桜花賞と言えば 

April 12 [Sat], 2008, 22:37
明日は3歳牝馬のクラシック第1弾桜花賞です.
阪神競馬場の桜がバックとなった映像はこのレースでしか
味わえないとても奥深いものがあります.

そんな桜花賞.
個人的に思い出したのは4年前,
ダンスインザムードという馬がかったときです.
まぁ実際は桜花賞というより,その桜花賞があった日のことです.

当時私は大学2年に上がろうかというところ.
1年の時だけ実家から通っていた私は,
2年に進学しキャンパスが変わるのにあわせて
ついに念願の1人暮らしを始めようかというところいました.
そして桜花賞があったその日は,まさに今日から1人暮らしのために
引越しをするという日.
一応荷物は前もって持っていってあったので,あとは
手で持てそうなものだけもって電車でいくという状況でした.
引っ越すといっても実家から約1時間半くらいのところだったため
日曜日は実家でゆっくりして,夕方くらいに行けばいいということで
桜花賞を見てから出ると言うことにしていました.

もちろんクラシックシーズンの開幕を告げるこのレースはとても
楽しみで,早く来いと思っていたのですが,
それは同時に1人立ちの時間が近づくことも意味していました.
そんなこともあり桜花賞は楽しめましたが,
その後は非常に寂しいというか心細かったのを覚えています.
電車に乗って親の顔が見えなくなり,本当に1人になったときに,
いかに1人がさみしいものなのか,
いかに日ごろ家族に支えられていたかを感じました.
まだ何もわかっていない新しい街でボストンバック2つを抱えてアパートまで
歩いた約1時間は今思いだしても孤独な夜でした.

でもそんな思いでももう4年前.
今ではすっかりなじんだ1人暮らしの街を離れ
再び実家暮らしをしている自分ですが,
おそらくこの先何年たっても,
桜花賞があるこの時期がくるとあのときを思い出すんだと思います.
甘くも苦くもあるあの気持ち.
人生でときどきくるであろうあの気持ち.
これから先も経験する機会が待ってると思いますが,
あせらずにじっくりと味わっていきたいなぁ
と,そんなことを思った桜花賞前夜なのでした

新年度です 

April 05 [Sat], 2008, 0:57
さて4日ほど過ぎちゃいましたが,
とにもかくにも新年度の始まりです.
にしても去年度はいろいろありました.
けっこう劇的に立場や状況やらかわりましたし,
数ヶ月単位でめまぐるしく変化が訪れては去っていく.
そんな年でした.
しかしそんな1年も終わってしまえば早いもの.
時って経験してるときはなんだかものすごく長くて
なかなか進歩がないような気がしちゃいますが,
終わってみるとなんでこんなに早くかんじるものなのでしょうか.
そして何気ない平日がいつの間にか懐かしい日々になってたりして.
ホント不思議です.まぁそこがよくもあるのかもしれませんが.

そんな1年,自分の変化を振り返って,
うん,まぁ多少は変化もあったと思います.
いろんな経験しましたし,まだまだ限りなくちっぽけな世界の住人では
ありますが,それでもちょっとは壁が遠くなったような気がしなくもない.
でも問題は自分が成長してるのかどうかってこと.
しかしこればっかりは難しい.自分で考えてもちっとも浮かんでこない.
ちょっと前にこの1年を振り返る機会があったんだけども,
悲しいことに自分で成長したと思える部分を聞かれたときに,
本当に,恐ろしいくらい1個も浮かばなかったわけです.
多分普段の日々をなんとなく過ごしちゃってるのが
まず間違いなく1番の理由だと言うことは自分でもわかってるつもりですが,
でも正直なところをいうと,普段の日々の中で目的意識みたいなのを
その都度考え,意識して行動するのってすごい難しいと思うわけよ.
なんか,そんなことしてる暇ないよって感じで,
一日が終わればなんか疲れちゃって,
おわったぁっていうその開放感だけでいっぱいになっちゃって
そんなんどうでもよくなっちゃうっていったらいいづぎかもしれないけど,
でもホントそういう感じ.難しいわけよ.
そりゃなにかをやってる以上何かを考えているわけではあるんだけども,
それをまとめるのって大切なんだけど大変なのよ.
きっとそうした日々の目的意識みたいなのを自分で
うまく集約できるようになっていくときっともっと成長を実感できるようになるだろうし,
きっとそれがいろんな意味で大人になるってことなんじゃないかぁと思います.
世間一般からみたらまだまだ子供である年齢に重ねて水準よりも
さらに子供の自分が大人となれる日はいつになるかわからないけど,
でもめざしていかなきゃなんだと思います.

まぁとにもかくにも新年度です.
桜が咲く時期です.
晴れた日の外の空気が何ともいえなく幸せな気分になれるこの季節.
まずはこの幸せを満喫してやろうじゃないか.
世界はこんなにも明るくて,やわらかくて,幸せに満ちていて,
なんだか太陽の日に当たるだけで
とても甘酸っぱい気分になれるんです.
きっといろんなことがこれからもあるとは思うけど,
こんな空気のなかだったらなんでもやれそうで,
なんでも赦せそうになれる気がしてくるんです.
がんばろうじゃないの.
やったろうじゃないのってね.

こんなこと言ってられる自分はきっと幸せ以外のなにものでもない
この1年,この気持ちを持ち続けていきたい,
がんばっていきたい.
そんなことを思った
2008年4月5日

今日思った事 

January 26 [Sat], 2008, 22:46
今日は会社の友達たちと久しぶりのスキーに行きました.
スキーに行くのは今日でまだ3回目.
自分はボードに乗る技術に限界を感じて(たった一回で・・・)
2回目からはファンスキーをやってます.
まだまだ滑れると言うレベルではないけど,
それどもボードよりは動きやすくて自由がきくぶん
滑ってるって感覚を味わえます.
久々にしては意外といい感じでいけたと思います.

んで夜はさらに多くのメンバーを加えて飲み会.
総勢で20名くらいかな.
ちなみにほぼ全員オトコ.
気を使わなくていいし,とても楽しかったです.

でも話を聞くとやっぱりなんだかんだで彼女だなんだって
話になるわけですよ.
メンバーの彼女とかもいたりした関係もあったりして.

いやぁやっぱり彼女いる人はみんないい顔してるっていうか,
なんか人生充実してるなぁって感じがして,とてもうらやましかった.
もちろん人生それだけではないんだけども,
でもやっぱいるいないで全然変わると思うんだよね.
例えば仕事が忙しくてどんなにつらいときでも,
その後彼女と電話したり,メールしたりして,
そういった人の存在を感じるだけで,
そんな仕事の疲れや嫌なことなんか一気に吹っ飛ぶんだろうなぁ.
自分はそういうの味わったことないけど,
でもやっぱり仕事終わった後とかに
ちょっと好きな人のこととか考えたりするだけで
気が休まるというか,落ち着く部分があるし,
これがずっと一緒にいられるような中だったら,
きっと想像では追いつかないくらいに幸せなんだろうなぁ
と思うわけです.

みんなうらやまし.

自分は・・・

まぁ彼女いないという意味では充実してないんでしょうけど,
でも全体で見たらそれなりに充実してるんじゃないかな.
こうして一緒に飲んで楽しめる友達がいるだけで
幸せなことだし,十分恵まれてるとも思います.

でもやっぱりみんなのいる幸せな場所にもいってみたいなぁ

と,そんなことを考えた一日でした.

またみんなで飲もうなぁ〜

もう一つの世界 

January 20 [Sun], 2008, 18:59
それは夢の中.
出てくる人たちは現実の世界と同じだけど
立ち位置は微妙に変わっている.
時に遠く,時に近く.
いい夢もあればちょっと寂しくなる夢もある.

昨日は・・・どちらかと言えばいいほうでしたかね.
できればいつまでも見ていたいような,
覚めてほしくない.
そんな夢でした.
でも,「夢から覚めたくない.」
こんなこと言ったらちょっとまずいですかね(苦笑)
結局現実逃避なわけだし.
でも居心地いいのよ(笑)
夢見心地.
いい響き.

本当は自分が見たい夢ばかり見ていられたら
最高なんだけども,
でもまぁ本当にそんなことができちゃったら
現実逃避する人がふえてっちゃうからまずいか.
それに自分がコントロールできないからこその
憧れと言うか,そんなところもあるきがするし.
時には怖かったり,悲しかったり.
そんな夢を見て,ハッとおきて,
汗だくになってる自分に気づく.
そして夢であったことにホッとする.
その瞬間は確かに怖いけど,
後になってみれば,それも一つの夢として,
新しい世界として受け入れらるってゆうか.
いろんな感情を呼び起こせるからこそ,
一つの世界として認識できる部分もあるんじゃないのかな.
そんな気がします.

そしていい夢に対して最も想うことは,
これが現実であったら.
もしくは現実になったら.
誰もが想うことではないでしょうか.
自分も何度考えたことか.
見てるときはすぐそこにある世界なのに,
覚めてしまったが最後,一瞬にして
薄れていくその世界.
現実と非現実を隔てる大きな溝を実感させられる瞬間です.
でも非現実であり,かつ希薄な世界であるからこそ
貴重なものであるのかも知れないし.
難しいなぁ.
この手に入らない感もいとおしさの一つになってるのかもね.

現実にはならないことを知っていながら,
手に入らない世界であることを知っているからこそ,
夢という世界に夢を見るのかもしれない.

2008年 

January 06 [Sun], 2008, 16:06
ちょっと遅めですが,あけましておめでとうございます.

2008年,ねずみ年が始まっております.
まずはお正月の様子を振り返ると,なんだか全然お正月らしさの
ないお正月でしたね.
本当に年が変わったのかわからないくらい,
いつもと変わらない普通の日々でした.
昔々まだ自分が小学生,中学生だったころなんかは,
お正月と言えばもうほんとに一大行事で,
とてつもなく楽しみだったきがします.
でも成長し,大人になるにつれ,周りの環境も変化し,
いつまでもお祭り騒ぎでいられなくなってるんだと思います.
残念な気持ちもありますが,それもしょうがないことだし,
別にそれは後退ではないとも思います.
きっとそれが流れってやつなんでしょう.
変化とはいつもそこにあるもの.
変わらないものはない.
ないからこそ新しいものとも出会いがあるわけでもありますし.

ってなことで新しい年,2008年の幕開けです.
どんな一年になるでしょうか.
いや,本当はどんな一年にしたいか考えるべきですね.
そうですねぇ,そりゃ輝かしい,プラスの年にしたいですねぇ.
日々成長を実感できるような・・・・・・・・
いや,ちょっと言い過ぎました,
せめて半年周期くらいで実感できればいいかなと.
成長したいからがんばる.
そして成長を実感でき,それがうれしいからまたがんばる.
そんな循環に自分から努力して入っていけるようにしてきたいです.
去年はけっこうネガティブな面が多かった気がしますから,
せめて一つでもポジティブに変えていけるように.

ま,一年の始まりなんだから,何言ってもいいでしょう?
こんなときくらいは目標っぽいものを示しておかないとねぇ.

ん?目標?

そうかぁ,今年も何か立てたほうがいいな.
去年は立てるだけ立てて,まったく達成できませんでしたし,
正直達成する気さえなかったですが.
でも立てるだけでも意義があるってことで.

何にしよう?
なるべく具体的なものの方がいいだろうし.
悩むけども,
まぁとりあえず一個目は決まってるでしょう.

「彼女をつくる!!!」

これは去年も掲げてまして,おそらく
掲げた中では一番注力してた(?)と思いますし.
引き続き目標としてはずせないでしょう.
いやぁでもこれが通年化してしまうとまずいからね.
何とか目標達成といけますようにがんばりたいです.
そのためにはまず自分自身の成長が欠かせないですね.
精神的成長,これ必須.
大人にもなって,周りに甘えてばかりいる人間なんか
誰も振り向いてはくれないでしょうし.
まぁこう考えると実際,彼女を作るなんてのは二の次の課題であって,
「精神的成長」が一番の目標かもしれませんね.
これが達成できれば,達成っていうか,ちょっとでも成長していくことができたら,
自然と周りを巻き込んでいける人間になっていけるんでしょう.
じゃちょっと言い換えましょう,去年とまったく同じでも面白くないし.

「精神的に成長し,周りを巻き込んでいける人間になる!!」

じゃこれ一個目で.
ちなみに一個目書いてる途中で二個目を思いつきました.

「1人暮らしをする!!」

これはちょっとマジで達成したいというか,しないとさすがにまずいだろうってことで.
うん,すぐには無理だろうけど,なんとか秋くらいには動き始めて
今年の終わりぐらいには新しい生活を始められるようにね.

うん,これは目標として最適でしょう.
結果的には一個目にもつながる気がするし.

でもこう考えたら結局目指すべきとこなんてのはもともと一つなのかもしれないね.
今頃気づいた感のある鈍くさい僕ですが,
でも気づいただけでは人間成長しません.

成長成長成長.

自分のちっさい芽にも水をあげて育てて行かねば.

世界ではいろんな人が一生懸命生きている.
みんながんばっている.

何不自由ない自分が甘えてばかりではダメだから.

ちょっとでも前を向いて進んでいきたい,
そんなことを思った2008年の年初め
1月6日

2007年 

December 31 [Mon], 2007, 21:16
2007年が終わろうとしている今この頃.
久しぶりの日記を書きたいと思います.
思えば今年は変化の多い年でありました.
学校を卒業し,就職.
なんと言ってもこれが大きな変化でした.
実に約16年続いた学業を終え,
働くことにより生きていく社会人の立場になったわけです.
最初は生活のリズムが変わったこともあり,
なかなかに疲れのたまる毎日でした.
スーツという,どこか常に緊張させられる服装で
電車に乗って出勤.
しかも学生時代にはまだまだ寝ていた時間.
学生を続けている仲間と自分の立場の差に
少なからず後悔や劣等感みたいなものも感じたりしました.

でももちろんいいこともありました.
それは社会人としての同期の人たちとの出会い.
いろんな人がいました.
すごく気が合ってすぐ仲良くなった人.
いまいち仲良くなれなかった人.
仲良くなりたかったけど,きっかけのなかった人.
半ば受け入れてもらえなかった人.
仲良くなったのに,中が悪くなってしまった人.
そのすべてが今につながっていて,
今の自分がここにいることを作ってくれているんだと思います.

そんな人たちと過ごしながらいろんなことを学びました.
社会人としてのマナー.
社会のルール.
仕事で必要となる様々な基礎知識.
同世代ではない人たちとのコミュニケーション.
そのすべてが身についているとはいえませんが.
でも逆に気づかないところで身に付き,
変化しているところもあるんじゃないかなと思います.
でも来年は気づくところで成長していく部分を増やしていけたら
いいなと考えています.

でもやっぱり時々思うことがあります.
あのまま学生を続けていたらどうなっていたのかなと.
当然今とは違う自分になっていたはずです.
学生を続けていなければ得られないものもあったでしょう.
社会人になったから得られたものもあるでしょう.
手に入れたもの,入れられなかったもの,
何が正しくて,何が正しくなくて,
自分の目指すべき姿が何なのかはまだ自分でも良くわかっていません.
きっとこの先何十年,社会で生きていく中で気づくべきなのでしょう.

話は変わりますが,今年挙げたいくつかの目標は結局達成できずに
終わりそうです.
情けないですね.この期に及んでそれほど悔やんでもいない自分が
また情けない.
いや別にすべてが悪いと思っているわけでもないですし,
大した目標じゃないと言われれば確かにそうなんですが.
でも達成したかった.
ちょっとは可能性を感じれるときもあったのに,
自分の力が1も2も足りなかった感じです.
来年こそはとも思いますが,達成できないんだろうな
という気が満々です.
まぁやる前からこんな感じだからできることもできないんでしょう.
もしかしたら自分自身,そんなに目標の達成に向けて
姿勢を傾けていられないのかも知れません.
でもねやっぱかなえたいなぁ.叶えたい.うん.
いつになることやら.

さてこんな感じで,結局何もなく終わっていきそうな2007年.
まぁそれもい言っちゃいいのかもしれません.
意外と平坦って難しいもんね.
みんなが元気で暮らしていけるだけでも全然幸せな人生だともいえるでしょう.

来年は2008年です.
今年に比べたら変化の少ない年になるとは思いますが,
社会人としての仕事が本格的に始まってきますし,
今以上に責任と言うものが多くなってくるでしょう.
がんばらないといけません.
自分のできる限りの力で.
前を向いて進んでいかなければ
変化も成長もないですし.

がんばりますか.
そしてまた来年のこのときに,
「今年も何もなかったなぁ」
と,そう言えるように.

そしてできることならば,
いや,なるべく,うん,お願いっすから,
今年の願いを来年叶えられますように.

そいじゃ皆さん,よいお年を!

人生 

September 14 [Fri], 2007, 20:59
数ヶ月間続いた研修が本日終了!!
始まる前はでら長いなぁと思っていた研修期間も
終わってみればあっという間.
初めはただの同期という枠組みでしかなかった人たちとも
いまや友達.
時の流れを感じる瞬間です.
いろんなことありましたし,いろんなことしました.
でもそれも今日で終わり.
友達とは仕事場が別なので
みんな別れ別れ.
せっかく仲良くなったのに,
別々になってしまえば縁遠くなってしまうのが人生.
とまではいかなくても自分の考え方アンド人との接し方.
出会っては別れ,出会っては別れ,
それが人生の流れ.
さみしいです.
いつまでも仲良くできたらいいのに,
なかなかそうもいきません.
だって,生まれてから死ぬまでずっとそばにいて仲良しなんて
友達いないでしょ.
家族だって無理.
出会いがあればいつか別れがある.
それが出会い.
楽しくもあり,悲しくもある.

今願うことは,ただその友達がこれからも元気で
同じ心持をもって行きたいということ.

たとえ離れ離れになって,
たとえ二度と会わない中だとしても,

お互い元気でやろうじゃないの.
世の中驚かす仕事してやろうじゃないの.

世界陸上 

August 26 [Sun], 2007, 21:10
いよいよ昨日から世界陸上大阪大会が開幕しています.
何を隠そう俺は世界陸上とか夏の五輪とかが大好きです.
ほぼ毎大会しっかりと見ています.
今は社会人となってしまったので残念ながら平日の昼間は
見れませんが,今年は日本国内での開催なので一番いいところが
夜のゴールデンタイムでちょうど見ることができます.
なんという幸運!!
でも外国での開催で,真夜中にやってる世界陸上も
あれはあれでよかったなぁ.
2年前の世界陸上とかは夏休みの真っ最中だったんで,
夜明けまでテレビの前でみてました.
ただ朝まで起きてるだけでもなんか楽しいのに,
その上世界陸上までみれちゃって,
いまから考えれば人生で一番幸福な時間だったかもしれん.
いや冗談じゃなくて.
でも社会人となってしまった今としてはもうそんなことはできません.
なんで今年の大阪開催はラッキー以外の何者でもない.
だっていつも通りに寝ても全部見れるから.

何回もみているおかげで有名な外国人選手も何人か覚えてきました.
でもなんといってもやっぱり日本人選手にがんばってもらいたい.
日本の選手がメダルなんて取っちゃったときにはもう感動物.
自分もテレビの前で一緒にガッツポーズしちゃうくらいにうれしい.
ほんとなんかもう表現できんくらいに満ち足りた気持ちになります.
今大会もそんな感動の瞬間が一つでも多く迎えられたらと思っています.

さてそんななかで早くも2日目も終盤にかかろうとしています.
すでにいろんなことがありました.
1日目の朝からなんといきなりの男子マラソン.
昔マラソンなんか最終日だったのに.
ってなことでもちろん早起き(自分にとっては)してみましたよ.
最後は尾方選手が力走を見せてくれたんですが残念ながら5位.
でも団体は金.
選手は微妙な心境だろうけど,とりあえずお疲れ様です.
そしてトラックでは朝原選手と為末選手が登場.
絶好の滑り出しを見せた朝原選手とは対照的に
為末選手はなんと予選落ち.
なんとも言えないです.
当然のことながら一番悔しいのは本人でしょうから.
そして朝原選手も今日の準決勝で残念ながらまけてしまいました.
選手としてはベテランの朝原選手.
少し前から引退もちらつかせている状況.
インタビューでみせられた涙は他人には計り知れない
様々な気持ちが結果となってあふれ出したものなのでしょう.

私という人間が陸上の選手の様子を見るのはこういった大会においてのみ.
そのほかのニュースにならないようなときにどういったトレーニングを
されているとか,どんな苦労をされているかといったことは
ほとんど知りません.
だからどんなに応援しても,その選手以上にその選手の苦労や
なんだといったものを思い知ることもできませんし,それ故
感情移入することはできません.
これは,さめてるとか何とかという前に,別の人間で
ある以上無理だということです.
どんなにその選手に同情しても,その選手と一緒に喜んでも,
本人以上の気持ちになることはできません.
だからいくら朝原選手の気持ちを推し量ったとしても
それを感単に想像で口にはできませんし,
してはいけないのだと思います.

だから選手に対して僕がいえるのは

「お疲れ様です.ありがとう」

これだけです.

これからも一つでも多くの瞬間に出会い,
応援して,ちょっとだけその感動を
一緒に味あわせていただきたいと思います.

がんばれニッポン!!

時をかける少女 

July 28 [Sat], 2007, 21:19
遅ればせながら先週テレビで放送されたときに
ビデオでとっておいたのを見ました.
詳しい内容とかはまったく知りませんでしたが,
昔実写があったことなんかは知っていたので,
この題名だけは聞いたことはありました.
映画館で上映されたのはどうやら去年あたりらしいんですが,
まったく知りませんでした.
う〜ん,なんでだろ?
こういう感じのは自分の好みにあってるから,
一回でも見たり聞いたりしてれば絶対食いついて
いたはずなんだけどなぁ.
しょうがないっすね.
一年遅れになってしまいましたが,
今こうしてこの物語に出会えたわけですから,
それはそれで良しとしましょう.

さてどうだったかというと,
もちろん好きですよ.
さっきも言いましたがわたくしはこういうの好きですし.
「こういうの」ってなんだよ?
と思われるでしょうが,
なんていうんでしょうね〜,
なんだろ
「切ない系」?
「青春系」?
「感動系」?
「恋愛系」?
「さわやか系」?
「爽快系」?
これら全部が含まれてる感じ!!
ちょっとわかりにくいかもしれないけど,
人によっては,それ違うだろと思うかもしれないけど,
そんな感じなんです.
アニメってのもいいですね.
基本的に綺麗な絵って大好きです!!!!!
それにこれちょっとSFというかファンタジー入ってるんで
実写だとちょっとさめてしまうとこあると思うんですが,
アニメだとそういうところをまったく感じさせない.
アニメだからこそ生きてくる内容なのかも知れません.

ってなことでよかったです.

そしてもう一つ良かったものが.
それはなんといっても主題歌!
奥華子さんという方が歌ってるそうなんですが,
いやぁ〜いいです.
まさにアニメの雰囲気にぴったりです.
歌声もすごい綺麗ですし,
う〜ん,いいんよねぇ(笑)
一発で気に入ってしまいました.
今年に入っての自分の中での
いい発見&いい出会いの人の
3人目ですね.
こういう発見っていいなぁ.
だれに進められるでもなく,
自分で聞いて自分で好きになる.
こういうのってそれだけで人生を
ハッピーにしてくれます.
最高の瞬間です.
う〜ん,この発見,この出会いに感謝です.
ありがとうございます.

そしてこれからも我が人生に
この発見,出会いが一つでも多く落ちていますように.
そしてそれを自分が見落とすことなく
見つけられますように.


ってなことで総括ですが,
うん,「時をかける少女」,
良かったです.

世界の色 

July 27 [Fri], 2007, 23:14
ちょっと大それたタイトルになってしまいましたが,
まぁ,なんというか,書きたいことをそのままタイトルにしたら
またネガティブなものになってしまいそうだったんで,
ちょっとはポジティブにと考えて工夫してみました.
大した意味は考えてません(笑)

「世界の色」,というよりどっちかというと「日常風景の色」
といったほうが近いかも知れません.
例えばいつも通る道,見ているはずの風景なのに,
見るときによっては,なんかいつもと違うように見えたりします.
タイトルが壮大なわりに書いてることはありきたりな感じですが,
ようはそういうことです.

考えてみればそれは当たり前.
たとえ場所が同じでもそこにある人,物が違うのはもちろん,
一番の違いはなんといっても自分の気持ちでしょう.
つまり言いたいことはこれです.
なんで今日見る風景が違ったというかというと,
自分の気持ちがちょっと沈みがちだからです.
(う〜ん,毎回書くことがネガティブだな笑)
なんてことはない,ちょっと友人との中がうまくいってないだけ.
「だけ」とはいうものの,その影響は意外と大きいことに
自分でもびっくり.
たった一人だけで,そのほかの人たちとはいつもと同じように
仲良くできているのに,たったひとりとだけ
関係がギクシャクしているだけで,
気持ちは超ブルー.
そのせいでしょうか.
何故かめっちゃ天気のいい世界がどこか影をおとしている感じ.
やたら性格の悪い晴れって感じでしょうか.
どこか圧迫感があって,自分ひとりだけをどこか別の
次元に追いやろうとしているように,
自分だけを仲間はずれにしようとしているように感じられてしまうんです.
周りの世界はみんなの幸せそうな笑顔で満ち溢れているのに,
自分の周りだけ空気がよどんでいるみたい.
みんなが時速100キロで進化している中で
自分はその場から動けないみたいな.

世界に「出て行け」といわれているような気がして
嫌になる.

もちろん,そんなんは自分の思い込みだから,あとは自分の
気持ちしだいなんだけどね.

強くなりたいと思う気持ち.
ないわけじゃないけど,小っちゃくて,
根性のない気持ち.
自分勝手で,それでいて他人まかせなきもち.

このままじゃだめだとはわかってる.
でもわかってるとやるとじゃ違うよね.

わかってるよ

わかってるつもり

いや,わかってないんだろうな

それもわかってるつもり


そして同道巡りな今日この頃という,
西暦2007年7月27日の自分という人間.
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像たむら
» 今日思った事 (2008年01月29日)
アイコン画像たむら
» もう一つの世界 (2008年01月29日)
Yapme!一覧
読者になる