紀子さま御懐妊 皇室典範の改正問題 

February 07 [Tue], 2006, 22:45
紀子さまが御懐妊されたそうですね。
とても喜ばしいことです
おめでとうございます

ただこれにより皇室典範の改正問題は・・
などとマスコミで取り上げられているのがとても気になります。
お子様が男の子だった場合と想定しての話が進んでいます。
政界でも慎重論が優勢になるなどの、影響を及ぼす大ニュースになっています。
これからの皇室のあり方を変える法案なので
今回の慶事は法案と無関係ではいられません。
しかし紀子さまのお気持ちを考えると
「男の子だった場合」などを持ち出すのは、あまりにも軽率かと思われます。
紀子様には「男の子」が望ましいとする圧力がかかるのではないでしょうか。
紀子様も39歳と出産年齢としては高齢だと思います。
心理的な圧力の影響がかかっては、お子様の発育に影響を及ぼすのではないでしょうか。

私はマスコミは「男の子の場合」という表現を避けたほうがいいと思います。
ただこれは皇室典範にかかわる問題ですので、せめて
「今後皇族の方に新しいお子様がお生まれになった場合」などと表現するのが
妥当だと思います。
紀子様だけではなくほかの皇族の方にもご出産の機会はあります。
紀子様のことがあったから皇室典範問題を慎重にするというのでは
あまりにも紀子様お一人のことで法案が左右されたと捉えられてしまう危険が
あると思います。

プルーフオブマイライフ 

February 07 [Tue], 2006, 22:31
「プルーフオブマイライフ」見に行きました。
「王様のブランチ」かなんかで紹介していたから
地元の劇場でやってるかと思いきや、やっていない
でも「恋に落ちたシェイクスピア」のコンビだし、見る価値あるはず
って思って川崎まで見に行きました。
感想は・・・・・

正直言って私はあんまり好きじゃなかった。
数学者の話で、親子モノって聞いたから心温まりゅ展開かと思いきや
どれも中途半端
主人公が自分の人生を考え直す
っていうストーリーは悪くないと思うけれども
それと数学の公式を証明することがうまくかみ合っていなかったかなぁ
公式を証明するまでの話がチンタラして
途中で眠くなりました

話は少し「博士の愛した数式」にかぶるところも・・
「博士・・」の映画は見ていないので、評価はできませんが。
わざわざ映画館でみる作品ではないですね。

亀梨クン!! 

January 29 [Sun], 2006, 22:25
今日亀梨クンが一人で「青春アミーゴ」歌ってましたね
もぉぉぉぉ本当にかっこよかった
私はジャニーズファンじゃないけれども、彼はときめきます
なんだか立ち居振る舞いが素敵なんですよね。
ピンと背筋がきれいに伸びていて、ダンスがすごく魅せられます
話すとあんまり頭いい感じしないんだけれども
すごく素直に自分の気持ちを言うあたりが好感持てます。
歳が一つしか違わないのも大きなポイントかも。

同じ番組に松潤出てたけれども、かっこよかった
このごろめっきり大人の魅力って感じでクラクラです
人気マンガ「僕は妹に恋をする」の映画にも出演するみたいですね。
なんか危うい役をやらせるのに、松潤の右に出る人はいないと思う。
司会も努力を感じられて、そういう一面も好きですねぇ。
彼もとてもきれいな動きをするし。
私は背筋がきちんと伸びている人、大好きみたい・・

日本酒「かのか」のCM曲 

January 29 [Sun], 2006, 22:15
世理奈の「風と花と光と」をダウンロードしました
これは日本酒の「かのか」のCM曲なんですが、とっても心地よい
流れるようなメロディと透明感ある声がさわやかさを連想させます。
あの草原のCMのイメージそのままです。
とっても私は気に入りました。

今は安藤裕子の月桂冠のCM「のうぜんかつら」も気になっています。
CM曲って印象付けるために、いい曲が厳選されていると思うんです。
実はとても購買力そそられる要因かも
JRの「そうだ、京都、行こう」の曲のアコースティックアレンジのが
欲しいんだけれども、誰が演奏してるかわかりません
知っている人いないかなぁ・・・

ホリエモン 

January 24 [Tue], 2006, 12:41
ついに逮捕されましたねぇ・・
特捜部が入った時点で、捕まるとはおもっていたけれど。
彼がしたことは、テレビで見る限り卑怯な手段だと私は思います。
ホリエモン ムイチモン と週刊誌の見出しになっていましたが
その通りですね

堀江さんといえば「お金で人の心は買える」発言が有名ですね。
果たして彼の言ったことは真実だったのでしょうか。
確かに堀江さんは自身の株の価値を上げることで、
個人投資家を集めて莫大な利益を得てきました。
「価値つまりお金で人が集まった」という点で彼の言うことは
間違ってはいないでしょう。

しかし結果が逮捕・・です。
結局価値がなくなれば投資家たちはいっせいに株を売り始めた。
つまり堀江さんは彼らの心を完全に買いきれていなかった。
完全に買えていたなら、彼らが堀江さんの株を売るはずもありません。
「人の心を買える」というのは彼の傲慢さの象徴のような気がします。

私は堀江さんのビジュアルからして大嫌いです。
そして彼の発言や今までニュースになった行為も全て賛成できません。
彼は法律違反ギリギリの行為を繰り返してきたそうです。
そういう汚いことをヌケヌケとやってきた姿勢も許せません。
しかし、堀江さんは国民に「株」「IT」を広く知らしめた
という点では評価できると思います。
彼がいなかれば、広島6区?も注目されなかったし、フジテレビの問題
も日の目に出なかったかもしれません。
一歩世間に近づいた視点でITや企業論理を語ってくれた
堀江さんには感謝するべきところもあると思います。


苦い思い出 

January 24 [Tue], 2006, 12:26
 今日中学の同級生からいきなりがきた。
何かと思えば部活の同窓会をやりたいとのこと。
あれから4年が経つわけだけど・・
内心「微妙だなぁ」と思いながら「いいね」なんて
返事をしてしまいました。

中学の時はテニス部に入ってました
毎日毎日朝練、試合の繰り返し・・
真っ黒になりながら朝から晩までボールを追っかけていました。
仲間は女子はウチの学年は確か10人、男子は15人くらい。
女子内では仲間同士のイジメなどもありました。
私も加害者でもあり被害者でもあります。
それなりに実力もあり、かわいい子もいたので
華やかな部活と周りには見られていたけれども・・
実情はドロドロして「仲のよい」なんていえなかった。

あの時に私は「周囲と同調しなきゃうまく世間を渡れないんだ」
と痛切に思ったのです。

あのころの仲間は今どうしているのだろう?
全く連絡も取っていないのでわかりません。
一人はもう結婚してがいるらしいけど。
苦い思い出だけれども、怖いもの見たさで
行ってみようと思います。

ビアードパパのシュークリーム 

January 22 [Sun], 2006, 22:21
バイトから帰ってきたら、ビアードパパのシューがっ
父が買ってきてくれたので、ありがたく頂戴しました。

久しぶりに食べたのですが、なかなかおいしい
クッキーのような皮に、やわらかめのクリームがしっかり入っています。
皮は硬すぎずに、空気を含んでちょうどいい感じ。
だからといってポロポロ皮が崩れることもないので、口が汚れません。
クリームは若干柔らかめ。
皮に対して少しクリームが柔らかくて、落ちそうになることも
甘さ控えめでバニラ臭もあまりしません。
牛乳の分量が多いのかなぁ?という感じです。

私個人としては、クリームは少し硬めで、バニラビーンズたっぷり
というオコチャマ味覚なので、少し物足りなかったかな
甘い紅茶の友としたらいいのでは??

博士の愛した数式 

January 22 [Sun], 2006, 21:57
今日も本屋でバイトでした
今日のほうが売り上げが悪いってどういうこと
昨日は雪が降ったのに・・
一応横浜横須賀のチェーン店の本屋だけど、潰れちゃ困ります
本屋に憧れてバイトしてる私のためにも、お客さん来い!!

東野圭吾さんの「白夜行」ミリオンセラーらしいですね。
やっぱりね、って感じです。
ドラマは究極の純愛仕立てになってるけれども
原作はそれがわからないように工夫されています。
どちらも見るのがお勧めです

そして今ヤフーで見たら、「博士の愛した数式」が
今日試写会やったみたいですね。
立ち見がいるほどの大盛況だったとか・・
原作もとても心温まるお話ですよ
ある家政婦とその息子と元数学者の博士との3人の関係を描いたものです。
3人の毎日の光景が自然に頭に浮かんできます。
文体が本当に自然なので、時間がスムーズにながれるのがわかります。
また数学の定理がいくつも出てくるのですが・・・
数学苦手だった私でも、「美しい」と感じました。
数式に命が吹き込まれているのです。

数学が苦手だった方、決して得意になったりはしません
けれど、数学を芸術作品のように見られるようになるかも

「氷壁」「白夜行」 

January 21 [Sat], 2006, 11:59
今日は本屋のバイトです
レジを打っていると、何が売れているのかがすぐわかります。
ドラマ化されたもの、細木●子の占い系・・・がよく売れるかな。
占いは1月によく売れる。
今年一年をみなさん知りたいようで。

今日はきっと「氷壁」が売れると思う。
今NHKでドラマになっていますよね。
ウチの母も話が丹精で人物描写が好きだと見ています。
今日が放送日なんできっと売れる?

あとは「白夜行」かなぁ・・
私もこれは買って読んだけれど、とてもおもしろい。
伏線が多く敷かれていて、読者の想像で補う部分が多い。
けれどもとても緻密な小説で、私はとても気に入っています。
東野圭吾さんの作品はほかに「変身」「時生」を持っています。
ファンタジーな一面も書ける推理作家で
一番売れているのは東野さんでしょう
ぜひ読んでほしい作品です。

センター試験 

January 21 [Sat], 2006, 11:50
 今日はセンター試験日ですね。
去年私はこの試験で散々な目にあったんだったなぁ・・
それからもう1年も過ぎたわけで。
今は私の生徒が頑張っている頃でしょう
自分を信じてみんな頑張れ

私の住む横須賀にも今日は雪が降っています
毎年水っぽい雪は降るけれども、ここまでしっかりと積もるのは
もう何年ぶり?でしょうか。
横須賀はとっても暖かい土地なのです。
私の近所ではキウイが育っています
南国じゃないんだからさぁ・・

雪が降ると無性に外に行きたくなるのは私だけ?
雪に新しい足跡がつくのが大好きです
雪を見慣れていないので、余計に遊びたくなる。
たまに降るからいいんですよね。
豪雪地域とかだったらこんな厄介なものはないだろうに・・
「たまに」なものは何であっても大切にしたいなぁ
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
fin  神奈川在住 東京の大学の1年生
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fin17
読者になる
Yapme!一覧
読者になる