9日目(最終日) 

2007年10月07日(日) 18時38分
いよいよヘルシンキを発つ日がやってきました。
夕方の飛行機まで時間があるので、荷物を預けて
市内をうろうろ。

ヘルシンキ中央駅に行ったり・・・


公園で一休みしたり。Robert's Coffeeでお茶したり。


最後にArtekで大人買いをして、ヘルシンキでのお買い物終了!
バスで空港に向かい、免税手続きを済ませた後は、
はまってしまった黒パンとヤギのチーズをお買い上げ。

すっかりフィンランドにはまった9日間でした。

道を渡るときは、ドライバーが笑顔で道を譲ってくれ、
どこのお見せでも店員さんが気軽に会話に応じてくれ、
手荷物がいっぱいだと、老若男女関係なくドアを開けてくれる
フィンランドがとても好きになりました。

そして、休みをとって、快く自宅に招いてくれ、
連日車を運転して北極圏まで連れていってくれたり、
コテージ探しから宿泊手配までしてくれたご夫婦に感謝です。

さて、次はいつ行こうかな!!

帰国後レポートは、お土産篇をアップしていきます。

花火 

2007年10月07日(日) 18時31分
最終日はちょうど上半期が終わる8月31日。
ディナーのワインでいい気分でHotel Torniに戻って
そろそろ寝ようかなという頃に
パン!パン!と花火の音が聞こえてきました。

見に行こうかなという思いは、眠気に勝てなかったのですが、
どうやら2時間くらい、0時頃まで花火が上がっていたそうです。
太陽を愛するフィンランドの人々が、夏に終わりを告げる
イベントのようです。

まだ19:20でもこれだけ明るいヘルシンキ。kamppi手前の通りです。

Ravintola Karljohan 

2007年10月07日(日) 18時24分
滞在最終日のディナーは、Torni Hotelから歩いて30秒の落ち着いたレストランRavintola Karljohanです。
ジャンルはフレンチ、かな?
最終日のディナーということで、予約してから行きました。

無駄に愛想笑いをしない、マジメなスタッフが迎えてくれました。
驚いたのは、何とお花が活けてある窓際の一番いい席に通してくれたこと!
日本人ツーリストにもこの態度、ちょっと嬉しいですね。
シャンパンをグラスで頂いたあとは、赤ワインをカラフェで。

お食事は、前菜の盛り合わせ、鮭のムニエル、チョコレートムースです。
フィンランドはどこもそうですが、ここもパンがおいしい!
しかも付いてきたパテがこれまた最高においしくて、パンを全部食べちゃいました。
量も日本人にはほどほど、盛り付けも丁寧。
スタッフもキビキビと動いてよく気づいてくれます。
こじんまりとしたおとなっぽいお店で、
ゆっくりと最後のディナーを楽しむことができました。

予約するとしないではテーブルの場所からして待遇が違うと思いますので
いらっしゃるときはぜひ予約を!

Ateljee Bar -Torni HotelのBar- 

2007年10月07日(日) 18時12分
そういえば明日出発というのにまだ行ってませんでした。
自分たちの頭上のBar。
Torni Hotelと言えば、Torni=塔 の先端にあたる屋上のBarです。

まだまだ太陽も高いですが、ヘルシンキを見渡せるうちに
行ってみることに。
エレベータを降りたあとは狭い螺旋階段を昇ります。
が・・・、天気がいいのでテラス席は両サイドとも満席。
それもそのはず、塔の先端だし、1サイド5テーブル程しかないのです。

とりあえず中でビールとスパークリングワインで乾杯!
ぼんやりしているうちに運良くテラス席に座れました。
いや〜ヘルシンキ市内がほぼ一望できるテラス席は
お天気が良かったこともあってとても気持ちよかったです。

水平線を臨むBarからの眺め。


何でもヘルシンキでは条例でこのトルニのタワーより高い建物は建てちゃダメなんだとか。
ヘルシンキ有数の高所スポットです。

Artek 2回目 

2007年10月02日(火) 21時22分
雨があがると、またまたふらりとArtekへ・・・
旦那は、相変わらずアアルト デザインの家具を嬉しそうに眺めています。

ふと店内を見回すと、頭に白樺の葉の冠を被っている店員さん達。
ちょうど、お土産の会計をしてくれたおじいさんも
草冠をつけていたので聞いてみると、
「今日は私の引退の日なんだよ」とのこと。
なんでも35年、Artekで働いてきたそうです。
「朝からいろんな人にお花をもらってね〜」と言って、うれしそうに花瓶にいっぱいの綺麗なお花を見せてくれました。
そういえば今日は8月最後の平日。海外では〆の時期ですね。

彼を暖かく見送ろうとするスタッフの気持ちだったのですね。
なんだかいいなぁ、こんな引退のセレモニー。
ホントにご苦労様でした!

そして、早速使ってます。アアルトベース型の製氷シリコン。

別に氷が溶けたらなんでもないんですけどね。。。

旦那サマはというと、アアルトの家具を見ているだけのつもりが、
どうもそれではおさまらなくなってきている様子でした。
どうなることやら・・・?!

本屋さん Hobboks 

2007年10月02日(火) 21時17分
Cafe Ekbergを後にすると、突然スコールのような雨。
本屋さんHobboksで雨宿りさせてもらいました。

ちょうど、お料理の本が欲しかったこともあって、
セール品だったアウトドア料理の本と、湖で見た不思議きのこが
載っていたので、きのこの本をお買い上げ。


ま、フィン語なのでさっぱり読めませんけどね。
でも見ているだけでも楽しい気分になります。

カフェ エクベルグ Cafe Ekberg 

2007年10月01日(月) 23時22分
歩きつかれたので、当初から狙っていた、カフェ・エクベルグへ向かうことに。

しかし、数時間歩いたくらいではお腹が減るはずはなく・・・
お目当てのケーキは断念しました。
かわりに、オリジナルのルイボスティーをオーダー。
コーヒー消費量が増えていたので、カフェインレスが胃に嬉しいです。
とても香りがよく、まろやかで美味しかったので
隣接するショップで買って帰ろうと思ったら品切れでした。残念!

カイヴォプイスト公園 と SILJA LINE 

2007年10月01日(月) 23時10分
おなかもいっぱいになったところで腹ごなしも兼ねて
お散歩再開してカイヴォプイスト公園へ。


フィンランド湾が望めるキレイな公園です。
お天気もよくて気持ちいい!

日光を浴びてほっこりしていたおじさん。

まるで壁紙のような雲です。


そのまま海沿いをブラブラとマーケット広場のほうへ。
途中シリアラインのターミナル横を通過。
写真では伝わりにくいかもしれませんが、いやーでっかいです。
しかも2隻。
後ろに停泊する M.s. SILJA SERENADEは全長203m、
乗客数2,852名というバルト海有数の大型客船です。


一度これでスウェーデンまで行ってみるのもいいかも。

Ravintola Sea Horse 

2007年09月30日(日) 22時50分
Sea Horse
かもめ食堂が満席だったので、ちょっと歩いてSea Horseへ。はい、王道行ってます^^
入り口は小さいですが、中は奥行きがあって結構広いお店です。
ランチは、サラダビュッフェとパンが付いて大体8〜10ユーロ。良心的です。

旦那はソーセージとマッシュポテト、私はまたまたサーモンスープです。
だって日が出ていても空気が冷たくて寒いんですもの・・・。
こっくりしたクリームスープで体が温まりました。
薄くスライスしてたっぷりバターが塗られた
付け合せの黒パンがやっぱりおいしいんですよね。

フィンランドのパンは日本と比べて食物繊維が3倍以上含まれているとか。
「だからお通じがいいのかなぁ」と旦那は妙に納得してました。

8日目:ヘルシンキ 3日目 

2007年09月30日(日) 22時40分
ヘルシンキ3日目です!

まだ歩いていないエリアに行こう、ということでぶらぶらと歩きながらカイヴォプイスト公園のほうに向かいます。

途中で日本人の方が経営するお店を偶然発見!
とても素敵な日本食器の小さなお店でした。
オーナー様は気さくなお二人で、以前はタンペレに住んでいらしたとか。
しばらく色々とお話させていただきました。
がんばってください!

http://www.common-helsinki.com/


■かもめ食堂
特に行く予定はなかったのですが、近かったので行ってみましたかもめ食堂!
お昼時だったので満席でした。
内装は映画と違ってオープンキッチンじゃないんだなぁとか変なところに関心しちゃいました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fin2007
読者になる
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる