キースホンドだけどズアカアオバト

May 10 [Tue], 2016, 12:09
とりわけ妊娠初期に強化したいと言われるのが、ビタミンの一種の葉酸です。
さて、葉酸を多く含む食品というと野菜、特にほうれん草、モロヘイヤなどの青菜が多く含んでいます。

納豆は加工食品ですが、葉酸が多い食材です。

海藻類や海苔なども葉酸が含まれているので日々の食事で、少量でも継続して食べ続けるのが最もよいといわれます。


果物なら、イチゴに葉酸が比較的多いのでおやつならイチゴが良いでしょう。妊娠初期の段階では赤ちゃんの細胞形成にあたる大事な時期だと言われています。



その時期に妊婦の体の中で葉酸が欠乏すると先天性奇形になる確率が上がると懸念されています。
ですので、妊娠を望む女性であれば妊娠の前から意識して葉酸の摂取が必要ですし、初期にもサプリで毎日補うのが有効だと言われています葉酸は妊婦が積極的に摂るべき栄養素だと広く知られていますが、錠剤やサプリメントで過剰摂取すると、いろいろな副作用の症状が出てきます。
食事がとれなくなったり、吐き気をもよおしたりなど、人によって様々な副作用があって場合によっては胎児に悪影響が及ぶこともあります。

少しでも多く摂りたい気持ちはわかりますが摂りすぎの害も深刻なのでそれぞれの薬や栄養補助食品に示された摂取量を大幅に超えないようにしましょう。


一般的に葉酸を摂るのが一番必要な時期は赤ちゃんができた最初の3ヶ月です。



なので、妊娠したのに気づいてから、「葉酸とれなかったわ。」と後悔する方もたくさんいます。


そんなことにならないように、妊娠したいと思っている女性は日々葉酸を摂取することを推奨します。



葉酸は重要なビタミンの一種で、妊娠初期に細胞が分裂するのを助け、血液を造る力を強めるという働きがあります。
さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、とくに着床困難を解消するため、それだけで妊娠確率が上がるため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。

それに、血液が増えると酸素や栄養も運ばれやすくなり、生殖機能が正常化して活発になり、不妊治療に役立つのです。

実は葉酸は妊娠の前から摂って妊娠初期の時点で体内にある状態というのが望ましいことだとされています。
不妊症を治療している段階で、妊娠を望んでいる訳ですから、治療中の段階でも葉酸の摂取を心がける事も子供の先天性奇形を未然に予防するという部分にもおいて必要な事となってきます。


葉酸のチョイスの仕方は胎児への及ぼす影響を考えるとできる限り添加物の少なくしてある物を選びとるのがよいでしょう。また、どのような過程を経て作り出されているのか、放射能が残ってないか確認されているのかなど製造のやり方にも目を向けて選択する必要があります。
サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できます。

妊活中の女性において、体調管理をするのに適したサプリと言えば、葉酸が配合されたものが、一番のお勧めです。葉酸が持つ効果としては、貧血を予防する効果がありますし、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、それから、男性の精子を健全にし、染色体異常の精子の数を減らす可能性があると報告されているのです。夫婦どちらに対しても是非摂取していただきたいサプリだと言えますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yu
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fil0tnla00pbtd/index1_0.rdf