてみると良いでしょう。


平均体温と基礎体温は違いますよね。基礎体温を見ると体内のホルモンバランス(卵胞ホルモンや黄体ホルモンが有名ですが、体内で作られるホルモンは七十種類以上あるといわれています)の変化や状態が分かり、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。さて、基礎体温表を作るにあたっては、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないというルールもあるので、きちんと守っていくことが大切になります。
もし旅行などで飛ばしても、できる日から再開しましょう。妊娠を願望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。何となくと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、卵子が健やかに熟すために、有効的に作用することが分かっていますよね。
妊活中の女性以外にも、男性が摂取した場合、質の高い精子を創ることを手助けしてくれるという理由です。


亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。ぜひご夫婦で亜鉛摂取を試してみて頂戴。


妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、血液を作る作用があります。
さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、受精卵が着床しやすいよう手助けしてくれ、それだけで妊娠確率が上がるのです。タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。
そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると血行が良くなり冷えも改善され、ホルモンバランス(卵胞ホルモンや黄体ホルモンが有名ですが、体内で作られるホルモンは七十種類以上あるといわれています)が良くなり、不妊状態を打破するために大いに役立つのです。


クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。妊活中のユウジンたちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。
基礎体温でタイミングを見計らっても、授かることができず、義妹や姉のところにコドモができると、自分はどうなのだろうと不安になりました。

ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤で様子を見る事になりましたが、早々に妊娠が発覚しました。


原因がわからないときは早めに受診したほウガイいということでしょう。不妊の根本的な原因は、排卵障害や着床障害といった女性由来の場合と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性側に原因があることとが想定されます。更に細かく言えばきりがないですが、一番良くないのは「思い込み」ではないでしょうか。ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、両親供に受診して検査をうけると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸のサプリの話題が上ったのですが、使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが良いんじゃないかと考えているようでした。

私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いと母から聞いたことがありましたから、彼女に伝えました。友達が妊活をがんばっている事を知っているので、絶対に報われて欲しいと思うし、ゲンキな赤ちゃんの顔を見せて欲しいなって思いますよね。妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に葉酸が大切なはたらきをすることを知っていますよねか。



ママの体も赤ちゃんも、ともにゲンキであるように、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、十分に葉酸を摂取するように心がけて頂戴。

理想的な摂取量としては、厚生労働省の発表によると1日0.4mgをきちんと摂取することが求められていますよねね。


野菜だけで補おうとするとあまり現実的ではありません。



ですから葉酸サプリを利用することをお勧めします。



友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通いはじめました。本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、一度言ったら気が乗らないふうだったので、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。
1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、妊娠できなくて、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。私の場合はそれが良かったのでしょう。全部飲み切らないうちに、下の子ができました。



費用や時間で悩んでいたのが嘘みたいです。
妊活なんてきくと、主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行なうべき妊活も沢山あります。


しかし、実は、男性にもぜひオススメしたい妊活があります。

それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。流産や不妊の原因因子として、女性の問題ばかりでなく、男性にあるというケースもあるわけです。
中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。質の高い精子を造り、染色体異常のリスクを低減するためにも、男性も、葉酸の摂取という妊活をはじめてみて頂戴。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Nene
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる