戦力外通告の川上、来季も中小子日 ゴルフ転向

November 10 [Mon], 2014, 17:27
中日から戦力外通告を受けた川上憲伸投手(38)が、来季も中日でプレーすることが決まった. 19日に球団と名古屋市内で契約を結んだ. 推定年俸は今季の6千万円から50%減の3千万円. 川上は「恥ずかしいけど、落合ゼネラルマネジャー(GM)と谷繁新監督から連絡があり、ドラゴンズと再契約しました」と照れながら語った. 右肩痛に苦しんだ川上は今季、5試合に登板して1勝1敗に終わり、世代交代を進める球団の構想から外された. しかし、その後、選手兼任の谷繁監督と落合GMが就任. 球団首脳の顔ぶれも一新されたことで、異例の方針転換となった. ナイキ レディース シューズ 川上は現役続行を模索しつつ、プロゴルファー転向も考えたという. 「やっぱり野球しかないと思った. 引退会見の誘いを断っておいて良かった」と話した.