吉野がまこ

July 09 [Sat], 2016, 12:01
新卒ですぐに勤めた介護施設では、そのハードさと人間関係に参ってしまって逃げるように辞職し、このまま介護士を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には介護士しかないようなので、「転職しよう」と決めたのです。決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。
スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。けれども、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだと当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。



離職率が高い職業として介護士が有名ですが、どうしても転職率も高い数値になります。

そうした傾向を踏まえ、介護士専門の転職サイトなるものが多種多様に存在しています。
これらの転職サイトを積極的に活用すれば、時間をかけずに自分の希望する条件の求人を探せますから、仕事で忙しく働く介護士にはうってつけのサイトです。

複数の転職サイトをランク付けしているサイトがあるので、こちらも一緒に活用することをお勧めします。介護士の職業は、別名「白衣の天使」ということからも世間一般では好意的な印象を与える仕事であると思います。



とは言え、介護士の現状はというと、収入面ではそう悪くはないとはいえ、実際は夜勤や長時間残業をしている介護士がたくさんいます。たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、本当のところ、介護士の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。


殆どの介護施設において、介護士が十分に足りていないことは社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。


理由としては、介護士の仕事が過酷だということが挙げられます。

法改正によって、医師の仕事を介護士が担当できるようになったため介護士が覚えなくてはならない仕事が増えて、勤務時間も長くなってしまい、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、退職する人もいます。介護士をするきっかけとしてよくいわれる動機の一つに一般的に給料が高いという点が挙げられます。
卒後間もない介護士の場合も、同世代の新入社員と比較して多くもらえていることがわかると思います。
ただし、このようにして高収入を得ているのですから、それだけ自分の知識や技術を磨いて、患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。介護士として、毎日激務をこなしているうちに、つらいこと、大変なこともあります。

楽ができる病棟はどこだろう、と考えるようになってもおかしくありません。



全体的に見て、比較的忙しくないとされる病棟は、辛い残業がほとんどない、という点で眼科、精神科、皮膚科や整形外科あたりのようです。ところが、専門性の高さですとか、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、ハードさの度合いは違ってくるはずです。

介護施設で介護士として働く場合、勤務時間が一定でないことに加え、ハードな仕事内容であるということを理由に介護士以外の職業への転職を考える人もよくいるといいますが、実は介護士の資格というものは、それ以外の職場にとっても実際に役立つことがよくあります。考えられるのは病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。介護士になるための手段として、大学と専門学校があり、いずれかを選択することになります。それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。最先端の介護について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。他方、専門学校に関しては、実習が多くあり、早い段階でより実用的な内容について学ぶことで、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについても大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。


介護士資格の最大の利点は、なんといっても介護士として勤務していない時間があっても、再度職に就くことが可能だということでしょう。


どうしてかというと、介護士の仕事が専門職だということ、人手不足であるということが大きくかかわっていると言えます。
どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は上手くいけばすでに50代になっていても再び働くことができます。



どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、介護士に多いトラブルと言えば、対人関係の問題や交代制による不規則な勤務形態があります。一般的に介護士の多くが女性なので、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場も実は多いのです。夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。

辛い職場に身を置いて精神をすり減らすよりも、転職してもっと環境の良い職場で働くのも間違いではありません。



このご時世、「介護士は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。
しかし、よく見てみると、夜勤の手当に依るところが大きいことによって給与が高くなるといえるでしょう。あなたがもしも、良い給料で介護士をしたいというのならどこで働くか考える時、日勤のみではなくて夜勤がある勤務先を選択してください。

夜勤帯に働くかどうかでどのくらい稼げるかが変わってきます。

介護士としての勤務は、他職種と比較して高いお給料をもらえます。
そういったことが起因しているかは定かではありませんが、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。



しかし、時間的余裕の少ない職業でもあります。働きづめの介護施設もあり、金銭的に浪費する時間的余裕もなくて、貯金が増える一方だと聞くことがあります。
収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最もいいと思います。他の一般的な職業と、介護士の収入などを比べたデータによると、少なくとも平均年収においてはなんなく介護士が上回りました。
慢性的に人手が不足している介護分野ではいつでも人手を求めている、という事情により、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという役得もあるようです。

収入が良いのは事実ですが、その一方で、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。
どうやら介護士の世界においては、人間関係の難しさが際立っているなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くてあれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。
あまり健全ではない、そんな空気の中にいていい加減、疲れてしまうかもしれません。

でも、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。

介護士として外科で働く際のいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、説明しましょう。
まず第一に、術前の患者や術後の患者の看護を実践することで、介護士の成長に役立ちます。残念なことは、一人の患者を担当出来る期間が術前術後に限られることが多いこともあり、腰を落ち着けて同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。誰もが一度は見たことがあるであろう介護士の帽子。

