乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸を作るという部分では同じなので

July 24 [Sun], 2016, 20:34

ここのところの研究でインフルエンザを予防していくには乳酸菌がかなり有効だということが分かり始めてきたのでした。







インフルエンザはワクチンだけで全てを防ぎきることは出来ません。







日頃から乳酸菌をしっかり取り入れることで免疫力というものが向上して、インフルエンザ予防になったり、症状を軽くしてくれる効果が高まると言われます。







インフルエンザにかからないための注射に受診しました。







私は注射の瞬間は怖くて目をそらすのに、娘はまだ6歳だが、注射をしっと見て注射をされています。







予防接種が完了した後は怖かったーと話していました。







見ているからなおさら怖いんじゃないかな?と想定しましたが、何も言うことができませんでした。







この間、インフルエンザにかかりクリニックに受診しに行ってきました。







潜伏期間はどのくらいなのかはっきりしませんが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触して感染したのだろうなと考えられます。







高い熱が3日続いていて大変な思いをしました。







高熱が出続けるインフルエンザは、通常ひくような風邪より苦しい思いをしますね。







乳酸菌シロタ株と聞けば、ヤクルトでしょう。







昔、白血病になり闘病した経験のある渡辺謙さんのCMでもよく知られています。







見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドでまぶしい活躍をしているCMでの渡辺謙さんのお薦めをみていると、大きな効果が期待できそうな気分です。







私がなぜ便秘になったかというと、普段あまり運動をしないからでしょう。







通勤も毎日車なので、歩いたり、運動したりもあまりありません。







ペットを飼っているわけもでないので、散歩にもなかなか行きません。







そのせいで、私は便秘になったのだと思うのです。







便秘の改善や予防のためにも、今日からウォーキングを行おうと思います。







息子がアトピーだと医者から診断されたのは、2歳を迎えた頃です。







膝の裏がかゆいと動作で訴えていたので、かゆみ止めとしてステロイドを貰いました。







ステロイドを2年あまり治療に使い続けて、気にしながら様子を伺っていましたが、かゆみを繰り返し起こし、なかなかその治療の効果がつづいてくれません。







結局、ステロイド剤を漢方薬に変えて食事を見直してみたら、小学生になる頃には、症状はすっかり落ち着きました。







ご存知かもしれませんが、乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作り出すというところでは一緒ですが、ビフィズス菌の方はそれに加えて、酢酸などの成分も、作り出す力があるのだそうです。







そう考えても、ノロウィルス対策に適しているとしているのですね。







このごろは、様々な感染症の話を聞くので、摂るといいかもしれません。







アトピー性皮膚炎患者の角質層はセラミドという成分がなにもない状態の皮膚よりも少なくて、お肌の水分保持力やお肌を守る機能が減っています。







補い健康状態にするには、保湿することがとても重要です。







それ故に、お肌の表面を保護して、水分が蒸発するのを防ぐ保湿剤を使用が必要なのです。







主に1〜5歳くらいの子供が、インフルエンザというものに感染し、発熱を起こした後、突然けいれんや異常行動、意識障害などの症状が現われるのがインフルエンザ脳症といったものです。







インフルエンザ脳症というのは、命の危機に関わることもある重篤な疾患であり、回復した後に後遺症が残るケースもありうるのです。







乳酸菌には多数の健康作用がありますが、とりわけ、整腸作用に良く効くといわれています。







お腹の中の善玉菌数を増やすことで腸の中が活発化し体内に停滞していた便がより排出されます。







それにより、便秘や下痢が緩和されます。







乳酸菌を日々飲むことで整腸の効果が高まりますので、続けてくださいね。







ご存知の通り、アトピーの改善には食べ物も有効です。







アトピー、に対して有効的な食事をこころがけることで健康的な肌へ変わっていくことができると言われています。







胃腸などの消化器官を調整して免疫力が高まる成分としてヨーグルトや大豆食品といった食品を毎日バランスよく摂取していくと良くなることに効果があります。







元々、便秘に悩んでいたのですが、少しずつ治ってきています。







便秘改善に効果があった方法は、毎日必ずヨーグルトを食べる事でした。







友人がこの方法で、見事便秘を克服したという話を聞いて実践してみようとヨーグルトを買いまくって、とにかく食べることにしました。







この方法を続けているうちに、改善されてきて、便秘の苦しみから解放されました。







結構、ヨーグルトは便秘解消効果があるといわれますが、私が経験したのは、かなり大量にたべないと、効果があまり感じられません。







日ごとに1パックぐらい食べて、お通じがやっとあるという感じです。







ヨーグルトを食べるのが好きな人はいいですが、好きではない人も、ジャムを入れて味を変えるなどしてなるべく食べるようにするといいかもしれません。







通常、アトピー性皮膚炎にかかっている人の角質層はとくkにセラミドという成分が正常なときよりも減っていて、肌の水分を保つ力や守る役割が落ちています。







補い健康状態にするには、保湿がかなり大事です。







そのために、お肌の表面を守って、水分が蒸発しないように保湿剤を使う事が必要とされるのです。







オリゴ糖は乳酸菌の数を多くする成分として高く興味を持たれています。







事実、オリゴ糖を給餌された乳酸菌の働きはアクティブになり、内臓、悪玉菌が増えるのを阻害し、お腹、環境を良好にしてくれます。







そう考えても、乳酸菌、オリゴ糖は両方ともお腹の機能増進や健康の維持には必要不可欠な成分ということができます。







インフルエンザにかかってしまったら、最初に栄養だけでもしっかりと摂るために食事をしなくてはいけません。







お薬ももちろん大事ですが、栄養を体内に補給することも大事です。







とにかく早くインフルエンザを治すためにも、水分と栄養はきちんと摂取しましょう。







例え丸一日、食欲がなくても、消化しやすく栄養があるものをできる限り摂ってください。







乳酸菌シロタ株でおなじみの、ヤクルトしかありません。







過去に白血病に罹患し、闘病経験がある渡辺謙さんのCMでもよく知られています。







見事に白血病を克服し、ハリウッドでの演技が高い評価をうけているコマーシャルにおける渡辺謙さんのお薦めをみていると、効果が高そうな予感がします。







私は先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、小さい頃は、「親虐待を受けてるんじゃないか?」と疑われる程、かなりひどい見た目でした。







様々な治療法をやっても、殆ど、効果がなかったのに、住む場所を変えたところ、急に肌がキレイになり、あれほど酷かった痒みもおさまりました。







スパッと環境を変えてみるのも、アトピー治療に向くのかもしれません。







乳酸菌をたくさん摂りすぎても別に副作用といったものはありません。







ではありますが、いくら体に良くてもヨーグルトなどでたくさん摂り過ぎてしまうと、カロリーオーバーとなることはありますよね。







体内に吸収できる分量にも限りがあるわけで、ある程度の範囲内に限っておくと大丈夫でしょう。







乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸を作るという部分では同じなのですが、ビフィズス菌にはそのことに加え、酢酸などの成分も、作る能力があるのだそうです。







そう考えても、ノロウィルス対策に適していると考えられているのですね。







近頃は、いろんな感染症の話を耳にするので、とにかく積極的に摂るといいと思います。








もっと詳しく
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fibgt2w/index1_0.rdf