最高の締めくくり☆ 

June 11 [Mon], 2007, 17:46
今朝、3時から友人Tと友の今季最後となるエギングへ行ってきた。
まず初めに行ったポイントは、野豚さんが先々週2キロ手前を釣った某漁港へ。
到着は5時前であったが、すでに数人のエギンガーが竿を振っていた(困)
しかし期待していた場所には先客がおらず、すかさずTと場所をキープした。
そしてさっそく1投目をキャスト・・・イカの反応はなかったが、ピックアップ寸前のエギの位置は着水した場所からかなり流されており、潮がガンガンに動いていることを知れた。いい感じ☆
そしたら次のキャストで期待通りに抱いてきた!・・・がドラグをまったく出ないほどの引きで、上げてみると胴長20ピッタリのまぁ秋イカサイズでした。
周りでもポツポツこのサイズは上がっているようで、地合いだと実感ししばらく粘った。
初めの1匹から30分後にいい感じでラインが走ったから、思い切ってフッキング!
一発目のダッシュで一瞬はドラグは出たが、そこまでだった。
あっさりランディング成功!サイズは案外良くて7〜800gってとこ。
その後急に潮も止まり、釣果も伸びないことだし場所移動することにした。
移動しようと思い、テトラから波止へ上がったときに知ったのが、横でやってたエギンガー2人はカップルで、彼女さんはエバーグリーンのジャケット着て竿振ってた。
すかさずそれにTと反応し、「女でエバグリのジャケット着て釣りやりようなんて萌えるわぁ」って笑いながら通過した。
カップルで早朝から2人揃って竿振ってるなんて格好良すぎだった☆
これは釣り人にしか理解できない魅力だろう!

なんて車で話しながら着いたのは超メジャー漁港。
ここでは1ハイいいのを釣ったが人も多かったんですぐに移動。
次に本当はさらに北上も考えたが、北風が強くなってきたということでUターンし途中スルーした聖地漁港へと行った。
このUターンがこの後ドラマを起こすとは、このときまだ知るよしもなかった。

最後のポイントとと決めたこの漁港で釣り始めること、数分後、潮が動き出したのが分かり、俄然やる気が出てきた!
そしてテトラへケガをしながら移動しての第一投目にドラマは起きた!
沖から手前までシャクッってピックアップしようかなって思って、リールに手をかけた瞬間にラインが猛ダッシュ!!!
デンゲキ合わせでロッドを立てると、ガッチガッチに絞めてたドラグが音を立てる☆
手前でかけたもんだから、引きも直に伝わってきて最高に楽しませてくれる。
イカもパワーあって、足元から3メートルくらいは沖に走ったが、さすがにこっちもフルパワーで抵抗してるもんだから、しばらくしたらバテたらしく、ゆっくり寄せれ事ができた。
ギャフでがっちり上げ、胴長を測ると35センチ☆
それから数分はやったが、イカの重量も気になったから釣り具屋で計量してもらうことに。
計量結果は1.5キロアップで写真もしっかり撮ってもらった。
某新聞に載せるらしいんで今から楽しみだ。
今季はいい形で締めくくることができてマジ良かったって思う。
また来年に期待して、しばらくイカはOFF!!!

キロアップ 

June 04 [Mon], 2007, 22:14
今日は昼前までぐっすり寝ていた。
体力も完全回復したことだし、昼からT方面へとエギングへ出かけた。
第一ポイントはおなぼ君弟の2キロアップヒットポイント・・・・がアジ師の多さに圧倒され釣りにならなかった。
それから南下し、K漁港、Y漁港の様子を見たが最近2キロが釣れているという情報を知ってか、驚くほどエギンガーが溢れていたので数投だけして即移動(今度は北上)
次に超メジャー漁港へ到着!
そしたらアジ師だけでエギンガーの姿はなく、投げるスペースも十分ありラッキーだった。
シャクリ始めて1時間経った頃、ようやくイカの反応が☆
しかーし案外小さく引かず、400gくらいの♀でした
同じポイントでさらにやること2時間後に、また400gくらいの♀が釣れた
サイズが伸びないし、この漁港にも飽きたんでさらに北上することに・・・。
次なるポイントはつい3日前に友人Tと来たポイント。
今日は朝から南風が強く辛い釣りだったが、このポイントは風裏になってることもありぼちぼちいい雰囲気☆
潮はだいぶ引いてるようで海面がだいぶ低くなっていたが、夕まずめ近いこともあったから期待してフルキャストした。
するとその一投目に今日一番の反応があった
あわせるとがちがちにしてたはずのドラグがグングン出て行く!
確実キロはいったと確信があったから慎重にランディング。。。。見えてきたイカはしっかりデブデブな感じではあったものの縦の長さがない感じだった。
しっかりギャフでGETして長さを測ると30ちょいだった。
それから立て続けに2ハイほどキロないサイズが釣れたがサイズが上がらないし、潮も止まったんで帰宅することにした

いちお検量だけしてもらおうと釣り具屋へ持って行った
検量したら1050gだった
なんとかキロはあったけど2キロアップばかりの写真あって恥ずかしかったから顔を隠して写真を撮った
2キロ近けりゃ顔出しますけど、とてもお恥ずかしくて・・・。
7日はM先輩と早朝より行く予定なんで2キロ目標に行ってきます!

新ロッド 

May 18 [Fri], 2007, 21:09
今日はバスのジグ用ロッドを買い換えました
以前持ってたジグ用の竿はタクティクスのテンペストっていうんだけど、こいつの感度の悪さは只者ではない!
エバグリの菊さんが釣った竿で、菊さん信者なもんだから3年前に買ったんだけど、使い初めから感度の悪さがどうもストレスで今までやってきた。
竿の重量やバランスは好きやったけどな
しかしさすがにもう限界だった
ので、OックルOリーへまずテンペストを売りに出した。
1万〜1万5千くらいかなって予想通りで、1万3千で売れた
それを軍資金にOャストへ直行
店員N氏には買うことをすでに伝えていたんで、すぐにショーケースを開けてくれ買う竿を試し持ち
間違いない軽さと感度には驚かされたんで、即効で「はいっ、購入!」
買った竿はエバグリのテムジン・エアードライバー(66MH)
来週火曜はN氏と某ダムへ行く約束してるんで、出発時間等打つ合わせサヨナラ

店を出ようと思った際、雷鳴ってて雨降るなよって走って車へダッシュ
そしたら笑えるほどいいタイミングで超大雨が
しかも竿を車に積んで、車に乗ったと同時くらいに雨の勢いが弱まった
完全にお天とさまに狙い撃ちされた感じだった

写真は俺のバスロッド全種一番左が今日買ったニューロッド

キロアプ! 

May 14 [Mon], 2007, 23:48
今日は夜勤明けという辛い状態であったが、春イカがいい感じで上がってるという情報もあり日本海へ繰り出すことにした
朝から風も強かったので風裏になるとこに行こうと思い、まず第一ポイントに行ったのは、超メジャー漁港
予想通り風はなくラッキーだったんだけど、沖と見れば漁港を囲むように網が仕掛けられていた
約2時間粘ったけど、潮が引いていたし、網が気になって仕方なかったんで移動することにした
次のポイントも風を考えての移動にしたんだけど、その漁港の一番行きたかった場所にすでに先客がいたのが見えた
渋々、先客者の横でやるかなと思い、車を停めて歩いて向かっていると、いいタイミングで先客者が別の場所へ歩いていった
申し訳ない気持ちを持ちつつすかさず、場所キープ
しかし風が真横から吹いており、なかなか思ったとおりに攻めれずにだった
風が一瞬弱まった時に船道になってるとこへフルキャスト
スラッグジャークを一度入れた後にラインがスゥー☆
500gクラスらしい、ぼちぼち強い引きが伝わってきた
引きを楽しんでるのもつかの間、漁港から船が出てきてします、超強引にイカを寄せるはめになってしまった
胴長22(♀)アオリだった
春イカはペアでいることが多いんで、すぐに同じポイントへキャスト
そしたら理想どおりにイカが抱いてきた
これも同じく22のイカで、偶然かどうかは分からないけど今度は♂アオリだった
毎回22前後は釣れるが、春だというのに今回もキロなしで終わりなのかと考えながらしばらくシャクリ続けた
太陽がほぼ水平線上に差し掛かったときに、その時はきた
アオリーQ3.5寸のピンク(エビ柄のレインボーテープ)を沖に向かってフルキャストに2段シャクリにズッシリしたものが竿を曲げた
2,3度ドラグを出すたまらない引き、こいつはキロいったなと慎重にランディング
足1本かかりでもあり焦らされたが、なんとかギャフでキャッチすることができた。
上げてすかさずサイズを測ると28センチ
キロは微妙なラインではあるが、去年の尺アオリに比べれば明らかにデブっていたんで前向きに自信を持つことにした
それから日没まで数投したが、次に続くことはなかった