あの帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。

料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。しかしながら、近頃では介護士のユニフォームも変わりつつあり、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたらちょっとさみしくも感じられますが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。
初めて介護士として働こうと思っても、就職先が見つからずに失敗が続くという場合、年齢が壁になっているかもしれません。求人において年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、介護施設側の事情で採用の年齢を決めている場合があります。特に未経験で30歳以上の方が条件の良い働き口を見付けるには、相当な努力が必要になると思います。国外で助けを求めている人に、介護従事者として手助けしたいという考えを持った介護士の方が増えています。現実に、海外で日本の介護に対する需要の高まりから、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る介護士が求められているのです。

当たり前の事ですが、海外では意思疎通をはかるためにも、英語が必要不可欠なのです。
海外で介護士として活躍したいのであれば、英語を身に付ける事を優先しましょう。勤務や休みをある程度自由にすることができ、興味があってしてみたい、という仕事を選べたりもする、等々が介護士という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。働く期間も様々で、単発、短期、長期の仕事もむろんあります。
なにしろ、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。なので、今現在、仕事を探している人は派遣で働いてみることも一応考えてみながら職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。
例外もあるかもしれませんが、介護士として働いていると、やはり辞職を考えることも何度もあるでしょう。 重要な仕事で失敗してしまったり心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。そうはいっても、嬉しく感じることや、介護士として働き続けたいという風に思う日も多いです。

元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。


ハードながらもしっかり稼げるお仕事、介護士を目指したいのであれば、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、さらに国家試験を受けて合格しなければなりません。



国家試験については、受けた人の9割が毎年合格を果たしていまして、まじめに勉強していた学生にしてみると、たやすい部類に入るのではないでしょうか。介護士の養成を目的とした、専門の教育機関は看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。


介護士といったら、昔は大多数が女性でした。

しかし今日ではどこでも介護士の名称が使われ、男性の介護士も多いです。介護士に相応しい性格や能力をみても、介護士に関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。

母性的な優しさだけでなく、緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力も介護士に求められる要素だといえるでしょう。



介護士には夜勤がつきものですが、夜勤をするとどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤のみが可能な職場もあります。

ここで気を付けたいことは、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、やはり、夜勤で働く介護士よりも給料の額が減ってしまうことがあります。
現在の年収を下げてまで転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。一般的な介護施設に勤める介護士の多くは、業務上、患者やその家族と接する機会が多いため、不信感や不安を与えないために、髪形に配慮しなくてはなりません。いち介護士として、介護施設内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、まずは清潔感を重視した髪形にすることが良いでしょう。職場の環境によっては、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを知っておいた方が良いでしょう。介護士として働く人は女の人が多いので、人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて比較的離職率が高い職業です。それから、勤務時間がばらばらであることや、厳しい労働環境であることなどが影響して離婚してしまう人も多いと言われています。もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのも離婚してしまう人が増える一つの原因になっているかもしれません。
介護士は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、片時も気を抜くことはできないでしょうし、これが続くとどうしても多くの介護士はストレスに悩まされます。要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、心にも大きな負担がかかるということになります。

そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを知っているかどうかということは、この仕事を続けていくのであれば重要視した方が良いようです。
介護士になろうと思っていました。でも、家庭の都合から、企業に就職して結局OLになりました。
ですが、介護士の夢を諦めきれませんでした。


資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するということも出来たのですが、やはり介護士の資格が欲しいと悩んでいたところ、介護施設で看護助手として勤めながら資格を取ることが出来る事を知りました。
この方法で介護士の夢を叶えたいです。こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている介護士はそこそこいます。どこの介護機関でも、介護士は人手不足になりがちで、結果として、求人が大変多いわけです。


今いる職場において、そこでのどう考えても給料が労働に見合わなかったり、身体が辛いのにどうしても休めない、など、介護士が転職を希望するようになったわけは多様です。もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、その職場が働いている人にどう評されているかといった、口コミなどがわかると良いでしょう。
二年ほど前から、介護施設事務として勤務しております。介護士さんとは正直、仕事中にはあまりかかわりがないのですが常にみなさん忙しく働かれています。



仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。
しかし、案外、上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、子供を連れてきている介護士さんが相当いるんですよ。
先生方も笑顔で、和やかで楽しい会となりました。


街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。

このイベントに参加する介護士の方は少なくありません。


女の職場なので、男性との出会いというものが少なくて、結婚相手を探したいという介護士たちが街コンへ続々と参加しています。「介護士」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。
ただし、もしも新しい出会いがあっても仕事が規則的でないということが原因で、結局は別れてしまうケースが多いそうです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リオ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる