死に至る性病

December 11 [Tue], 2012, 15:33
数多くの種類がある性病は、そのほとんどが適切な治療を行えば完治可能なものとなっています。

そして、たとえ治療を行わずに放っておいたとしても、それが原因で死に至るということはほとんどありません。

しかし、実際は数種類の性病は治療せずに放置しておくと死に至る場合があります。

代表的なものではエイズや梅毒、そして肝炎などがそれにあたります。

特にエイズは完治させることができない病として知られているものですから、これを発症した場合はすぐに治療を開始するように努めてください。

また、たとえ命に関わらない性病でも、それを長年放置しておくと不妊症などの深刻な病を発症させる可能性があることをよくよく覚えておいてほしいものです。

性感染症への気づきと検査

June 27 [Wed], 2012, 13:12
行為を行なってから以後数日に自分の体の状態がちょっとおかしいかな?
というような事があるのならば、症状によっては性感染症になっている可能性があります。

感染症によっては出てくる症状が違うので気になると言う人が入れば【http://www.minnano-clinic.com/chart/】一度確認してみてください。

他にも、検査キットを扱っているそうなので病院は利用しづらいと感じる方でしたら自宅で出来る検査キットを使うのもアリかと思います。⇒http://www.minnano-clinic.com/search/

性感染症はどちらかと言うと自分が自覚しないと、感染を防いだり治療するということが出来ません。
だからこそ知識のある行為を正しく行いましょう。

血液以外でのHIV感染経路

June 01 [Fri], 2012, 11:55
HIVの感染経路に母子感染があります。
HIVに感染している母親が妊娠、出産をした場合、
産まれてくる子が感染する、またはしている可能性がでます。
大体三割から四割の確率で感染することがあると考えられています。

この母子感染は、三つのルートに別れています。
一つ目は胎内感染で、子宮内で子供が感染するものです。
2つ目に産道感染。子供が産まれてくる際に通る産道の出血に振れることで感染するもの。
最後に母乳感染。感染している母親の母乳にはHIVが含まれています。
これを子供に授乳させることで子供が感染してしまうのです。

感染拡大を防ぐために

May 10 [Thu], 2012, 13:27
短期間のうちに不特定多数の人物と性交渉を続けて行うことは、
性病の感染拡大を促してしまう危険な行為であるといえます。

性病の中には潜伏期間というものを持つものが多くあり、
この潜伏期間中は自覚症状がありません。

そしてその潜伏期間の間に多くの人と性交渉を行うことは、とても危険な行為であると言えるのです。

自ら性病の感染拡大を促したりしないように、短期間での不特定多数との性交渉は控えた方がよいといえるでしょう。

◆より深く性病について学びたいならこちら◆
精巣上体炎 原因
胃がん 痛み

すぐに気がつけば良いけど

March 28 [Wed], 2012, 15:05
何か違和感の様な症状を感じた時に、

自分が淋病かな?なんて思わないですよね。

ただ単に風邪では無いかと思ってしまうのが普通です。

しかし、もしかしたら性病になっているかも知れないので、

できるだけ簡単な方法で検査を行う様にするのが良いのではないでしょうか。

最近では、ネットなどを使用して、

簡易検査キットが購入できるので、

まずはそれを購入して自分で手軽に調べてみてはいかがでしょうか。

そこで何も発見されないのなら問題ないはずです。

クラミジアと検査について

March 09 [Fri], 2012, 12:38
クラミジアは現在、日本国内でもとても多くの人が感染している性病です。

そしてこのクラミジアの検査は、妊婦さんに特に重要となります。
妊娠した後、クラミジアに感染したまま、それに気づかぬ間に出産を行うと、
産道感染により赤ちゃんが結膜炎などを発症してしまいます。
そのため、妊婦さんは特にクラミジアの感染には注意しなければならないのです。

なお、クラミジアは症状を放置しているお、肝臓皮膜にも炎症を広げてしまい、
フィッツ・ヒユー・カーティス症候群などといった合併症も引き起こすため注意が必要です。

【性病に関して深く知ることが可能なサイト】
ミンクリ
カンジタとは

治療をしなければ

February 24 [Fri], 2012, 13:39
性病に関して言えることですが、
診察を受けるのが恥ずかしいと言って無理に我慢してしまう方も
少なくはありません。

しかし、淋病の場合、治療をしなければ、
炎症が慢性化してしまい、尿道が狭くなることによって、
より一層排尿が困難になってしまうのです。

咽頭に感染した場合には、自覚症状がほとんどないため
発覚せずに感染を拡大させてしまう恐れもああるものなのです。

恥ずかしがらずに治療を受けるようにしましょう。

淋病の可能性

January 30 [Mon], 2012, 13:32
淋病の潜伏期間としては、2〜7日間と言われているのですが、
およそ1週間以内には排尿痛や膿などが出てきたりするようです。

発症後の初期症状である排尿痛や、
クリーム色または黄緑色の膿状のものが、
尿と共に排泄された場合では、淋病の可能性が高くなっています。

排尿痛と膿が併発するようば場合が確認されると
淋病に感染していると考えて間違いないと思います。

すぐに治療を受けるようにしましょう。

淋病の様々な症状

January 17 [Tue], 2012, 12:12
男性が淋菌に感染すると、その菌が前立腺などから血液の中に入り込んで、発熱などを起こすことがよくあります。
また、この症状は風邪と酷似しているため、尿道に痛みなどが感じられない場合は、風邪と思い込んでしまうことがよくあります。
さらに、精管炎を起こすことで精子が通る道がふさがれて不妊症となる場合もあります。

通常は淋病は性器から膿が出るなどの症状がありますが、その症状がなく、ただ尿道に痛みを感じるだけの時もあるため、
もしかしたら淋病かもしれないという注意は、常々しておくことが大切です。

◆性病ならここでもっと知りましょう◆
性病に感染する原因から調べる【みんなのクリニック】
HIVと性病の関係性

感染から発症まで

December 12 [Mon], 2011, 13:51
淋病の感染から発症までをご紹介いたします。

性行為によって、男性の尿道に感染している淋菌が
女性の女性子宮頸管へ、
または、その逆の感染の可能性が考えられます。

オーラルセックスによって、咽頭への感染、
または、アナルセックスによって、
直腸炎の可能性もあるのです。

潜伏期間としては、2〜7日間とされていて、
およそ1週間以内には排尿痛や膿などが出たりするようです。

女性の場合では、膣炎が発症されてくるようです。
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/fkdsaieo18/index1_0.rdf
  • SEO
  • loading
  • コンジローマの治療とHPV
  • SEOブログパーツ
P R