サルーキが高浪敬太郎

June 23 [Thu], 2016, 11:53
探偵会社を利用するにあたって、どうしても気になるのが料金でしょう。
費用は時給換算のように単純なものではなく、調査次第で増減はあるので、定価というものは存在しません。



行動調査(不倫など)の場合でしたら、1時間の調査だったとして、一般的には2万円程度とされています。

実績とつり合ってこそ支払う価値があるのでしょうし、実際に電話で相談して価格を聞いてみるのが時間もかからず、気持ちも整理しやすいのでいいでしょう。
相手がいるのに一線を越えてしまうのが不倫ですが、相手を替えて何度も重ねる根絶しがたい面を持っています。ひそかに不倫しているところを見られて、しばらく自粛状態が続くのですが、舌の根も乾かぬうちに浮気を再開するかもしれないのです。

不審な行動に気づいたら、探偵を頼むなどして、不倫の証拠をおさえて、決着をつけてもらいましょう。

探偵や興信所といった調査業を始めるときは、とくに決まった資格や免許等は不要です。



ただ、平成19年の探偵業法の施行により、少なくとも探偵業を始める前日までに、営業所の管轄となる警察署経由で、公安委員会に届け出書を提出し、公安委員会の朱印と届出番号いりの「探偵業届出証明書」の交付を受け、許可を取り付けることが開業の大前提となります。



不動産取引の免許と同じで、見やすい場所に掲示してあるはずですよ。
探偵の尾行代がいくら位かと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。当然ですが、調査員が1人なら安く、増えるほど高くなります。

そして、尾行時に移動のために車やバイクを使った場合、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認するべきでしょう。

職場内で不倫が発覚しても、会社は私生活面には口を出せないため、セクハラやパワハラの結果でもない限り、解雇することは無理でしょう。

とはいえ、就業規則上の、勤務場所内の風紀や秩序を乱す行為という部分をもってすれば懲戒も可能ですが、ほとんどは言葉だけでの注意であって、処分といえるほどのものはなく終わることが多いようです。

近頃はスマホを情報源として浮気が明るみに出たという事例も増えてきました。



過去にはPCメールが証拠となりましたが、いまはスマホのメールやLINEなどに不貞行為の一部始終が残されているというのは当然でしょう。
いつも手元においていたり、ロックして見せてくれない時は、不倫の証拠はスマホの中にあるといっても良いのではないでしょうか。相手に全く覚られずに、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは証拠として扱われません。



浮気調査を探偵が依頼されたときは、非常にコンパクトなカメラを使って相手が知らない間にはっきり判別できる写真を撮ります。



有名どころや老舗が絶対的に優秀だとは言い切れませんが、探偵業界では大手業者に依頼するとリスクを避けることができるのでオススメです。



小規模な調査会社の中にはろくすっぽ仕事もしないくせに金銭だけを要求してくるところや調査料金の詳細についての説明を拒むところもあるようです。そのほか、話をしたときの相談員の対応や契約に関する説明の詳しさなどは、重要です。
納得がいかないようなら依頼すべきではありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:芽生
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fiintoddeleenc/index1_0.rdf