千葉和臣がいつき

January 31 [Tue], 2017, 19:50
葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。
しかし、仮に葉酸が欠乏してしまうと、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。
葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。
ですから、赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになるという研究結果が報告されました。
また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。
皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性がやるものだという印象が強いかと思います。
ですが、男性側が実践できる妊活もあるのです。
それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。
不妊などの原因は母親側だけの問題かというとそうではなく、夫に問題があったという話も良く耳にします。
特に注目したいのは、精子の染色体異常です。
これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。
葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。
ですので、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。
亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。
妊活中にも、亜鉛が大変重要な働きをしますので、忘れずに摂取するようにしましょう。
亜鉛は卵巣の正常な働きに重要な成分で、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。
妊活中の女性以外にも、男性側も、十分に亜鉛を摂取するようにしましょう。
亜鉛は卵巣に働きかけるだけでなく、精子の質を高めることを助けてくれるのです。
妊娠はどちらか一人ではできません。
元気で健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取を始めてみてください。
不妊が続く状態を打破するために、食生活を見なおしてみるのは一つの手かもしれません。
精子や卵子は、パパ・ママの栄養をベースにして作られるのですから、食生活が劣悪だと妊娠しやすい元気な卵子、精子は、期待しにくいでしょう。
妊娠しやすさのためには夫妻そろって栄養バランスの良い食生活を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。
葉酸は妊婦にとって様々な効果をもたらしてくれる心強い味方です。
とくに先天的脳障害を発症する可能性を抑える効果は大変重要なポイントですよね。
こうしたことを踏まえると、妊娠期間中に限らず、妊娠の計画を立てている女性は、母子ともに健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることが大切だと思います。
ですが、実際どれだけの葉酸を摂取しているのか、食事から計算するのは難しいと思います。
葉酸のサプリであれば計算や摂取も簡単だと思いますから、おススメですね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる