このように肌が赤くなる日焼けの主な原因となるのが紫外線B波(UVB)です

August 12 [Fri], 2016, 16:05

海、プール、キャンプ、お祭りなど、夏の楽し正規品シリアス激安通販中いイベントには、残念ながらお肌の大敵である紫外線がつきもの。そうでなくても、毎日の買い物や通勤・通学でもちょっと油断をすると日焼けしてしまったり・・・。

日光にほとんど当たらない二の腕の裏側と日焼けをした顔を比べてみて下さい。色が黒く焼けているだけじゃなく皮膚が固くなっていたりしわが多かったりしませんか?これこそが、「光老化」。徐々に蓄積される紫外線の怖さです。

地上に届く紫外線は以下の2種類と言われています。

●シミ・そばかすの原因〜紫外線B波日焼けで肌が赤く焼けたり、水ぶくれができたり・・・。このように肌が赤くなる日焼けの主な原因となるのが紫外線B波(UVB)です。

UVBはエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすので、シミ・そばかす、そして皮膚ガンの原因になるとも言われています。

日焼け止めの「SPF」は紫外線B波の防止効果を表しています。

本物 三便宝>●シワ・たるみの原因〜紫外線A波紫外線A波(UVA)は、UVBほど肌に急激な変化を与えません。日焼けの後に「肌が黒くなる」のがすぐに目に見える変化といえますが、怖いのはその先。

波長の短いUVBが肌の表面を傷つけるのに対し、波長の長いUVAは、肌の奥深くまで到達し、じわじわと肌に様々な影響を及ぼします。

例えば、コラーゲン線維を破壊し、乾燥・しわ・たるみなどの原因になっていくなど、長い時間をかけ、気付かない間に肌に悪影響を及ぼします。

しかもUVAは、常時、UVBの10倍以上も地上に降り注いでいます。雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日も家の中でも油断できません。

日焼け止めの「PA」の+の数は紫外線A波の防止効果を表しています。

SPF値やPA値が高いほど紫外線を防ぐ効果はありますが、どうしても肌に負担がかかってきます。UV効果の高いものを使いたいと思っても、日焼け止め自体の肌への負担も心配ですよね。

●日焼け止めで肌荒れ!? 一般的にSPF値やPA値が高い日焼け止めには、紫外線に対して高い防御力を出せる「紫外線吸収剤」が含まれていることが多いと言われています。

この成分は紫外線に当たり、化学反応することで紫外線をブロックしています。

しかし、この化学反応は肌に熱を留めるので、長く使用すると肌への刺激になってしまうことも。日焼け止めは毎日使うものだからこそ、肌に安心のものを使いたいですね。

●高SPFなのに肌に優しい日焼け止め紫外線からお肌を守りたい!でも、お肌に負担がかかるのはイヤ!そんな人にオススメなのが、山田養蜂場の「RJ UVプラス」。

紫外線吸収剤を使っていないだけでなくノンケミカル。にも関わらず、SPF50+、PA++++で、UVB、UVAともに国内最高レベルの防御力!お肌に優しいのに「効果絶大」な日焼け止めなんです。


●日焼け止めなのにお肌をキレイに!「RJ UVプラス」は、低刺激に加えて、ローヤルゼリー由来の独自成分「ローヤルリフト」を配合。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fhnjgfjmnytj
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fhnjgfjmnytj/index1_0.rdf