自転車乗りにとってのiPhoneケースを選ぶ重要な条件なのですね。

March 22 [Sun], 2015, 23:37

シャネル香水瓶iPhone6ケース


シャネル香水瓶iPhone6ケース


【商品名】:CHANELシャネル香水瓶iPhone6ケース iphone6 puls携帯ケース チェーン付き ダイヤモンド 水晶 携帯ケース


【対応機種】:iPhone6 iphone6 puls


【ご注意】:


※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。


※携帯本体は付属いたしません。


※サードパーティ製品


※只今は送料無料


【クイック概要:】


おしゃれなCHANELシャネル香水瓶iPhone6ケース iphone6 puls携帯ケース チェーン付き ダイヤモンド 水晶 携帯ケースには、お使いの携帯を持ち運びや保管の際に傷や汚れから守ります。高級

感とファッション性があるCHANELシャネル香水瓶iPhone6ケース iphone6 puls携帯ケース チェーン付き ダイヤモンド 水晶 携帯ケースは大人気です。当店ではあなたにピッタリあった、好みの専

用ケースが必ず見つかるはずです。CHANELシャネル香水瓶iPhone6ケース iphone6 puls携帯ケース チェーン付き ダイヤモンド 水晶 携帯ケースが販売ランキングで上位を独占しています!話題に

なるCHANELシャネル香水瓶iPhone6ケース iphone6 puls携帯ケース チェーン付き ダイヤモンド 水晶 携帯ケースには、保護性が強いのはもちろん、特別なデザインやカラーは魅力です。内側は携

帯の形に合わせて凹ませてあります。綺麗なアウトライン、こだわりのCHANELシャネル香水瓶iPhone6ケース iphone6 puls携帯ケース チェーン付き ダイヤモンド 水晶 携帯ケースやカバーを簡単

に手に入れます。購入数量限定なし、お友だちとCHANELシャネル香水瓶iPhone6ケース iphone6 puls携帯ケース チェーン付き ダイヤモンド 水晶 携帯ケースのことを教えてください。爆発的な人

気のCHANELシャネル香水瓶iPhone6ケース iphone6 puls携帯ケース チェーン付き ダイヤモンド 水晶 携帯ケースは激安!モデルなど最新情報が揃え。全国送料無料!生活を味わうのは細かいケー

スのことから始まりましょう。


スマートフォンが主流となり、さまざまな昨日を装備した各社の新機種Android機が続々登場しても、相変わらずiPhoneは人気を集めている。中古を含めて、現在、流通しているiPhoneは、

iPhone3GS、iPhone4、iPhone4s、iPhone5、iPhone5c、iPhone5s、iPhone6、iPhone6Plusの8機種。すっかり種類が増えてしまったiPhoneの進化の流れを項目別におさらいしてみよう。

 まずはハード面から比較してみたい。
アイフォン6シャネル
◆【サイズ(長さ×幅×厚み、重さ)】――iPhone6が最薄の6.9mm

 iPhone3GSは「115.5mm×62.1mm×12.3mm」で135グラムぽってりと丸みのあるフォルムで見た目より重量感がある。iPhone4になると「115.2mm×58.6mm×9.3mm」で137グラムと、重さはわずかに増

えたものの、サイズは全体にやや小さくなりエッジの立ったデザインと相まって、グッとスッキリした印象に。iPhone4Sはサイズについては変わらず、重量のみが140グラムと少し重くなっている。

 iPhone5ではディスプレーが大きくなったことに伴い、幅は変わらないものの、長さが少し伸びて、「123.8mm×58.6mm×7.6mm」に。厚みが薄くなってスリムになった印象だ。重さは112グラムと

グッと軽量化された。後継機にあたるiPhone5sは、「124.4mm×59.2mm×7.6mm」で112グラムとごくわずか長さと幅が増えたものの、厚みや重さは変わらず感覚的にはほぼ同じサイズである。

 一方、同時発売されたiPhone5cは「123.8mm×58.6mm×8.97mm」と長さと幅のサイズはやや小さくなったものの、重さは132グラムで丸みを帯びたフォルムからもコロンとしたイメージだ。
iPhone6 エルメス
 2サイズ同時発売された最新版iPhone6が「138.1mm×67mm×6.9mm」で、重さは129グラム、iPhone6Plusは「158.1mm×77.8mm×7.1mm」で重さは172グラム。いずれも薄く大きくなったという印象。

特にiPhone6Plusはかなり大きく片手で操作するには厳しいとの声も聞かれる。

◆【ディスプレー】――どんどん大きくなり5.5インチ

 ディスプレーはiPhone3GS、iPhone4、iPhone4Sまでは 3.5インチだったが、iPhone5、iPhone5c、iPhone5sでは4インチに。そして最新版では、スマートフォンの大型化の流れに乗る形でiPhone6は

