悩みイロイロ 

2006年07月26日(水) 1時54分
今、私の周りにはいろいろな悩みを抱えている人が多い。
私も私なりに抱えている。
しかし周りの人たちの話を聴いていると
自分の悩みが本当にこどもでちっぽけで自分勝手だと思い知らされる。
コンナノ悩ミトハイエナイ。

そう思うたびに、自分の悩みはどんどん口にできなくなる。
大変だと悩む人が大変だと口にする度に
「私だって・・・」って思う。
そんな自分の醜さが嫌になる。
私は人に悩みを打ち明けられない分苦しむ。
人生において・・・通り過ぎてしまえばいいだけのことかもしれない。
けど、今一番目の前にある悩みでもう、1年以上悩み続けている。
一向に解決しない。逃げ出してしまいたくなる。

逃げ場がある分、大したことではないのかな・・・
選択の問題だ。よく考えて・・・判断しよう。

余裕ない 

2006年04月21日(金) 23時02分
そんな言葉を聞くと、嫁はきっと癒し系なのだと想像する。あの笑顔が腹立たしく思えてしまう。プワプワした言葉を発する男は嫌いじゃないが、それが誰かの影響だとするなら腹が立つ。自分勝手です。実に。

いつだったのか 

2006年04月17日(月) 1時01分
正確には覚えていない。
けど・・・4月の中旬過ぎだった。
4月の16とか17とか18とか・・・。

小さすぎた自分が嫌になる。
無力すぎた自分が嫌になる。
それくらいの判断能力あったでしょ、って後悔する。
あの時とめられていても、なんでも、
救急車を呼べばよかった。

目が覚めるとおじいちゃんおばあちゃんが家にいた。
母は昏睡状態となり入院をしてしまった。

救急車を呼ばなくてよいと苦しんだ声が
私にとって最後の母の言葉だった。

2ヶ月近く意識がなく

そして亡くなった。

母が生きていたら
私はどうなっていただろう。
きっと今とは全く違う人生だ。

それが幸せなものになっていたという保証は何もない。

けどなんとなく、その人生は明るいものだっただろうと想像してしまう。

私は、何をすれば明るい世界へいけるんだろう。

自分が幸せになれるのか、不安で不安でたまらない。

人を傷つけるばかりで何を言っているんだろうとも思う。

けど、人生ってそんなに大変なもの?

もっと手軽に幸せって手にはいらないのかな。

あら、、また日があいた。 

2006年03月26日(日) 0時56分
なんか、最近からだがぐったりしている。

思ったよりも精神的に疲れているみたい。

来年度の体制も決まり、今年よりも絶対よくなると思う反面

どうなるか見当もつかない。

今年1年で自分の中でも変わった部分もある。

普通でなくなってしまったのでは・・・って思ってしまう。

私が思う普通がたくさん通用しなかった今年。

来年度はそれが私の思うところの普通になることがあるだろう。

それが負担になるかもしれない。

変わることも怖いし、変わらないことも怖い。

何でやらなかったの?って言われることも、正直怖い。

大変だったんだ。本当に。

年の差 

2006年02月16日(木) 1時14分
年の差のあるカップルを聞くと、ちょっぴり切なくなる。
自分はどんなもんかと思ってしまう。

私は年の離れた人が好きだ。
年の離れた人だと安心してしまう。
同世代は結局、この自信たっぷりな私にどうも自信たっぷりに向かってくれない。
いや、自信たっぷりな男も嫌いなんだけど。
人の話聞かなかったり、人のこと決め付けたり
浅い知識でカチンとくるような言い回しされると嫌になる。

そう、だから自分が無条件に従えるような年上がいい。

今、ここに来て年の差カップルのゴールインが多い気がする
しかも私くらいの年齢と40歳くらいのカップル。

同世代の結婚を聞くたびに軽くへこむのに(ワタシハソンナニオトナジャナイ)
この年の差はさらにへこむ。
私は彼が好きだった。
遠い存在だった。けど、それは立場以上に私には年の差があった。
絶対に届かないって思うから、気軽に好きでいられた。
年の差なんて!って口にするのも楽しかった。
どんなに近づいても絶対相手にされないだろうと思っていた。
彼が12歳差・・・私と2つしかかわらない人と結婚したと聞いたとき
本気で突っ走れなかった自分が嫌だった。

年の差なんて関係ない、関係ないなんて口にしながら
障害にしていたのは自分だったのかも。(て、最近その手の反省多すぎ)

彼と仲のよい人が15歳年下の・・・私と同い年の人と結婚した。
なんだやっぱり突っ走ればよかった。
そんな風に思ってしまうんだ。

結局は自分 

2006年02月15日(水) 0時14分
休みの日に仕事の電話がかかってくるのが、とても嫌。
仕事を持ち帰ってまでやるのはやめて欲しい。できないものはできないと言おう。

それをやたらと公言していた。
去年、それで休みを何度かつぶされたからだ。
職場にいるおばちゃんたちはパソコンの操作がわからないだけで
○○さんに電話しようと休みの日も構わず電話する。
そして、おばちゃん自身が休みの日やアフターファイブ(かっこ悪い言い方)でも
仕事のメールや電話をしてくる。
そんなに仕事のこと考えなきゃいいのに。
いなきゃいないでどうにかなるもんだ。

仕事をしないと死んでしまうのではというほど仕事をしている同僚がいる。
人の仕事を奪い去ってまで仕事をする。
こなす力はあるのかもしれないが仕事はそれだけでない。
ほかの人とコミュニケーションを図ったり、仕事がううまく進むよういろいろ考えなくてはいけない。
丁寧に行うことも必要だ。
彼は休みの日でも仕事をしている。家に持ち帰ってまでだったりする。
彼は3月で退職するので、その後の仕事をするのが本当に怖い。
仕事の全貌が見えないのと、普通の人が時間内にこなせる仕事量じゃない。

仕事に責任は持ちたいけど、プライベートと仕事は分けて考えたい。
四六時中仕事のことを考えていなくちゃいけないほどのお給料はもらっていない。
私がミスしたなら、それはきちんと監督していない課長の責任だと思う。
あんな無責任な課長の下なんだから、少ない給料で頑張るのも馬鹿馬鹿しい。
私たちの勤務体制でできる仕事配分にするべきだ。
それをフォローできるようにするべきだ。

そんな風に考えていた。

不安 

2006年02月11日(土) 1時06分
少し考え出すと、ワーッと頭の中をいろんなことをめぐる。

こうしている間にも次から次へといろんなことがめぐる。

答えが出ないから、なんとなく結局成長できない気がする。

本当は、自分がものすごく欠陥のある人間なんじゃないかと不安になる。

私がこの人には近づかないようにしようと感じるその空気を
私自身が吐き出しているんじゃないかとも思う。

ブログがかけないのは、自分の本音を吐き出し、
それが他人に知れたときが怖くてたまらない。
自分の本性を誰にも見せたくない。
そして私自身自分の本性を知るのが怖い。

時々そんな感情に襲われる。

恋愛できない自分が怖い。
人を頼らない自分が怖い。

怖いと思っていることを、疾患だと言われるのも怖い。

私はどこで素直になれるんだろう。
素直になった自分を愛してくれる人はいるのか。
私は何に自信を持っていいのだろうか。

やっぱり更新してないや。 

2006年02月11日(土) 1時01分
存在を忘れているわけじゃないけど
やっぱり更新をさぼり気味ですね。

なんか、時間がない。

自分に向き合う時間がない。
本当はきちんと向き合って一個一個なんとなくわかったつもりになって
生きて生きたい。
いろんなことが頭の中をめぐり
次から次へいろんなことを考えてる。いろんなことに悩んでいる。
いろんなことの答えが出ない。

自分の考えがまとまらない。

久しぶりに 

2006年01月14日(土) 1時48分
そう言えば・・・ブログを初めて1年たったなぁと思って覗いてみました。
他所様にお披露目できるようなステキな生活をしていないし
誰宛でもない想いを不特定多数の人が見られるブログに綴ることが
ふといたたまれなくなり更新を怠ってました。

また、気が向けば書くと思います。

27 

2005年08月09日(火) 23時08分
かつて大好きだった数字です。ラッキーナンバーだと思いこもうと思ってました。

27になりました。

思わぬ人からメールもらえたり
思わぬ人からメールもらえなかったり。笑

誕生日をお祭りだとも思わなくなってますので、別にいいんですけど。

自分が傷つかないようにする術を覚えてしまった。
本当は誕生日に来るメールの少なさが自分の友だちの少なさを実感させられる。
いやいや、誕生日にメールくれる人ばかりが友だちじゃないですし・・・。
何年もあってもいないのにメールくれる友だちもいますし。

いやはや。27ですよ。
楽しみますよー!
ラッキナンバーですから。
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:firoco-n
読者になる
Yapme!一覧
読者になる