帰宅前にメバルをやってみるものの、20後半2匹かけるもドラグの緩め過ぎが原因でラインブレイク
今思えばひょっとしたら尺メバだったかもとも思う、それぐらいドラグ出されたし、一瞬魚体が見えた時にいい感じだった
少し場所を変えると今度はM先輩が釣ったと連絡してくれたハタンポという魚が釣れた
しかも2匹立て続けにそいつが釣れたけど、少し不気味な魚だったんでリリースして帰宅することにした
帰宅して調理用にはかりで計量すると28アオリは1040gあった
ギリキロではあるが、なんとか初キロなんで素直に嬉しく思った

警察署へ・・・不幸中の幸い・・・心から感謝 

May 03 [Thu], 2007, 23:08
今日は昼から姫さんとドライブをと須佐を目指した
途中、萩のセルフでガソリン満タンにしてさらに須佐を目指していた
須佐までもう10kmと迫ったところで、携帯が鳴った
誰かと思うと弟からだったので、運転中ということもあり姫さんが電話に出た
すると弟から「兄貴アホ」の一言
何かと思えば、家に萩警察署から電話があったらしく、電話の理由は俺の財布の届出があったというものだったなんのことだと思いながら、そこで初めて財布がないことを知った(遅)
萩警察署へさっそく電話をすると、財布についていくつか質問をされ、本人確認ができたということで萩警察署まで引き取りに行くことにUタ〜ン
30分後にはなんとか萩署へ着き、さっそく中へ・・・そして中身の確認と引き取り証明書を書いた内心、現金はすられただろうと諦めてたけど何一つ抜かれたものはなくて、なんていい人に拾われたんだろうと芯からホッとした
拾ってくれた方は萩に住む70歳の男性拾った場所は萩のセルフを出てすぐのところだそうで、それを聞いておとしたタイミングが判明セルフで給油中、車の天井に財布を置いていたっぽく、セルフを出発したときに道路へと落下したものと思われる超ドジやぁ
財布が戻ったことで安心したせいか、なぜかテンション下がり、須佐へ再び目指す道中はずっとボーっつぃていた
それでも30分後には須佐のフォルンフェルスへと到着高波と断崖絶壁と地層の景色には感動させられ、沈んでいたテンションも地味に復活初須佐だったんんで、須佐を制覇した気持ちからも元気が出た
心も洗われ元気を取り戻して帰宅している途中、国道から見える波止場にエギンガーがたくさん見え、途中でエギングをするっきゃないなと計画実は秘かに車に釣具一式を載せていたしかーし、釣りするならここだって決めてたとこに3人ほど先客がっ(困)一気に釣りをする気もなくなり、そのまま家路へと戻った足のケガの回復も案外早いこともあったせいか、姫さんが「しゃくったら」ってあっさり言ってくれたことがかなり嬉しかった今朝は友人、会社の先輩から2キロアップGetという情報を聞いてから、釣りをしたくてたまらない気持ちを抑えられず、それが姫さんに伝わったのかなとも思った釣具を乗せてる時点でNGだったのかな

夕方、拾い主の方へ電話をすると電話の口調からもいい人だって分かる人が出た
感謝の気持ちをしっかり伝えると、拾った経緯を話してくださったなんと、財布が対向車から転がってきて車でひいてしまい、何事かと思い車を停めると中央線に財布があったという。
こりゃ、天井から落下してすぐのことみたいな気がした
ほんとはお礼の品を送るのがマナーなんだけど、拾い主さんはそんなことしないでくれって人だったんだ拾得物って警察に届けて半年しても持ち主見つからなかったら、拾い主のものになるんだけど、それをも断るような人だったんだ自分だったらラッキーだって思うだろうと思うと、そんな自分が汚く思えた今日のような生き方をしなければって強く思った

じいちゃん、ありがとうございました

骨挫傷 

April 27 [Fri], 2007, 13:03
この日曜、フットサルの試合で相手選手と衝突してしまったその日救急で病院に行った際、明日にも軽く手術になるかもねって話にそして月曜・・・骨には異常ないから手術することはないって判断になり、驚くことに「また痛かったら来てください」とのこと(某T病院)それを聞いて少し安心して昨日まで仕事してたんだけど、仕事中に急に悪化↓短時間井腫れが足の裏まで広がり痛み出した。急いで先輩の知ってる病院へ直行してMRIで診断してもらった結果、左足膝の間接部の骨が広い範囲で細かく亀裂が入っていたのが分かった。じん帯もかなり痛めているようで、じん帯周辺の毛細血管が切れ大量出血を起こしていた。手術をするかしないか際どいところではあるらしいんやけど、しばらくは絶対安静で経過を見ていくことに。。。入院はしないけど、平日毎日通院しなければいけないことに。春イカ絶望的(泣)ちなみにこの月曜は診断結果が大したことないということだったので、夜から火曜の昼にかけてメバル&イカへ出撃MAX29メバを含む25アップ6匹と初春アオリ(20センチ以下)をGET☆楽しかったけど、長時間の立ちっ放しが足に大きなダメージを与える結果になるとは思いもよらなかった

これからの期待 

April 22 [Sun], 2007, 0:08
前回、メバル27センチを釣った一週間後に写真の釣果をたたき出してしまった
初尺である31を1匹含む計8匹(平均26くらい)

すみません、ただの自慢になりました

昨日は朝からイカ、メバルに行ってきましたけど、ノンキーメバルは20匹以上釣れたけど、キーパーになるようねのは1匹もGETできなかった
イカも言い訳をすれば強風注意報がでるほどの風があったせいでか、まともに釣りにならず撃沈した
だけどあまり悔しさもなく、シャクり続けたことに何故か満足してた
僕がよく行くショップにはすでに2キロアップアオリを1匹含み、計3ハイほどキロアップが釣れていく写真が飾られている
見れば見るほどやる気が出るから、釣りテンションあげるにはいい薬になる
今年はとりあえず1.5kgを目標に春イカに専念していきたいと思う
メバルはとりあえず来週月曜に行くから、それで終幕かなって感じ
みんなもこの春楽しもうジェ

最近思うこと・・・。 

March 30 [Fri], 2007, 1:20
いきなり本題!
この頃、正直言ってバス釣りにまったくの面白さを感じていない。
キャッチ&リリースの考えからキャッチ&イートって気分になっている。
今まで散々バス釣ってきて、確かにそれはそれで楽しかったんだけど、最近は何か結果を持って帰らないとどうもやりがいを感じないんだ。
今、俺はバス、イカ、メバルをやってんだけど、3つもやってるとどうも中途半端になっちゃってるなって実感してるのです。
何か自分のこれからを改革しないと、いつまで経っても中途半端なままだと思うんで、これから何らかの変化をさせようて思う。
何らかってバスをやめるかどうするかってことだけどね。
このブログを読まれた方、この僕の立場になってコメントをください!

初めてメバルの魅力に気付く☆ 

March 23 [Fri], 2007, 15:23
昨日、夕方4時に仕事が終わったんで、北へ会社から直行した
漁港へ着くとヤリイカ師が大勢いたのだが、わずかな隙間を探し釣り開始
そしたら一投目から25センチがヒッツ
足場が非常に悪いため、キャッチに至るまで超大変だったけど、めっちゃ竿を曲げてくれました
高まる興奮が次の一匹に届いたのか、5投目くらいで今度は27センチをキャッチ
その27をクーラーへ入れる際、クーラーを落としかけてしまい、中にいた入れていた1匹目の25を逃がしてしまった
そのせいでテンションが若干下がったものの、それから4時間いい感じで魚が釣れテンション復活最終的には27×2,25×1,22×1の計4匹を持ち帰ることができた
逃がしたのも含め、釣った5匹は一箇所での釣果であり、このポイントは聖地だなと感動
というわけで、ポイントについての質問は一切なしでよろしくお願いします。
写真は27センチ2本

釣果不振? 

February 01 [Thu], 2007, 18:36
先月23日のナイターにはおなぼと関門へ出撃☆
しかし暴風警報も出ていたこともあり、強風に泣かされ永遠ドライブしていた
ドライブの車内で釣りの話や世間話で笑えて楽しかったから、まったくの後悔はなかったけどね
また是非行こうや!

その3日後、今度はM先輩と釣り具屋店員Nマンと北へメバりに行った
俺は2勤で仕事済ませてから合流になったんだけど、合流した時点で2人はメバをぼちぼち釣っていた☆
合流した漁港で、俺もえっちらおっちら釣りを開始した
メバルのあたりもしばらく皆なく、移動しようかって話していたときに糸先のECOGEARパワ-シャッドにヤリイカが追ってきたのが見えた
すぐ横にいたM先輩に言うと、すかさずM先輩はエギをキャスト→っといきなりエギに抱いて見事にGET
このときのM先輩の対応はマジ無駄がなかった
その後、M先輩が追加で1ハイ、Nマンも1ハイGETした
あいにく俺はメバルオンリーのつもりでいたため、見物におわった
どんな時でも備えあれば憂いなしって奴ですな
その後、何箇所か転々と漁港をまわったが、俺がメバルを1匹釣るくらいだった
最後の最後でM先輩はヤリイカ2ハイ追加で、とことんM先輩にはやられましたって感じ
M師匠(昇格)!また行きましょう!

俺はかっちょ悪い伝説を数々起こしてしまった。。。詳細は秘密
釣り人として降格してしまいますからぁ~残念!
P R
2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fisherman
読者になる
Yapme!一覧
読者になる