長年のお客さんにとって、お茶屋という空間は、我が家のようなものだそうです

December 11 [Thu], 2014, 13:40
3.芸は売っても身は売らぬ 舞妓さんのモットー「芸は売っても、身は売らぬ」。あくまで彼女たちは遊女とは区別され、客の自由にならぬものという気概を持っていたそう。一度征服した女性に興味が失せるのは男性の性(さが)。
コラムの項目(2)の様に好意をアピールしお茶汲み女になった後は、早い時間に帰宅する、など手に入りそうで入らない女性を演じましょう。 4.男女関係はしゃべらない 舞妓さんには「殿方(=客の男性)と交際していても、それを口にしてはいけない」というルールがあります。お客様にも、交際相手にも無礼になるというのが理由だそうです。
つい相手の気を引きたくなって、自分が仲良くしている男性の話をしてしまったりするものですが、NGです。長く大事にされたいなら身奇麗な女を演じましょう。飲み会の話や、夜遊びの話はしないように心がけましょう。 5.良妻賢母を演じる 一つひとつのご縁を命のように大切にするお茶屋さん。 長年のお客さんにとって、お茶屋という空間は、我が家のようなものだそうです。
男性だれしもいつかは結婚したいと思っているものです。料理が得意、や、子どもが好き、など会話の端々にいれこんで、家庭的な女を演じましょう。 おわりに いかがでしたか?舞妓さんの上品さを恋愛に生かして、上品な恋愛をしてみませんか?絶対にイイ女だと思われる5つのポイントなので、このご縁がもしだめだったとしても、彼の紹介などでまた出会いが増えるかもしれませんね。
(YUKI/ハウコレ)女性用媚薬
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fhrfhrtjtr
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fhrfhrtjtr/index1_0.rdf