『大好きな人からもらった花束』 

December 22 [Thu], 2005, 12:41

「アタシの視界は 色とりどりの花 と アナタ で埋め尽くされて」


「自然と涙が 溢れてくる」


「ありがとう、と呟いた アタシの頬に 一筋の 涙」

「それは とても とても 透き通ってた」


「まるで 純白の 花 のように」

あったかいキモチ 

December 22 [Thu], 2005, 12:29
大好きな人からもらった花束 とか 指輪 とか
その人が囁いてくれた愛の言葉 とか

ふとした時に感じる アタシへの愛情 とか。

『きれいなもの』に 触れ合うと
自然と 涙が 溢れてくる。

それは きっと、
アタシの中にあるドロドロしたものを 洗い流してくれているんだ。

悲しみや辛さ、殻に閉じこもった冷たい感情も 全部一緒に。

だから、
嬉し涙を流したあとって
心がポカポカ あったかい気持ちになるんだね。

 

December 04 [Sun], 2005, 14:43
ふと 空を見上げてみた。

雲ひとつ無い 透き通った空。 透明な青。

あまりにも綺麗で 涙がポロポロ流れてきた。

目の前にあることばかりに 気をとられていて
立ち止まることを知らずに 突っ走ってきて

ゆっくり空を眺めるなんて 久しぶりだったからかな。

そういえば昔 みんなで学校の窓から空を眺めて
「あ、ソフトクリームだー」 とか 「あっちはゾウじゃない?」とか
そんな他愛の無いことを 話してたっけ。

この空には あの時の雲は無いけど
透明な青色は あの頃と 何ひとつ変わってない。



たまには 空を見上げるのもいいかな。

(無題) 

December 03 [Sat], 2005, 13:55
ずっと ずっと 待ってるんだ。


僕の苦しみ を 理解してくれる人を、

色んな事に縛られて雁字搦めになっている僕 を 解放してくれる人を、

優しい愛の言葉 を かけてくれる人を、

この独りぼっちの暗闇から僕 を 連れ出してくれる人を、

無償の愛 を 与えてくれる人を。


「僕」という存在 を 必要としてくれる人を。



「君」が 一体誰なのかも いつ会えるのかも 分からないけど

きっと いつか 巡り会える って 信じてるよ。 

変わらぬ日々 

December 01 [Thu], 2005, 23:32


長い長い道を ひたすら 歩き続ける 毎日。
「変わらぬ日々」と云う 時の流れに ただ 身を任せて。

きっと 僕は 「変化」 が こわいんだ。
自分が 「変化」を 成し遂げた、 その瞬間
何の変哲も無いけれど 共に歩んできた 確かなモノ が
バラバラに 壊れてしまう 気がして。
大好きだった玩具が
ある日 当然 失くなったり 壊れたり するように。

弱く脆い僕は
大切なモノ を 失う 辛さ に きっと 耐えられない。


だから

昨日 今日 明日
これからも ずっと ずっと
「変わらぬ日々」 と 共に 僕は

時の流れの中を 彷徨い続ける。 
+ 瑞稀 +
高校生・女
詩・絵・音楽(V系、椎名林檎、等)・空想 を好ム。
最新コメント
アイコン画像小羽日奈菊
» 『大好きな人からもらった花束』 (2005年12月23日)
アイコン画像瑞稀
» (無題) (2005年12月22日)
アイコン画像(すみません。続きです。) 小羽日奈菊です。
»  (2005年12月18日)
アイコン画像小羽日奈菊です。
»  (2005年12月18日)
アイコン画像ごめんなさい、小羽日奈菊です。言い忘れが・・・。
» 変わらぬ日々 (2005年12月07日)
アイコン画像小羽日奈菊です
» 変わらぬ日々 (2005年12月07日)
アイコン画像サヤ
» (無題) (2005年12月05日)
http://yaplog.jp/fiction-dream/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fiction-dream
読者になる
Yapme!一覧
読者になる