これが男性更年期障害の特徴です

November 13 [Thu], 2014, 12:20
d
50代前後ぐらいから起こる男性の更年期障害は、丁度責任有る仕事に携わることが多くなる、つまり働き盛りの年齢に差し掛かる頃だと思います。巨人倍増
その時期に、理由も解らないまま突然気力をなくしたり、集中力がなくなったりといった事が起こると、本人も周りも、驚きと共に辛い思いをすると思います。イライラが、男性更年期障害の症状のひとつだと知りませんから、さらにストレスが溜まって症状が悪化し、悪循環を起こしてしまいます。
すでに男性更年期障害を経験されている方は、女性更年期障害のように一般にまだ認知されていませんから、なまけていると捉えられ、会社内でも孤立してしまいます。
女性の更年期障害は、のぼせや頭痛、動悸、息切れ、多汗といったさまざまな症状が現れるのですが、男性の更年期障害の始まりは疲れです。50代前後ぐらいの男性で、最近疲れがたまっているとか、疲れが取れないと感じている方は、一応男性の更年期障害を疑ってみましょう。
肉体疲労の場合は、殆どの場合休息することで回復してきますが、この状態が続くとビタミン剤やドリンク剤を補給しながら、ついつい頑張ってしまいがちです。D10媚薬しかし、更年期障害の症状による疲れで有れば、集中力や記憶力が低下していき、次にやる気や気力がなくなって「うつ」へと進んで行ってしまいます。これが男性更年期障害の特徴です。
最近でこそ医療関係者や世間にも認知されていますが、まだ男性にも更年期が有る事さえ知られていなかった頃は、何の対策も行われていなかったわけですから、過労死が多かった時代などは、更年期障害が発端となって、さらに無理をして働き盛りの男性を、多く死に追いやってしまったのではないでしょうか。
男性更年期障害が、2002年にNHKのテレビ番組で取り上げられましたが、私も視聴していました。本人はもちろんですが、家族さえも、理由の解らない症状に、非常につらい思いをしてこられたことに衝撃を受けました。漫画家のはらたいらさんも、男性の更年期障害の症状を経験された一人で、克服されたとのことが報道されていました。
その後、一般にも認知されたことで、新設された男性更年期外来にも、患者さんが訪れる事が急に増加したそうです。この報道に「救世主あらわる」と思われたのではないでしょうか。一粒神
タグ:精力剤 D10媚薬 巨人倍増 【日記の最新記事】
疲労回復ビタミン小松菜_栄養、ビタミンの摂取昨日のsexデートお辞儀糖尿病! 食事療法を長続きさせるポイント..
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fhrtjytkjyuk
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fhrtjytkjyuk/index1_0.rdf