東急不動産

June 06 [Fri], 2014, 16:15
電鉄系不動産会社としては、突出した規模を持ち、前身の田園都市株式会社を引き継ぎ、都心五区での住宅?オフィス?商業施設開発を中心に、都心からリゾート地まで「住宅」「オフィス」「商業施設」「資産活用」「リゾート」「海外」と幅広い事業展開をおこなっている。なお、不動産投資ローン 融資東急グループにおいてデベロッパー機能を持つ東京急行電鉄は東急沿線での開発が中心であり、都心開発が中心の東急不動産とは棲み分けがなされている。

近年では、東武百貨店から神宮前交差点北東角に位置するティーズ原宿の土地を建て替え費用も含め約600億円で、同年にはタカシマヤタイムズスクエアの土地と建物の6割を1210億円で、には東芝不動産から数寄屋橋交差点南西角に位置する銀座東芝ビル(後の銀座TSビル)の土地と建物をで取得すると発表。銀座東芝ビルは築70年以上が経過し老朽化が進んでいることから、に解体工事に着手、跡地には地上11階、地下5階の商業施設を建設する計画である。

またには、東急不動産ほかによる二子玉川再開発(二子玉川東地区第一種市街地再開発事業)が着工された。当該再開発における計画面積はで、組合施行としては全国最大規模。第1期計画とし不動産投資ローンて多摩川沿いの駅ビルを軸としたI街区、超高層の商業棟とホテルを軸としたII街区、超高層マンション(最高151m)を軸としたIII街区が計画され、2010年までにII街区を除き完成している。

より3年間で総額5,000億円を投じ、都心部において積極的なオフィスビル?商業施設開発を行うとしており、これ程の規模の事業投資は同社としては初。不動産価格の高騰が落ち着き、投資に有利な環境となった事で積極的に展開していくとしている。

本来であれば会社を買い取る側の経営陣の自己資金によるべきであるが、買収する側(経営陣)が買収に十分な資金を持っていない場合、実際にはいわゆるプライベート?エクイティ?ファンド(PE)などの協力を仰ぐのが一般的で、MBOの結果、資本的にはPE等が主宰する投資組合が大株主となるケースが多く見られる。

なお、PE等は当該企業の企業価値をさらに高めた上、IPO(株式(再)上場)させるか、他の企業に株式を売却するなどして、資金回収を図る。特に、不動産投資ローン 比較上場企業の経営が若干悪化し、若干余裕がある場合に、経営再建の際の株主の影響を排除するために、この手法がとられる場合が多い。このようなケースでは、再建が軌道に乗ってきたところで再上場する場合も多い。

このようなMBOは、買収先のキャッシュフローと資産を担保にした借入金で調達するという意味においては、LBO(レバレッジド?バイアウト)の面もある。また、近年の日本のMBOでは銀行借入以外に劣後ローンや優先株といったコンポーネント(所謂「メザニン」)を組み合わせることで、調達手段の分散と調達金額の増加を図る方法が普及しつつある。

一方でMBOから一定期間経過後も経営状況が好転しない場合、大株主であるPEが経営陣を解任し、PEの意向に沿う新たな経営者を招聘する例も有る(すかいらーくが代表例)。これはMBOと言いつつも、実際には経営陣が当該企業のオーナーたり得ていないために起こる事象であり、一部にはこのような「実態はPEが経営権を握るMBO」を「名ばかりMBO」として批判する意見や、「創業者が自ら保有する株式を現金化する手段としてMBOが隠れ蓑的に使われている」という意見も出てきている。
finnish-charity-school.org
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:finnishcha
読者になる
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/finnishcha/index1_0.rdf