4.7インチ、iPhone6Plusは5.5インチと2種類のディスプレーサイズが同時に発売された。一時、どんどん小さくなる方向にあったスマホだが、iPhoneは新型になるごとに画面が大きくなってきてい

る。

◆【カラー】――色数から高級感のある色へ
 iPhone3GS、iPhone4、iPhone4S、iPhone5までは、カラーの選択肢はブラックとホワイトのみだったが、iPhone5cはグリーン、ピンク、ブルー、イエロー、ホワイトのポップな5色展開で話題とな

った。一方iPhone5sは高級感のあるシルバー、ゴールド、スペースグレーの3色。こちらはiPhone6、iPhone6Plusにも引き継がれている。

 続いて、ソフト面を比較してみよう。

◆【容量】――最大128GBへ
 容量はiPhone3GsとiPhone4では8/16/32GBだったが、iPhone4sで8/16/32GBに加えて64GBが登場。iPhone5とiPhone5sでは8GBはなく16/32/64GB、iPhone5cは16/32GBのみとなった。最新のiPhone6と

iPhone6Plusではなぜか32GBはなくなり、128GBが増えて16/64/128GBとなっている。
アイフォン6シャネル
◆【バッテリー】――最大通話24時間(3G通話)
 バッテリーの持ち時間は使い方によって異なるのが、どの機種でも使える3G通話で比較してみよう。iPhone3GS、iPhone4、iPhone4S、iPhone5cでは最大8時間だったが、iPhone5、iPhone5sでは最

大10時間、そしてiPhone6は最大14時間、iPhone6Plusでは最大24時間と、最新版では大幅に持ち時間が延長されている。ただし、iPhone6Plusの実際の仕様にあたっては、大きな液晶画面での電力消

費を考えると通話時間相当の数字だけでは判断できない部分もある。
新品gucci iphone6 ケース
◆【カメラ】――800万画素で手ぶれ補正も
 iPhone3Gsでは300万画素、フラッシュ無しのメインカメラのみだったが、iPhone4では500万画素、フラッシュつきのメインカメラに加えてフロントカメラが搭載された。また、iPhone4s以降はメ

インカメラは800万画素で手ぶれ補正機能付きに、iPhone5以降は手ぶれ補正の性能もアップ。ビデオ撮影中の写真撮影やパノラマ撮影など多様なニーズに対応している。コンパクトデジタルカメラ

に引けをとらない美しい画像や映像が撮れるようになった。

 サイズが大きくなった最新版は、片手で操作しづらいという理由や、iPhone5sが前機種ということから実質0円で入手できる場合もあり根強い人気がある。iPhone6とiPhone6Plusのサイズとバッテ

リー以外は、スペックに大きな違いはあまり見られない。どちらを選ぶかは、コンパクトさを求めるか、ディスプレーの見やすさを求めるかの好みの差といえるだろう。

※スペックはいずれも当該モデル発表当時のものエム?フロンティアは1月30日、ウルトラセブンとSwimmyDesginLabのアートプロジェクト「HOZONHOZON」がコラボレーションしたiPhone 6用ウォレッ

トケースを発売した。価格は各4000円(税別)。
シャネルiphone6ケース
 今回発売したのは「ウルトラセブン」「メトロン星人」「ガッツ星人」「エレキング」をメインモチーフにした4種と、ウルトラセブンと怪獣たちの戦いを再現した「大集合」2種の計6種。ビビッ

ドなカラーにHOZONHOZONの特徴であるユーモラスな缶詰もデザインされている。

 取り扱いはスマートフォンアクセサリー専門店「UNiCASE」のネットストアとリアルストア限定で、発送は2月上旬を予定。発売を記念し、円谷プロ公式携帯サイト「円谷ステーションモバイル」

で、モバイル会員向けに期間限定壁紙を配信している。自転車乗りにとって、スマートフォンをどのように携帯するかは、永遠の課題なのだという。

【もっとほかの写真をみる】

"だという"と伝聞調なのは、筆者が自転車に乗らないため、そのあたりの感覚がどうもよくわからないからだ。ポケットに入れておけばいいような気もするが、とはいえハードに走るなら、そうい

うわけにもいかないのだろう。

自転車に乗っている間、つねに地図を確認したい場合など、いちいち立ち止まってポケットからスマートフォンを出すのはたしかに億劫だ。
シャネルiphone6 ケース
そこで自転車乗りが期待を寄せるのが、iPhoneを自転車のハンドル部分に取り付けることができる専用ケースの存在である。

ちょうど、昨年末にロア?インターナショナルよりkisomo(キソモ)の「iPhone 6/iPhone 6 Plus用自転車取付型ケース ViDA(ヴィダ)ブラック」が発売されたばかり。シンプルで洗練されたデザイ

ンに雨でも安心の防滴仕様といった特長がアピールされている。これはかなり便利そうだ。

とはいえ、自転車乗りの目はシビアだ。果たしてこのケース、使い勝手はいかがなものだろうか。スポーツ自転車専門店「bike room sin」を経営し、自らも自転車乗りとして活動する?田真督氏に

実際に使っていただき、使用感について厳しくジャッジしていただいた。?田氏には、最初、オフロードバイクに装着し、ハードな条件化でテストして頂いた。後に街乗り向けにロードバイクに取り

付け、通勤通学での環境下ではどうなのか試してもらった。

――今回、「iPhone 6/iPhone 6 Plus用自転車取付型ケース ViDA(ヴィダ)ブラック」を使用していただいたわけですが、そもそも?田さんは普段、こういったケースを使われるのでしょうか。

?田正直に言うと、これまでは使っていませんでした。スマートフォンが出てきた当初から、こういったケースはいろいろと出てきているのですが、使い勝手や剛性の面で問題があることも多く、個

人的にあまり信頼できないと感じていたのです。
シャネルiphone6 ケース
――ということは、今回もかなり厳しい目でご覧いただいたということですよね。実際に使ってみていかがでしたか?

?田かつての自転車取付型iPhoneケースと比べると、天と地ほどの違いがありますね。もし、これがiPhone黎明期に出ていたら、価格が1万5,000円くらいしても売れたと思いますよ(笑)。

※「iPhone 6/iPhone 6 Plus用自転車取付型ケース ViDA(ヴィダ)ブラック」の価格は4,800円

――この数年でiPhoneも進化しましたが、自転車乗り向けのiPhoneケースもかなり進化していたわけですね。

?田何より、このケースの最大のメリットは軽いことですよ。設計がシンプルということもあるのでしょうけど、これくらいの重量増なら気になりません。いくら剛性があっても、機能が充実してい

ても、重いケースはそれだけでマイナスです。その点はよく考えられていると思います。

――丈夫かつ軽量であることが、自転車乗りにとってのiPhoneケースを選ぶ重要な条件なのですね。

?田そうなんです。丈夫といえば、もうひとつ感心したのが、取り付け後にiPhoneを回転することで向きを変更できる点です。このとき、回転するのはマウント部分なのですが、「カチカチ」という

適度なクリック感があって、しかもガタつかないのです。かなり荒く扱ってみたのですが、ここは走行中にも勝手に動くようなこともなく、安心して使うことができましたね。

?田とはいえ、私のようにオフロードでハードに乗る身としては、課題がまだあると思います。たとえばこのiPhoneケースはスタンド部分が可動する仕様になっていて、自転車に取り付けたまま角度

を変えることができます。それ自体はいいのですが、段差を走るとこのスタンド部分が動いて、わずかに角度が変わってしまうことがあるんです。

――なるほど、ちょっとしたことかもしれませんが、気になるかもしれませんね。
シリコンiPhoneケース
?田また、iPhone 6用のケースにマウントを装着する際、押し込んだつもりが入りきっておらず、ロックできていなかったということがありました。一瞬、入った感じがするので、つい見落としてし

まいがちです。もっとも、入ってしまえばきっちりロックされるので、勝手に外れることはないのは安心です。ちなみにこれ、iPhone 6とiPhone 6 Plus用でマウントの取り付け方が違いますよね?

――そうですね。iPhone 6はマウントを押し込んで固定するタイプ、iPhone 6 Plusはスライドして固定するタイプですね。

?田iPhone 6は先ほど言ったような注意点があるのですが、iPhone 6 Plus用ケースのスライド式のマウントは取り付けやすく、外しやすく、さらにロックも万全と、すばらしい出来ですね。自転車

乗りもiPhoneをずっとハンドルに固定しているわけではなくて、頻繁に付け外しします。それを考えると、取り外しと取り付けが簡単にできるのは大きなメリットですね。

――お話を伺っていると、オフロードで激しい乗り方をするような場合は少し不安な点もあるようですが、オンロードの街乗りで使うなら実用面で問題はないといったところでしょうか。

?田ええ。段差でスタンドが微妙に動いたりと、シビアに見るなら課題がゼロというわけではありませんが、街乗りなら特に問題はないと思います。先ほど言ったように、スマホ黎明期の自転車用ケ

ースから考えると、とてつもない進歩ですよ。やっと、普通に自転車に取り付けて使えるケースが、お手軽な価格で買える時代になったんだなぁと思いましたね。

日々、自転車に接しているプロの目線で見ても、『iPhone 6/iPhone 6 Plus用自転車取付型ケース ViDA(ヴィダ)ブラック』は及第点を付けられるケースであることがわかった。

これから自転車を始めようとしている人、あるいはすでに自転車に乗っていて、まだこれといったiPhoneケースが見つかっていない人は、ぜひ検討してみてほしい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dfhuxd
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fkdsee/index1_0.rdf