イラン核開発問題 

July 10 [Tue], 2007, 14:35
米民間シンクタンク「科学・国際安全保障研究所」(ISIS)は9日、イランが、中部ナタンツのウラン濃縮施設に隣接した丘陵に新しい地下施設を建設している疑いがあるとの見解を発表した。商業用衛星写真をもとに分析したもので、ウラン濃縮施設の南約2キロの地点に、新たに2本の取り付け道路が見つかった。ただ、地下に通じるトンネルの入り口は衛星写真では確認できなかった。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/iran_nuclear_program/

涙の秘話、子犬が救った子猫の命―山東省青島市 

May 16 [Wed], 2007, 11:04
2007年5月14日、山東省青島(チンタオ)市内の市場で、幼犬と子猫が繰り広げる感動のドラマが涙を誘った。話は数日前にさかのぼる。市場で果物を販売している趙(ジャオ)さんは、いつも愛犬の雪雪(シュエシュエ)を連れて仕事に来ていた。お利巧でいつも趙さんのそばを離れない雪ちゃんなのに、時々どこかへ行ってしまう日が続いていた。気になって後をつけた趙さんは意外な光景をそこに見た。

ダンボール箱に捨てられたと思しき子猫が4匹、なんとわが雪ちゃんからオッパイをもらっているのだ!雪ちゃんはまだ1歳にならない子犬で、もちろん出産経験もない。なのにどういうわけかオッパイが出るらしく、子猫たちが無心に吸い付いている。こんなところで母親役をやっていたのかと、趙さんは胸を熱くしたという。【 その他の写真はこちら 】

ところがその後、2匹の子猫が死んでいることがわかった。どうにかしないとみんな死んでしまうと思った趙さんは、知人に世話を頼み、1匹はもらわれていった。が、残る1匹は誰が連れて行ったのか突然いなくなってしまった。母として懸命に世話をしてきた雪ちゃんは大ショック、その日から食べ物を口にする元気さえなくなってしまった。市場に来てもただ力なく、ぐったりしているだけの雪ちゃん。

愛犬のあまりの憔悴ぶりを見るに見かねて、趙さんは知人に子猫を返してもらうことにした。子猫が市場に来た途端、雪ちゃんは元気に「お帰り!」といわんばかりにワン!とひと吠え、子猫も返事をするようにニャーと鳴き、感動の再会を果たした。いとおしそうに子猫をずっとずっと舐め続ける姿に周囲の人々は思わず涙したそうだ。(翻訳編集・WF)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070515-00000013-rcdc-cn

<レンブラント>「黄金の兜の男」真作か 大阪の社長が所蔵 

March 16 [Fri], 2007, 9:40
オランダ最高の画家とされるレンブラント本人が描いた可能性のある「黄金の兜(かぶと)の男」という作品を、大阪市の会社社長が所蔵していることが14日分かった。油彩画修復の第一人者で、美術史家の黒江光彦・元国立西洋美術館主任研究官が鑑定した。長年真作と考えられてきたドイツ・ベルリン国立絵画館の「黄金の兜の男」は、弟子による工房作と86年に結論づけられ、真作の存在は謎のまま。黒江元主任研究官は、所蔵者の了解を得て、オランダ「レンブラント調査委員会」で評価を受けたいとしている。
 作品は、縦75.8センチ、横56.1センチで、ベルリンの作品よりやや大きい。社長が昨秋、亡くなった父親のコレクションを整理していて偶然見つけ、鑑定を依頼。黒江元主任研究官は、エックス線調査や、キャンバスの張り方など、約2カ月かけて詳細に観察・検討した。
 その結果、キャンバスを強く張るための工夫として、木枠の四隅にくさびを打ち込んでいることが判明したほか、キャンバスに地塗り顔料をへらでぬり込むレンブラント手法の特徴を確認した。
 さらに顔の立体感を表現する入念な筆遣いや、兜表面の細部を正確に写す切れ味鋭い技法が、レンブラント芸術中期の技法に合致。署名などはないが、表面のひび割れの状態などから、350年以上前のレンブラント一門による作品の可能性が高いと判断した。
 黒江元主任研究官によると、工房作と断定されたベルリンの作品と、今回見つかった作品の構図はほぼ同じだが、陰影の表現に大きな違いがある。ベルリンの作品に比べて、よりコントラストを強調し、兜や顔を浮き立たせているという。
【高橋一隆】
 ◇レンブラント・ファン・レイン 1606年7月、古都ライデン生まれ。陰影に富んだタッチから「光と影の魔術師」とも呼ばれ、工房では多くの弟子を抱えた。しかし、妻の死や破産などで悲劇的な運命をたどり、1669年10月、63歳で生涯を閉じた。「トゥルプ博士の解剖学講義」などの作品がある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070316-00000015-mai-soci

倖田來未、ナチュラルメークに挑戦「勇気がいりました」 

February 14 [Wed], 2007, 16:22
セクシー歌手、倖田來未(24)が13日、都内で行われた女性用シェーバー「ジレット ヴィーナス」の新CM発表会に出席した。

 CM契約がデビューから10本目の倖田は「こんな色黒でいいのかなと悩みつつも、かっこいい女性がやるのかなと思うとうれしい」とニッコリ。CMでは今までにないナチュラルメークに挑戦し「すごく勇気がいりました」と明かした。

 一方、14日のバレンタインデーについては「バレンタインは関係ない。私は何時でも好きって思ったら言ってしまう。女の子は恋してないと駄目なんやから」と余裕の笑顔。大阪で飲食店の店長を務める恋人との順調さを伺わせた。

 3月1日からオンエア。倖田が歌うテーマソング「venus」が流れる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070214-00000035-sanspo-ent
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fjrntyu2
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる