五人組との出会い2 

April 03 [Sat], 2010, 0:34
高校を三日で辞めた大野智は、京都で過酷な舞台に立っていたらしい。


一日五回公演あり、客はガラガラ。

泣いたこともあったそう。

女友達から聞いた話だから、全てが正しいかは分からないが


大野智は京都にいた当時、プロのダンサーに頼み込んで

アクロバットだったか、何だたったかを猛特訓したらしい。



女友達から聞けば聞くほど、大野智のイメージが変わる。


一通り大野智について話を聞いて、歌とダンスがズバ抜けていることは分かった。


大野智に興味を持ってから、嵐の深夜番組を見るようになった。


これがまた、衝撃的であった。


正直言って、見始めた頃の感想は

『何てくだらないんだ…』

だった。


相葉雅紀によるコーナー、『Aの嵐』


本当にくだらないことの実験をしていた。


例えば、ゴミになるものを揚げて食べてみたり


明らかにマズそうなかき氷や味付け卵を作ったり。

しかも意外にイケるらしく、

『旨いよ旨い!』

なんて盛り上がっていた。


その他のコーナーもくだらなかった。


ドッキリやマイナーなスポーツに挑戦したり


五人がパジャマ姿で布団に入り、ひたすら雑談したり

マジカルバナナをしたり、番組制作費のために内職したり


20歳越えてるのに枕投げ、布団の上でプロレスしてみたり



深夜だから許されたのだろう。


いつの間にか、深夜の嵐が自分の楽しみになっていた。


くだらな過ぎて笑えた。
しかも、くだらないことでさえ五人は全力だ。


ひたすら笑っている五人であった。


番組を見ていると、大野智だけでは無く、メンバー全員のことも分かってきた。



まあとりあえず、仲は良さそうなグループだなあと感じた。


しかしやっぱり、全員が大人しい。


どのグループにも必ずいるような、前へ前へ行く人物が確実に居なかった。


どちらかと言えば、全員が

『どうぞどうぞ』

と道を譲ってしまいそうな五人であった。


芸能人として損だなあと感じていた。


だが僕はまだまだ、嵐について何も知らなかったようだ。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:つばさ
読者になる
2010年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる