約や市道整備といった市の事業に深く関係するのは、県の復旧

March 25 [Tue], 2014, 17:53
■津波からの避難方法や海抜一目で

 南海トラフ巨大地震に備え、海抜や津波からの避難方法を記した立体サインが24日、阪神西宮駅前に設置された。市とともにサインを作った武庫川女子大生活環境学部の学生らも駆け付け、完成を祝った。iPhone 5c ケースコピー

 立体サインは45センチ角の立方体を積み重ねた形で、高さ約3メートル。それぞれの面には、南海トラフ巨大地震が発生すると、90分で最高3・7メートルの津波が市内に到達することや、駅前の海抜を表示。グッチ iPhone ケースイラストを用いて、JR東海道線の北側や津波避難ビルに逃げ込むよう呼びかけている。最上部には、津波から逃げる人をデザインし避難する方角を示すプレートを取り付けた。ルイヴィトンiPhone 5c

 平成24年から10回にわたり、市災害対策課と学生らが効果的なデザインについて検討を重ねた。武庫川女子大生活環境学部3年の内藤梨歩さん(21)は「下の方に津波の到達時間や海抜を記して目を引くように工夫した。ipad2 ケースいざというときに、避難に役立ててもらえれば」と話した。

 立体サインはすでに、阪神沿線の香櫨園、今津の2駅に設置。iPhone 5c ケースコピー今後、武庫川団地駅にも取り付ける。和歌山県田辺市は2014年度から、11年9月の台風12号豪雨で被災した伏菟野地区の宅地や農地を集約する事業を本格的に始める。時計 人気 レディース市道を整備する計画も立てている。県が続けている復旧工事も含め、計画が順調に進めば、秋には住民が新しい家を建てられるようになる。シャネル 携帯ケース

 伏菟野では、台風による大規模な地滑りで民家6戸が全壊し、5人が亡くなった。

 市が始めるのは「換地」という事業。iPhone 5c ケース復旧工事後の土地(広さ約2・6ヘクタール)について地権者らと協議しながら集約し、登記を完了させる。15年度までの2年計画で、総事業費は約560万円。iphone 4G カバー14年度当初予算案にはこのうち、180万円を計上している。これまでも事前協議をしていた。エルメスiPhone ケース

 市は一連の手続きのうち、家屋を建築できる「仮換地処分」を14年9月末までに終える方針。仮設住宅の入居期限が15年3月に迫っていることも背景にはある。iphone 4G ケース

 市によると、仮設住宅に入居しているのは2世帯7人(14年3月現在)。両世帯とも、現場に新しい家を建てたいと希望している。iphone 5cケース

 整備する市道は延長約610メートルで、幅員は被災前よりも広げて4〜6メートルにする。市は14年度当初予算案に事業費4217万3千円を盛り込んだ。iphone 5cケース15年1月までには整備を終えたいとしている。

 土地の集約や市道整備といった市の事業に深く関係するのは、県の復旧工事。ルイヴィトン携帯ケース西牟婁振興局によると、当初は14年3月までに終わる予定だったが、最長で1年ほど後ろにずれ込みそうだ。

 造成には現場で出た土だけで足りる計画だったが、押し固める作業を進める中で、約6千立方メートルの土が不足した。ガガミラノ 時計 レディース崩れた部分の最上部で続く法枠工の現場で軟らかい場所が見つかったことも、ずれ込む理由という。ただ、宅地部分の造成は14年9月末に間に合わせるとしている。iphone5 ケース かわいい県は13年度補正予算と14年度当初予算に、事業費として計2億5250万円を計上した。

 家族で仮設住宅に暮らし、新たに家を建てる予定の農畜産業、打越章介さん(65)は「新築展示会を回ったり設計業者に相談したりして、どんな家にしようかと考えている。ガガミラノ 価格建てられるようになるのが待ち遠しい」と話している。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fkhdhs/index1_0.rdf