これからの賃貸物件はWi-Fiでインターネットをサービスする 

2013年06月14日(金) 16時06分
インターネットは社会のインフラとして必要不可欠なものになってきています。


入居したらすぐにインターネットが使えたらいいですよね。


賃貸アパートを経営しているオーナーにはこのようなニーズに応えることも必要です。


そうするとインターネットを提供していないアパートと差別化をすることができます。


これからはインターネットを導入しているだけではPRにはならなくなるでしょう。


Wi-Fiを使って無線でインターネットにつなげるサービスはいかがでしょう。


今は有線LANとLANケーブルで接続するより、無線LANとWi-Fi接続する機器の方が多くなってきています。


スマートフォンとかタブレット、ウルトラブックなどです。


Wi-Fiにすればこれらの機器とスマートに結ぶことができます。




賃貸アパートを分析すると家賃、部屋の広さや大きさ、交通アクセスなどが重要要素になってきます。


交通アクセスは駅近などの利便性の高い場所が人気ですよね。


駅から離れれば離れるほど残念ながら需要も落ち込みます。


最近はインターネットや衛星放送などの付加価値を加えて魅力のアップに励んでいるケースがありますね。


たくさんの価値基準で賃貸アパートの人気は変動するので、人々が何を求めているのかをはっきり捉えておかなくてはいけません。




JUAS 一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会
http://www.juas.or.jp/
お役に立つセミナーやイベントをご案内!是非一読!