車谷浩司だけどアザワク

March 07 [Mon], 2016, 6:55
看護士になりたい動機は実際、どんなことをきっかけにして看護師を目指すことになったのかを交えれば良い印象になります。転職の場合、その理由はこれまでに蓄えたスキルを有効活用したいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、前向きな印象を人に持たせられるようにすることが大切です。これまでの職場に対するマイナスのことは言わないようにしてください。看護師となるための国家試験は、1年に1回あります。看護師の人数の不足が問題視されているわが国にとっては良いことに、直近数年における看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を持ち続けています。看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格を勝ち取ることのできる試験です。看護師免許を取るには、何通りかの道が挙げられます。看護師免許を取るためには、国家試験を受験することが必要ですが、突然、試験を受けることは認められていません。試験を受けるためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護について学習することが必要です。看護師の国家試験に合格することよりも、看護学校の卒業の方が困難という人も多いです。看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年させてしまうようです。そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、看護師国家試験にも合格した人は、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。全国の看護師年収は平均すると、437万円ほどです。ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員勤務のため、年収は平均して593万円ほどになります。公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院より高くて、福利厚生の面でも充実しています。準看護師の場合ですと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。修学旅行やツアーなどに随行して、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。結婚していて、子供がいたりする人は土日を休みにできたり、夜勤をしなくてもいい職場を望んでいます。病院以外のところで働くのであれば、そこで求められる専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。看護師の転職を成功させるには、未来のことを考えて迅速に行動することが重要です。それから、どんな点が大切なのかを決めておくのがオススメです。将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、その希望に沿った転職先の情報をちょっとずつ収集してください。年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件もリストアップしておきましょう。高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師のニーズは増加傾向にあるのです。加えて、大会社になると医務室等にも看護師がいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを手がけています。このような時は、その企業の社員として入社するといったこともあるようです。看護師の勤務しているところといえば、病院という想像がオーソドックスでしょう。ですが、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも多々あります。保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の役目です。それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、医療行為の大半を看護師がやります。看護士だと、求人はたくさんありますが、望んでいる条件の求人があることは少ないでしょう。看護師資格の保有者でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。可能な限り高い給料で、職場環境が良く、夜勤の必要がない勤務先に就職したいとほとんどの方が思っています。希望通りの病院などに転職するには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウト
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fhtir6uei4nnr5/index1_0.rdf